マタニティコーデの服選びの注意点は?

マタニティコーデ

マタニティコーデの服選びでは、注意点を把握して後悔のないものを選ぶことが大切です。ここでは、マタニティコーデの服選びの注意点などを紹介していきます。

-体を締め付けないものを選ぶ

マタニティコーデ

妊娠中に着る服を選ぶときには、体を締め付けないものを選ぶことが欠かせません。マタニティコーデでは、見た目ももちろん大切です。

しかし、それ以上に重視されるのは、できるだけ体に負担をかけないということです。妊娠初期の頃は、妊娠前から着用していたボトムスや下着などのアイテムも、問題なく着ることができるという人はたくさんいます。ただし、お腹まわりなどが目立ち、大きくなってくると、マタニティアイテムとして販売されているような、ゆったりとしたデザインのものしか着られなくなってきます。マタニティコーデの場合、特にお腹や胸のまわりは締め付けないように配慮する必要があります。そのため、ゆったりとしたデザインのものを選ぶことがポイントです。

次に、妊娠中は下着選びにもこだわりましょう。たとえば、ブラジャーを選ぶときにはノンワイヤーブラにするなど、胸まわりを締め付けないものを選ぶことがポイントです。臨月の頃になると、妊娠前よりもバストもサイズアップしてきます。

そのため、下着に関しても締め付けないものを選ぶことで、体をよりゆったりとさせられて快適に過ごせるようになります。また、妊娠中のボトムス選びには苦労するという人も少なくありません。ボトムスはゴムが入っているもので、お腹まわりに余裕を持たせたデザインになっているものであれば、臨月まで無理なく着用できます。

-生地の伸縮性をチェックする

マタニティワンピース

マタニティコーデを選ぶときには、アイテムのデザイン性ばかりに目が行きがちです。しかし、より快適なマタニティライフを過ごすためには、機能性にも十分配慮することが欠かせません。妊娠中に着る服や下着を選ぶときには、お腹の締め付け具合だけでなく、生地の伸縮性も意識してチェックしておくことがポイントです。

伸縮性がなさすぎるものを選んでしまうと、体にフィットしづらいというデメリットがあります。特に、お腹まわりが目立つようになってきたときに、張りのある生地やゴワつく素材のものを着用していると動きにくいという問題につながるため注意が必要です。

加えて、伸縮性がない生地の服は、少し動いただけで上に持ち上がってくる可能性があります。そのため、自分では気が付かないうちに服の位置がずれてしまい、お腹まわりなどが見えてしまっていることもあるのです。しっかりと伸びる素材を使った服であれば、少々動いても服がずれる心配もないので、お腹が大きくなってきても着心地が良く、1日中快適に過ごせるようになります。

-全身鏡でコーデをチェックする

マタニティコーデ

マタニティコーデでおしゃれな着こなしを目指すなら、服を着た後には必ず全身鏡の前に立って、全体のバランスがとれているかどうかをチェックしておくことが大切です。お腹が大きくなってくると、自分のお腹まわりがどのような状態になっているのかを目視することはできなくなります。そのため、ボトムスを選ぶときや、トップスの丈の長さなどには普段以上に配慮する必要があります。

たとえば、妊娠中でお腹の大きさが目立ってきた頃に、一般的なボトムスを履くとなると、お腹が前から見えてしまうケースもあります。これは、ボトムスの股上の深さが適切でなく、妊娠中の体形にフィットしていないことが直接的な原因です。鏡の前に立ってコーディネートをチェックすると、このような着こなしの失敗は防ぐことができます。加えて、自分の姿を客観的に確認することにもつながります。そのため、全身鏡でコーディネートをチェックすることを習慣化しておけば、その時々で自分の体形に合う服が選びやすくなるのです。

マタニティコーデをおしゃれに見せるコツ

マタニティコーデ

マタニティコーデで使えるファッションアイテムのなかには、妊娠中の限られた間にしか使えないものもあります。そのため、ひとつひとつのアイテムを最大限に生かしたうえで、おしゃれなコーディネートを実現することが大切です。ここでは、マタニティコーデをおしゃれに見せるコツについて紹介します。

