黒のチェスターコートを着こなすために押さえておきたいこと

コーデの最適解を導き出すためには、メインとなるアイテムの特徴を十分に理解する必要があります。そこでまず、黒のチェスターコートの特性に触れつつ、それを着こなすために押さえておいたほうがよい重要ポイントについて紹介していきます。

-丈

チェスターコートコーデ

そもそも、チェスターコートとは何かというと、見た目が背広を連想させるクラシカルでフォーマルな印象のコートのことを指します。もともとはその印象の通り、スーツの上から羽織ってフォーマルやビジネスシーンに活用されていたのですが、現代ではカジュアルな着こなしをする人も増えてきました。

丈は膝丈が基本ではあるものの、実際にはミディアム丈と膝丈より長めのロング丈があります。ただ、ロング丈はある程度身長の高い人でなければ着こなしが難しいのがネックです。特に低身長の人がロング丈を着用すると、丈が長すぎて全体のバランスが悪くなるおそれがあります。そのうえ、黒だと重たい印象になってしまうため、着こなしの難易度は高くなってしまいます。

その点、ミディアム丈なら柔らかく優しいイメージを演出しやすいので、身長に関係なく比較的楽に着こなすことができます。また、どのようなボトムスにも合わせやすいという特長があるため、おしゃれに慣れた人でなくても気軽に着回すことができるのもうれしいところです。それに、ミディアム丈のチェスターは特になにもしなくても、羽織っただけでもかっこよく決まります。そのため、1枚もっておくと非常に重宝します。

-サイズ感

チェスターコートはオーバーサイズを前提にデザインされたコートです。ゆったりとしたシルエットを強調することで、おしゃれ感をアップさせることができます。ただ、ゆったりといっても肩が落ちないように気を付けなければなりません。肩が落ちていたり、腕のあたりに余裕がありすぎたりすると、ゆったり感を通り越して野暮ったい印象になってしまいます。逆にいえば、しっかりと着こなすためには着用の際に、肩が落ちていないかをチェックすればよいわけです。

そのためにも、自分のサイズ感の把握が重要になってきます。自分にどのくらいのサイズが合うのかを日頃から意識し、そのうえでチェスターコートを選ぶようにするのがコツです。大きすぎるのはもちろんですが、小さすぎても古臭い印象を与えてしまい、チェスターコート本来の良さを引き出せなくなってしまいます。あくまでも大きすぎず小さすぎずが鉄則であり、そのサイズ感を忘れないことが大切です。

-トップス

チェスターコートのデザインは基本的にシンプルです。そのため、どのようなトップスと合わせるかによってイメージは大きく変わってきます。たとえば、シャツやすっきりとしたデザインのニットと合わせれば、たちまち上品なコーデのできあがりです。一方、黒のチェスターコートならパーカーやスウェットなどと組み合わせることでシックな装いを演出できます。

また、トップスを選ぶ際には色も重要な要素です。それは、たとえ同じデザインでも色によって、コーディネートした際の印象が大きく変わってくるからです。選択肢はいろいろありますが、その中でもできれば避けたいのが黒です。黒のトップスに柔らかい色のチェスターコートを合わせるのなら大人っぽいカジュアルさを表現することができるのですが、黒と黒の組み合わせではいささか重い感じになりすぎてしまいます。逆に、白のトップスと合わせるとナチュラルな雰囲気を伴った抜け感を演出することができます。

-ボトムス

黒のチェスターコート

チェスターコートとボトムスとの組み合わせに関しても基本はトップスとのコーデと同じです。チェスターコートの落ち着いたデザインとの対比になるため、合わせるボトムスによって印象が大きく変化していきます。したがって、それを念頭に置いたうえでコーデを考えなくてはなりません。

たとえば、スカートでもパンツでもタイトなデザインのものを選ぶと、メリハリのあるコーデとしてまとめることができ、同時に、縦のラインが強調されるため、すっきりと引き締まった印象になります。また、黒のチェスターコートはかっちりしたイメージがあるので、フレアスカートなどと合わせると女性らしさを加味することができます。

さらに、オーバーサイズのチェスターコートにあえてワイドサイズのパンツを合わせるというのも一つの手です。うまくコーディネートすれば、こなれ感のあるおしゃれな着こなしを実現することができます。ただ、ワイドパンツは一歩間違えると重い感じになってしまう諸刃の剣です。そのため、全体のバランスをよく考えながらコーディネートすることが大切になってきます。

-靴

チェスターコートはトップスやボトムスだけでなく、場合によっては靴の違いによってもイメージが大きく変わってきます。したがって、靴の選択もよく考えたいところです。一般的なコーデとしてはフラットシューズと合わせるのが無難ですが、カジュアルなコーデを目指すのであれば、スニーカーと合わせるのもおすすめです。また、チェスターコートがロング丈の場合はヒールのあるパンプスやブーツと組み合わせれば全体のバランスがよくなります。

ちなみに、身長が低いとチェスターコートをカッコよく着こなすことはできないと思われがちですが、それも工夫次第です。その際に重要なポイントとなるのはやはり靴です。チェスターコートの良さを引き出すには縦のラインを強調する必要がありますが、それには、厚底スニーカーやブーティーなどといった厚底の靴が適しています。逆に、普通のスニーカーやヒールのないパンプスなどは背の低い人のコーデには不向きです。

