「茶色」がニットの大本命!

ニット

ニットは冬の定番アイテムですが、さまざまなカラーがあります。まずはニットのなかでもなぜ茶色がおすすめなのかについて、その理由を紹介します。

-様々なテイスト・アイテムと相性抜群

茶色は赤のような自己主張の強い色ではないため、どんなファッションとも相性が良いのが特徴です。カジュアルやフェミニン、モードといったどんなテイストでも合うので、たくさんの楽しみ方があります。いろいろなファッションを楽しみたいと考えている人にとって、コスパの良いアイテムだといえます。また、茶色ニットはボトムスやアウターのデザインを選ばない点も特徴です。合わせ方によってコーデの印象をさまざまに変えられます。着回し力が抜群なため、一着持っておくと助かるシーンは意外に多くなります。

-年代を選ばない

茶色は見ている人に落ち着いた印象を与えるカラーなので、年代を問わずに着られる点もメリットです。茶色のカラーバリエーションは幅が広いので20代以降であれば、どんな年齢でも着ていて違和感はありません。自分に似合う色を見つければ、40代や50代でもオシャレを楽しめます。赤やパステルピンクなどの派手目なカラーは、若いころに似合っても年を重ねるごとに似合わなくなることもあります。

ある程度の年齢になっているにもかかわらず、ファッションに派手なカラーを取り入れていると、客観的に見て「イタイ」印象を持たれることもあるので気を付けなければいけません。個人差はあるものの肌や髪の色、つやは変化し年齢とともに確実にくすんでいくものです。茶色は肌の色に馴染みやすく、年齢による外見上の変化があっても着続けやすい色だといえます。

-カラーバリエーションが豊富

茶色のニットが活躍するシーズンは秋冬です。そもそも、ニット自体が秋冬に出番の多いアイテムですが、そのなかでも茶色は取り入れるだけで見ている人に秋冬感を与える色だといえます。シーズンにあったカラーをファッションに加えるとより洗練された印象を与えるので、秋冬シーズンにはぜひ取り入れたいカラーです。しかも、茶色はベージュに近いベーシックなカラーだけでなく、黒に近いこげ茶から比較的明るい印象を与える赤茶色まで色味が豊富なのも特徴です。

色味が豊富ということは、自分に似合う茶色を見つけやすいことを意味しています。肌が黄味よりなイエローベースはもちろん、青味よりな「ブルーベース」のどちらでも似合うアイテムがあるので、自分にピッタリなカラーを探す楽しみもできます。

どの色にする?茶色の種類をおさらいしよう

ニット

茶色にはさまざまなカラーバリエーションがあり、楽しみ方もたくさんあります。しかし、どのような茶色があるかを知っておかないと、適切なコーディネートはできません。そこで、茶色の種類についておさらいしていきます。

-大人ブラウン

落ち着いた雰囲気を出せる濃いめのカラーが大人ブラウンです。全般的に大人っぽい印象を与えるので、子どもっぽくなりやすい白タイツと合わせても問題なく着こなせます。大人ブラウンのニットを探している人におすすめなのが、LOWRYS FARM(ローリーズファーム)の「7Gイタリーバックリボンプルオーバー」です。イタリアにある企業が製作した糸を使用し、軽さと膨らみ感のある可愛らしい印象を与えるデザインとなっています。ケーブル編みとバックリボンも採用しているので、ガーリーな印象を与えるニットになっていますが、大人ブラウンによって少し大人っぽい雰囲気も醸し出しているのが特徴です。年代を問わず可愛らしいファッションを目指す場合には、購入をおすすめします。

ニット

-上品キャメル

ブラウン系のカラーには、上品な印象を与えるキャメルもあります。どんなアイテムにも合わせやすいのが特徴で、クールとキュートのどちらのファッションもコーディネートできるのは大きなメリットです。合わせるアイテムによっては、レトロな印象やガーリーな印象の両方を目指すこともできます。キャメルを採用したニットとしては、BARNYARDSTORM(バンヤードストーム)の「ホールガーメントニット」が挙げられます。アシンメトリーデザインがオシャレさをアピールしていながら、シルエットはゆったりしているのでリラックス感もあるのが特徴です。キャメルカラーで上品な印象であり、白のパンツとの相性は抜群だといえます。大人かっこいいをアピールしたい場合には、キャメルを選んでみてはいかがでしょうか。