-全体のバランスをとる

一般的に、妊娠してから半年くらいすると、お腹がかなり目立つ状態になります。加えて、妊娠週数が経過して重心が下がってくるとともに、体のバランスもとりづらくなってきます。

さらに、ボディラインは全体的に丸みを帯びた印象になってくることから、コーディネートも次第に難しくなってくるのです。妊娠中のファッションですっきりとした印象にしたいなら、「Iライン」を意識したコーディネートにすることがポイントです。Iラインを意識したコーディネートとは、縦長のラインを強調したもののことです。

妊娠中に重宝するアイテムとして、ワンピースを取り入れる女性はたくさんいます。マタニティコーデでワンピースを着るときには、肌が見える割合を意識するとバランスが取りやすくなります。たとえば、低身長の女性の場合には、膝丈程度のワンピースのほうが、全体的なバランスが良くなります。一方、身長が高い女性がワンピースを切るなら、ロング丈のものを選ぶとよりIラインが強調され、すっきりとした着こなしになるのです。

また、妊娠中のコーディネートについて考えるときには、妊婦特有の姿勢にも注意することが大切です。お腹まわりが大きくなって体の重心が下がってくると、前かがみの姿勢になりやすくなるという特徴があります。前かがみの姿勢を取り続けていると、どんなにコーディネートにこだわっても、見た目の印象が悪くなってしまうなどのデメリットがあります。そのため、マタニティコーデをおしゃれに着こなしたいなら、できるだけ良い姿勢で過ごすように気を付けましょう。

-シルエットを意識する

マタニティコーデ

マタニティコーデでは、シルエットを意識することもポイントのひとつです。妊娠中にお腹がふくらんできたら、お腹まわりをカバーするためにゆったりとしたワンピースやチュニックを着ることが多くなります。たしかにワンピースやチュニックなどは体を締め付けるデザインではないため、妊娠中に着用するアイテムとしては理にかなっている選択です。

しかし、全体的なバランスを考えると、あえて体にフィットした服を選んでお腹のふくらみを強調したほうが、おしゃれで洗練された印象になる場合もあるのです。たとえば、フレアなデザインのスカートを選ぶと、お腹の大きさが強調されやすくなります。シルエットを意識したうえでタイトスカートやペンシルスカートを選ぶと、きれいなシルエットが出るようになります。ただし、妊娠中に無理は禁物であるため、シルエットは意識しつつも、お腹まわりを無理に締め付けすぎないアイテムを選ぶことも大切です。

-アクセントをプラスする

マタニティコーデ

マタニティコーデについて考えるとき、多くの女性が悩むこととして「着られる服のバリエーションが少ない」という問題が挙げられます。妊娠期間は限られているため、おしゃれを楽しみたいという理由だけでマタニティウェアばかりをたくさん購入するのもためらわれます。

そのため、妊娠中におしゃれなコーディネートを実現したいなら、合わせる小物に変化をつけて、アクセントを効かせていきましょう。たとえば、ワンピースやボトムスがモノトーンの場合は、バッグや帽子などのアイテムをさし色として活用してみるとワンランク上のおしゃれが楽しめます。

ほかには、大ぶりのアクセサリーをつけるという方法も簡単に取り組めます。ただし、アクセサリーは付けすぎてしまうと、全体的なバランスが悪くなるため注意が必要です。大きめのピアスを付けるのであれば、ネックレスやブレスレットは控えめにするなど、バランスを考えながら小物を取り入れていくと、より上品なコーディネートになります。また、メイクに変化を付けるという方法も効果的です。

たとえば、ワンポイントで明るいリップを付けると、健康な印象になります。メイクもコーディネートの一部として考えて、妊娠中にしかできないコーディネートを楽しんでくださいね。

