スウェットとは?特徴とコーデの魅力

スウェットを取り入れたコーディネート(以下コーデ)は、現代的なカジュアルファッションに欠かせないアイテムです。以前は、部屋着のイメージも強く場合によっては手抜きしているように思われることもありましたが、今ではスウェットでしか出せないそのラフな雰囲気に大きな注目が集まるようになっています。

一見カジュアルすぎるように見えるスウェットですが、パンツと合わせてもスカートと合わせても違和感がなく、組み合わせを選びません。全体的に堅い印象を抱くようなコーデの場合は、トップスにスウェットを持ってくるだけで絶妙なラフさ加減を演出することができます。

また、現代ではボトムスをスウェットにするコーデが注目されるようになりました。以前にも増してスウェットコーデのバリエーションが豊かになっているため、今までの感覚に制限されない視野を持てば、より幅広くオシャレを楽しむことができるでしょう。
なかには、スウェットとトレーナーの違いが分からない人もいるかもしれません。この2つは基本的には同じ意味です。しかし、本来スウェットは英語で汗という意味があり、トレーニングウエアという意味合いが強いです。しかし、汗のイメージが前面に出てしまうことから、日本ではスウェットという呼称よりも、ジムトレーナーが着用しているという意味で和製英語となる「トレーナー」という独自の呼称が使われるようになりました。

大人ならではのスウェットコーデとは?

スウェット コーデ

スウェットは魅力的なアイテムですが、ファッションに取り入れるにはいくつかのポイントを押さえておかなくてはなりません。今風に着こなすためにも、大人ならではの着こなし方をしっかり確認しておきましょう。

きれいめパンツと合わせる

スウェット コーデ

スウェットをコーデに取り込むときは、カジュアルなアイテムでまとめてしまいがちです。カジュアルなものばかりになると、ラフすぎる印象になるので気をつけなければなりません。トップスをスウェットにする場合、ボトムスにはきれいめのパンツを合わせるなどひと工夫することで大人らしいカジュアルファッションが実現します。

シルエットのきれいなパンツや、センタープレスの入ったパンツなどを合わせることで、全体のバランスを調和することができるので試してみてください。また、足元にパンプスをチョイスするのも効果的です。スウェットのカジュアル感にきっちり感をプラスできるので、手抜き感が出る心配もありません。

モノトーンカラーで統一感を出す

スウェット コーデ

全身をモノトーンでまとめるのも一つの手です。シックな雰囲気になるためスウェットでも子供っぽくなることがありません。帽子やアクセサリーなどを使うのも効果的ですが、小物はエレガントなアイテムを選ぶことを心がけましょう。

大人っぽいコーデでスウェットのラフさを引き締めるのがポイントです。色味に統一感を出すことも意識しておきましょう。グレーのスウェット、黒の帽子とスカートなどでまとめるだけで大人っぽい着こなしになります。モノトーンカラーで落ち着きすぎた場合は、色付きのソックスをアクセントにすると良いでしょう。差し色がワンポイントあるだけで一気に上級者コーデになります。

個性的なデザインを選ぶ

スウェット コーデ

シンプルなものばかりではなく、ビッグシルエットなど個性的なデザインのスウェットを選ぶのもおすすめです。アイテム次第で野暮ったく見えるので、遊び心を加える際もトレンドのシルエットを押さえることを忘れないようにしましょう。

人気があるのは、普通のスウェットに見えるようでシルエットへのこだわりが感じられるアイテムです。ゆったりしているスウェットでも、細身のデニムとヒールを合わせれば、全体のバランスが整い、大人っぽいこなれファッションが完成します。

レイヤード(重ね着)で差をつける

スウェット コーデ

レイヤード(重ね着)で工夫するのも、大人ならではのコーデ術です。カジュアルなスウェットでも、中にシャツを着るだけできっちりとした着こなしができるのでおすすめです。そのほか、スウェットの下にタートルネックのカットソーを持ってきてもまったく問題ありません。インナーを黒にすれば、襟元を引き締めることができます。

小物やアウターにもこだわる

スウェット コーデ

スウェットの部屋着感から脱出するには、小物にこだわることも大切です。帽子、アクセサリー、バッグなどはもちろん、ボトムスの裾から個性的なソックスを見せたりメガネを掛けたりすれば、こなれ感を演出できるのでおすすめです。

小物を使うときは、色を統一することを意識しましょう。色がバラバラだとコーデがまとまらなくなり、逆効果になってしまいます。また、冬はアウターにも気を配るようにしましょう。大人っぽいコートを合わせると全体のバランスがとりやすくなります。