ニット

-やわらかベージュ

ベージュは茶色のなかでもベーシックな色です。アースカラーでもあるので、見る人にやわらかく優しい印象を与えてくれます。女性らしいカラーであるといえ、カジュアルなアイテムでも全体的な雰囲気が女性らしくなるのが特徴です。一般的にワントーンコーデは難易度が高いですが、ベージュのスウェットとロングスカートであればオシャレに着こなしやすいので試してみるのもおすすめです。

ベージュのニットでおすすめなのが、Heather(ヘザー)の「タートルネックケーブルドルマンプルオーバー」です。冬の定番アイテムであるケーブル編みのブルオーバーであり、一着持っておくといろいろなシーンで重宝します。デザインは緩めのタートルとボリュームのある袖のシルエットを採用しているので、着る人を華奢に見せてくれます。優しいベージュカラーであたたかみのある一枚です。

ニット

茶色ニットのアカ抜けコーデは「ワントーン」がポイント!

ニット

茶色ニットは自己主張が強くないので、どんなアイテムとも相性が良いのが特徴です。その反面、落ち着きすぎてしまい、地味な印象を与えてしまうケースもあります。茶色ニットを活用してあか抜けたコーディネートを実現したい場合は、ベージュやオフホワイト、ブラウンのワントーンで合わせることがポイントです。ワントーンとは色味を合わせることで、上手くコーディネートすれば洗練された印象を与えてくれます。オシャレ度があがるワントーンコーデの合わせ方について詳しく紹介します。

-ベージュのワントーンで合わせる

レディライクのコーディネートを目指している人におすすめなのが、ベージュのワントーンで合わせる方法です。ベージュをメインにすることで穏やかで安心感のある女性らしい雰囲気を出しやすくなります。薄いベージュと濃いベージュのかけ合わせはグラデーションが美しいです。ただし、ベージュのグラデーションはぼんやりした印象になりがちな点には注意しなければいけません。バッグや靴に少しインパクトのある色を取り入れて、全体を引き締めるのがおすすめです。

また、ベージュに少し濃いめの茶色を合わせると、ニュアンスカラー同士のこなれたワントーンコーデになっておすすめです。いずれの場合も、ベージュのワントーンは単調になりやすいので、コーディネートのどこかにワンポイントアクセントを加えることを意識しておきましょう。

-オフホワイトのワントーンで合わせる

茶色は落ち着きを与える色であり、同じような印象を与えやすいオフホワイトのワントーンを合わせたコーディネートもおすすめです。オフホワイトも茶色と同様にどんな色味とも合わせやすいうえに、軽やかさを演出しやすいので抜け感を出しやすいです。さらに、オフホワイトは茶色のやわらかさを引き立てる色でもあるので、女性らしさを強調したいコーデを目指している場合には、特におすすめできます。

やわらかい印象をより強めたい場合には、淡いトーンの茶色と合わせるのがおすすめです。淡いトーンの茶色とオフホワイトの組み合わせは、フェミニンな雰囲気を演出しやすいです。ただし、オフホワイトのワントーンで合わせる場合はシンプルな印象になりやすい点には注意しましょう。小物でアクセントをプラスするのもおすすめです。

-ブラウンのワントーンで合わせる

茶色ニットのコーディネートでは、濃い茶色であるブラウンのワントーンで合わせる方法もあります。濃い茶色との組み合わせは、絶対的にオシャレ見えするだけではありません。定番色同士の掛け合わせなので、失敗しにくいのも魅力です。深みのある色合いを取り入れることで暖かみやシックな印象を与えやすいため、大人女子にもおすすめのコーディネートだといえます。

メリハリのついたカラーの組み合わせのほうが見た目はすっきりしたコーディネートになりやすいので初心者向きです。しかし、微妙な濃淡でグラデーションさせるとコーディネートに奥行きが出せるので、ファッションの上級者であれば挑戦してみるとよいでしょう。ブラウンのワントーンコーデの場合は、小物までとことんブラウンで固めてみるのも統一感が出て面白いです。