マタニティコーデにおすすめのアイテム

マタニティワンピース

マタニティコーデにおすすめのアイテムを押さえておき、普段のファッションに取り入れていくことが大切です。

-お呼ばれでも着られるウエストリボンZIPワンピース

親戚や友だちなどにお呼ばれをされたときに使えるファッションアイテムを一着持っておくと、何かと重宝します。LEPSIM(レプシィムのウエストリボンZIPワンピースは上品なデザインであるため、普段着としてだけではなく、友だちとのパーティーなどにも着用できるアイテムです。

また、このワンピースのウエスト部分は、おなかの大きさに合わせてリボンで調整できるのがうれしいポイント。どこまで大きくなるか自分でも想定つかない初めての妊娠の方にもぴったり。袖の長さも手首が見えるすっきり8分袖で、透け感防止にペチスカートもついているのも安心◎

ほかにも、このワンピースは、産後の授乳期にもぴったりなデザインとなっています。デザインに馴染むフロントのコンシールZIPは着脱がしやすく、外出先での授乳も楽ちん。LEPSIM(レプシィム)のウエストリボンZIPワンピースは、結婚式やパーティーなど産前・産後のオケージョンシーンにそなえて、1枚は持っておきたいアイテムです。

-かわいさと快適性を備えたノンワイヤーブラ

マタニティコーデ

産前・産後に着用するブラジャーを選ぶときには、体を締め付けすぎないものを選ぶことが欠かせません。普段と比較して、妊娠後期になるとバストのサイズも大きくなってくるため、下着選びも悩みどころです。

bijorie(ビジュリィ)のノンワイヤーブラは、胸まわりを締め付けにくく作られているためゆったりと着用することができ、妊娠中でも快適に過ごせます。加えて、このノンワイヤーブラのカップは胸全体をしっかりと包み込む形状となっており、ほどよいフィット感があります。

また、商品を選ぶときにフラワー柄を選べば、おしゃれを自由に楽しみにくい妊娠中でも、見えない部分までおしゃれに気をつかうことが可能です。ただし、カラーだけでなく、レースが付いているなど、ブラジャーのデザインによっては服から透けてしまうという問題があります。bijorieのノンワイヤーブラはレースが付いていないデザインのため、夏場など胸元にフィットする服を着たときでも生地が透ける心配はありません。

-出産後の授乳ケープにもなるロングベスト

ロングベスト マタニティ

LEPSIMのロングベストを持っておくと、出産後の授乳ケープとして長期間使うこともできます。人前で授乳をするとき、胸元は極力隠しておきたいものです。しかし、授乳ケープを持ち歩くとなるとその分荷物が増え、かさばってしまうというデメリットがあります。LEPSIMのロングベストなら、サイドにスリットが入ったデザインになっており、縦長のラインを強調してくれ、妊娠中でもスタイルを良く見せられるという特徴があります。

加えて、ベストのサイドは調整可能であるため、お腹のふくらみに合わせて自由に調整できるだけでなく、着脱もしやすい点はこの商品のメリットのひとつです。

さらに、あたたかみがあり、柔らかい素材でありながらも、自宅の洗濯機で洗えるため、普段の手入れもとても簡単です。授乳ケープとして使う場合、赤ちゃんの唾液や母乳などで汚れてしまう心配があるため、自宅で洗濯ができるという点は、この商品の魅力のひとつといえるでしょう。

-スリットが実用的な3Gケーブルボタンワンピース

マタニティワンピース

妊娠中のおしゃれに、体を締め付けないデザインのワンピースは欠かせないアイテムです。ケーブル柄が可愛らしいワンピースは脇の大きめのボタンがアクセント。産後の授乳の際はボタンを外して開けられる仕様なのがうれしいですね。 デニムやワイドパンツに合わせるスタイリングが特にオススメです。

コツを押さえてマタニティコーデを楽しもう!

マタニティワンピース

妊娠中でも無理なくマタニティコーデを楽しむためには、デザインや素材など、商品を選ぶときのコツをしっかりと押さえておくことが大切です。また、妊娠中だけでなく、産後まで使えるアイテムを選んでおくと、ひとつのアイテムを長期間にわたって活用することができます。おしゃれに見せるコツを把握しておき、マタニティコーデを楽しんでください。

"マタニティコーデ"はこちらでチェック!