【カラー別】スウェットをトップスにしたコーデ

ファッションは色をどう操るかが、非常に重要です。ここからは、スウェットをトップスにしたコーデをカラー別に紹介していきます。

-ベージュ系のスウェット

スウェット コーデ

ベージュ系のスウェットは、特にカジュアルな印象を抱かせます。デザイン性の高いアイテムを選んでスタイリッシュに決めることを心がけましょう。裾のベルトを絞ることでシルエットを変えられる変形スウェット、ビッグシルエットのスウェットプルオーバー、裾に段差が付いているスウェットトップスなどが特に人気です。ベージュ系のスウェットは、形に凝ったものを選べば適度にカジュアルさを抑えることができます。

そのほか、ベージュ系のスウェットには派手な色や柄のアイテムを組み合わせることを意識しましょう。赤などの原色のスニーカーを合わせればワンポイントカラーとなり、ベージュ系の淡い雰囲気を引き締めることができます。また、派手な柄でも問題なく合わせることができるのがベージュ系スウェットの特徴です。時にはレオパード柄スカートなどを思い切って組み合わせてみるのも良いでしょう。違和感なく攻めのコーデを楽しむことができます。

-グレー系のスウェット

スウェット コーデ

ニュートラルなグレーは、スウェットの定番カラーです。また、かすれた色合いの杢グレー(もくグレー)も非常に人気の高い色となっています。トップスでもボトムスでも合わせる色を選ばず着まわせるのが魅力ですが、組み合わせによってはパッとしないコーデになってしまうかもしれません。それを防ぐためには、ほかのアイテムを使ってグレーを際立たせるようにしたほうがよいでしょう。

おすすめなのがオーバーサイズのグレースウェットと白のワイドパンツを合わせたコーデです。ポイントは、白いボトムスを合わせることで清潔感を演出できる点でしょう。秋冬シーズンにはファーバッグで季節感を出すのもアリです。
シフォンのプリーツスカートを合わせれば、カジュアルときれいめのMIXコーデを楽しむことができます。どんな色にもなじむグレーは、異なるテイストのアイテムとの相性も抜群です。ロングスカートには短丈スウェットを合わせてバランスを整えるように意識しましょう。

-カーキ系のスウェット

スウェット コーデ

カーキ色のスウェットは、大人の余裕を演出してくれるので非常に重宝します。小物などでエレガントなエッセンスを取り入れることで、ぬけ感を意識すると良いでしょう。

カーキスウェットには、デニム生地のワイドパンツを合わせるのも良いです。スウェットは、シルエットが重要な鍵を握りますが、袖がボリューミーなスウェットは思い切ってオーバーサイズに振り切ってみましょう。女性らしい華奢さが際立たせることができるのでぜひ試してみてください。

アイボリーのスカートを合わせてリラックスさせるのもおすすめです。ベージュのレギンスでナチュラルさを加えれば、さらに現代的なオシャレを楽しむことができるでしょう。デニムのタイトスカートを組み合わせるのも良いでしょう。カーキ×デニムはカジュアルコーデの鉄板ですが、スカートをタイトにすることで女性らしさを醸し出してくれます。スカートの色を薄めにし、黒のローファーなど引き締めると全体のバランスをとることができます。

-ホワイト系のスウェット

スウェット コーデ

クリーンなホワイトは、カジュアルなスウェットをきれいめに仕上げることができる貴重なカラーです。スウェットを着慣れていない人でも気軽に取り入れることができるため、これからスウェットコーデを楽しみたいという人におすすめ。

シンプルな白スウェットには、黒のストレートパンツを合わせましょう。モノトーンの配色にすることで適度に大人っぽさを演出できます。また、白はほかの色にはない独特のぬけ感があるので、オーバーサイズのスウェットを合わせれば絶妙なこなれ感を出すこともできるでしょう。

白のパンツなどで全体を統一してみるのも良いです。白のワントーンコーデは洗練された雰囲気になるため、スウェットのラフさを抑えたい人はぜひ試してみてください。オフショルで素肌を見せるなどすると、効果的にやぼったさをなくすことができます。

白スウェットはインナーとしても活用できるので非常に実用的です。秋口にGジャンなどを着るときは白スウェットが欠かせません。フラットな質感のスウェットは、脇役としても活躍してくれるので、1枚持っておくとファッションの幅を広げることができるでしょう。