こんなに使える!茶色ニットの系統別コーディネートを紹介

ニット

茶色ニットはどんなアイテムとも合わせやすく、さまざまなテイストで活躍します。そこで、系統別のコーディネートについて紹介していきます。

‐トラッド系茶色ニットコーデ

茶色ニットには、マニッシュシューズなどをミックスしたロンドンガールのようなテイストが魅力のトラッド系もよく似合います。秋冬ムードたっぷりのアイボリーコーデュロイパンツに茶色のニットを合わせるのがおすすめです。茶色のケーブルキーネックプルオーバーや白のロングスリットロングスリープと一緒にコーディネートしてみるのがおすすめです。いずれもLOWRYS FARM(ローリーズファーム)で販売されています。

濃淡を出しつつ、さりげなくブラウントーンでまとめられるので、どんなシーンであっても的外れなファッションにならない点は魅力です。長めのロングスリープの白がアクセントになっており、靴紐のマニッシュシューズもトラッド感を高めています。

ニット

-大人ガーリー系茶色ニットコーデ

茶色ニットは、大人かわいいを演出する大人ガーリー系のコーデにも向いています。ふんわりしたシルエットやリボン、フリルなどかわいらしいガーリッシュなテイストを取り入れつつ、大人っぽさをアピールできます。ブラウンニットのふわふわ感を生かして、ボトムスはチェックのワイドパンツでメリハリのあるシルエットに仕上げたコーデがおすすめです。

バッグやシューズは黒を取り入れて、大人っぽさをアピールするとかわいすぎないコーデになります。どの商品もGLOBAL WORK(グローバルワーク)で手に入れられるので、チェックしてみましょう。なお、ボトムスはシルエットラインの分かりやすいワイドパンツでトップスが目立つようなコーデにすると、かわいらしさを強調しやすいです。

ニット

-モード系茶色ニットコーデ

エッジの効いたアイテム使いが魅力的なモード系は黒のイメージが強いと思います。しかし、茶色ニットのなかでも薄いベージュのような色合いであれば、モノトーンでまとまって見えます。茶色系ニットというと落ち着いたファッションのイメージが強いでしょうが、クールにまとめたい場合は、モード系コーデもこなれ感が出ておすすめです。ライン使いが特徴の茶色ニットをポイントにすると、シンプルスタイルながらすっきりとしていて洗練された印象を与えます。黒のスキニーと合わせると、よりモード感あふれる着こなしになるので試してみるとよいでしょう。その場合は、ブーツも黒を選ぶと全体的にすっきりとした印象になるのでおすすめです。

ニット

-大人トレンド系茶色ニットコーデ

茶色のニットでは大人トレンド系コーデも演出できます。トレンド系コーデを意識するなら、合わせるカラーはやわらかく優しい印象を与える、オフホワイトやベージュなどの女性らしい淡い色に足元にアニマル柄のパンプスを取り入れるのがおすすめです。さりげない肌見せが特徴の大人系ブラウンニットとワントーンで合わせるボトムスで合わせるコーデは、カジュアルさをキープしつつ大人らしさを強調できます。今年トレンドのパイソン柄をシンプルすぎず、今年のトレンドを取り入れている点もポイントです。ニット、スカート、バッグ、パンプスはすべてJEANASIS(ジーナシス)で手に入ります。ニットのほどよいゆるめのシルエットにIラインを強調するセンタープレスのサテンパンツが大人トレンド系コーデのポイントになっているので、取り入れてみるのもおすすめです。

-大人女子系茶色ニットコーデ

リラックス感のあるアイテムや、ブーツなどのアイテムと組み合わせることで抜け感を演出する大人女子系のコーデにも茶色ニットはおすすめです。ゆるめなシルエットのニットを選ぶのがポイントで、落ち着いたカラーでまとめるのもオシャレです。クラッチバッグやバングル、存在感のあるピアスといったアイテムと組み合わせると、大人女子の雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。大人女子系のニット、パンツ、はLOWRYS FARM(ローリーズファーム)でコーデできます。

ニット

茶色ニットをワードローブにお迎えしてもっとコーデを楽しもう

ニット

茶色ニットはどんなカラーやファッションでも相性の良い、万能性の高いおすすめアイテムです。あか抜けるワントーンコーデがおすすめで、さまざまなテイストでコーデできます。茶色のニットのコーデについて知ったところで、早速自分のワードローブにも取り入れて、着こなしたくなった人もいるのではないでしょうか。今回紹介したポイントを参考に、素敵な茶色ニットコーデを楽しんでみてください。

「.st(ドットエスティ)」で茶色ニットをチェック!