-ブラック系のスウェット

スウェット コーデ

黒のスウェットはカジュアルな中にシックな雰囲気を生み出してくれる唯一のカラーです。カジュアルになり過ぎないことに加え、引き締め効果を期待できるという大きなメリットも得られます。色を黒にするだけで着膨れを防止できるので、体型にコンプレックスを抱いている人も安心して着ることができるでしょう。ベージュワイドパンツのようなゆるっとしたパンツには、黒のスウェットが効果を発揮します。ほかの色だと締まらない可能性がありますが、黒はバランスをとることができるうえ、スタイリッシュな雰囲気も演出できます。

黒のリブニットパンツを合わせるのも良いでしょう。黒のワントーンコーデも、インナーやスニーカーのソールに白を散りばめれば黒一色のコーデに奥行きをプラスできます。チェック柄タイトスカートもおすすめです。ナチュラルなチェック柄スカートでも、黒のスウェットを合わせるだけで途端にモードな雰囲気を演出できます。ルーズなスウェットとタイトスカートのコントラストを活かすために、バッグやスニーカーも黒で統一することを意識しましょう。

-ネイビー系のスウェット

スウェット コーデ

ダークカラーでありながら爽やかな着こなしも可能なネイビーの特徴です。ラフさ加減を適度に抑えることができるネイビーは、 白やベージュなどの明るい色を組み合わせれば清潔感も出せるため、幅広いオシャレを楽しむことができます。ネイビーとカーキは、性が良いので、ナチュラルに決めたいときはカーキコートとレギンスを合わせてみましょう。オーバーサイズのスウェットにタイトなレギンスを合わせて、全体のシルエットバランスを整えるのがポイントです。

スキニーデニムとカラースニーカーもおすすめのコーデです。ネイビーとデニムのワントーンコーデには、差し色のカラースニーカーを合わせるのが上級テクニックです。さらに、オーバーサイズのスウェットを選んで袖をまくれば、ラフなこなれ感も演出できるでしょう。ストライプスカートを合わせてみるのもアリです。ネイビーの青みがかったダークカラーは、水色などのストライプスカートを合わせることで一気に爽やかな印象になります。マリンスタイルが好きな人は一度試してみてはいかがでしょうか。よりオシャレにしたい場合は、グレーのヘアターバンなど小物を加えると効果的にスタイルアップすることができます。

スウェットパンツを取り入れたコーデの注意点

スウェットパンツを着る際は、トップスとはまた違ったコツが必要です。上手にコーデに取り入れるためにも、ここで注意点を確認しておきましょう。

-ラフなアイテムを組み合わせない

スウェットパンツは、一歩間違えると部屋着と間違われてしまう可能性があります。そのため、トップスや小物にしっかりと気を配らなければなりません。部屋着感を払拭するためにも、きっちりとしたアイテムと組み合わせることを意識しましょう。スウェットパンツを着ながらトップスもゆったりさせたい場合は、小物使いが鍵を握ります。チェーンバッグやミニバッグ、パンプスなどのアイテムで全体を引き締め「あえて着崩している」感が出せればオシャレに昇華することができるでしょう。

覚えておきたい組み合わせは、「白のスウェットパンツ×きれいめ小物」です。モノトーンアイテムは落ち着いた大人の印象を与えるため、スウェットでありがちな失敗も起こりにくいです。

-自分のスタイルに合ったサイズを選ぶ

スウェット コーデ

スウェットパンツを取り入れたコーデでは、パンツのサイズ感が非常に重要です。ダボっとしたものはスウェットのラフさを強調することもあるので、足元のストレートラインが出るくらいのサイズを選ぶことを意識しておきましょう。丈の合ったスウェットパンツにスニーカー合わせて足元をラフに仕上げるのがおすすめです。ヒップが気になるという人はジャケットをあえてオーバーサイズを選ぶなどしてヒップラインを隠すようにしましょう。

スウェットパンツはスキニーのように履きこなせば失敗しにくいです。スウェットパンツをファッションに取り入れる際は、スキニーパンツのコーデを参考にすると良いでしょう。また、アウターにトレンドアイテムを取り入れて今っぽさを演出することが大切です。

きれいめアイテムを活かせば大人っぽいスウェットコーデが実現

スウェット コーデ

スウェットを取り入れたコーデはカジュアルすぎるイメージを抱いている人も多いため、なかなか手を出せないと思われるかもしれません。しかし、きれいめアイテムを使うなど工夫すれば大人っぽいコーデも十分に楽しめます。スウェットは、サイズ感が重要です。しかし、サイズは実店舗でなくとも通販で確認できます。この機会にスウェットアイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。

「.st(ドットエスティ)」でスウェットをチェック