-小物

コーデを行う際、小物についてはついつい軽く考えがちです。しかし、実際はどんな小物と合わせるかによっても全体のイメージはかなり変わってくるものです。チェスターコートの場合、デザイン自体はシンプルなのですが、オーバーサイズを基調としており、存在感があります。

しかも、黒のチェスターコートとなると、より一層目立つことになります。そのため、小物を身につける際にはバランスを考えなくてはなりません。具体的には、大きくて派手なアイテムは避け、コンパクトですっきりしたデザインのものを選んで全体のバランスを整えるのがコツです。

たとえば、バッグも大きなものを身につけるとどうしてもごちゃごちゃした印象になってしまうものです。そこで、小さめのショルダーバッグやハンドバッグなどを選ぶと上品にまとめることができます。また、ロング丈のチェスターコートの場合は、ロングネックレスなどの縦長シルエットのアイテムを身につけることで縦のラインを強調し、すっきりとした印象を与えてくれます。

黒のチェスターコートで作る旬のコーデをチェック!

チェスターコートの基本的な特徴を把握したなら、次に具体的なコーデについて考えていきたいですね。その参考になるように、ここでは黒のチェスターコートで作る代表的な旬のコーデを紹介していきます。

-柄スカートと組み合わせるおしゃれコーデ

チェスターコートコーデ

HARE(ハレ)のチェスターコートは、オーバーサイズでゆったりとしたデザインになっています。ただ、普通に身につけるとコートの存在感が大きすぎてバランスを崩してしまうといったことになりがち。そこで、チェスターコートと合わせるボトムスとしておすすめなのが「アーガイルデザインの12ゲージナロースカート」です。タイトなシルエットが特徴的でオーバーサイズのアウターとの相性は抜群!そのうえ、ひし形を組み合わせた大柄のアーガイルデザインはコートから目線を逸らせる役目を担い、存在感の大きさをうまい具合にやわらげてくれます。

一方、トップスはハイネックのブラウスやニットにすれば、女性らしさをしっかり表現したコーデになります。こちらもチェスターコートとの相性が良く、全体のバランスを整えてくれるのがうれしいところですね。

さらに、足元はヒールのあるショートブーツで縦のラインを強調するのがポイント。これならロング丈のチェスターコートを身につけても全体のバランスがとりやすくなります。特に、「サイドゴアチャンキーブーツ」なら、ヒールが高くて履くだけでスタイルアップにつながります。それになんといっても、ヒールの高さはかなりあるのに、安定感があって歩きやすいのが魅力的です。

-リバーシブルならではのカラーを活かしたコーデ

チェスターコート コーデ

HARE(ハレ)の黒のチェスターコートはリバーシブルになっています。そう聞くと、それを生かしたコーデを考えたいところですよね。そこで、注目すべきなのが襟の部分から見えるパープルです。

つまり、普通に羽織るだけでもアクセントカラーが楽しめるということになります。アクセントがあるので黒のコートをまとっても重たい印象にならないのがうれしいところです。そして、ロング丈の場合はヒールのある靴を合わせれば、低身長の人でも問題なく着こなすことができます。

また、ボトムスには断然カラースカートがおすすめ。華やかさを醸し出すことでさらに軽いイメージにしてくれます。特に、パープルのプリーツスカートはこのチェスターコートとの相性もピッタリです。それに、プリーツは女性らしさを演出してくれるので、黒のチェスターと合わせて大人の可愛らしさを演出したいという人に向いています。

-レディなシルエットで女性らしさを演出するコーデ

チェスターコートといえばどうしてもメンズライクなイメージがつきまといがちですが、そこにレディーライクな要素を取り入れ、女性らしさを意識して作られたのがBABYLONE(バビロン)のチェスターコートです。通常のコートより一回り大きな襟などはいかにも女性らしく、小顔効果も期待できるという魅力があります。したがって、コーデもレディスライクに決めたいところですよね。

たとえば、ヒールのある靴を合わせればより女性らしさを強調することができます。一方、スニーカーを履けば、女性らしさを意識しつつも、健康的なイメージのコーデの完成です。また、シンプルなトップスやボトムスを選んでもレディーライクに決まるので、一度試してみることをおすすめします。

ちなみに、このチェスターコートには黒を選んでも、かっちりしすぎずに柔らかい着こなしができるという特徴があるのです。その秘密は同じ黒でも都会的な淡い色味を採用している点と軽さのある素材を使っている点にあります。しかも、ミディアム丈だけでなく、ロング丈でもサラッと気軽に羽織れるので、それを活用してコーデの幅を広げることもできます。

-普段の私服にこなれ感をプラスするコーデ

チェスターコート コーデ

LEPSIM(レプシィム)のチェスターコートはミディアム丈で、日常で使いやすいデザインになっています。したがって、普段の私服としてこなれ感を重視したコーデを目指すにはピッタリのアイテムです。

チェスターコートコーデ

しかも、黒は使い勝手も抜群。通勤にもプライベートにも、日常のあらゆるシーンで活用することができます。おすすめのコーデは程よいバランスでこなれ感を演出できるワンピースとの組み合わせです。たとえば、「5Gタキノウタートルワンピース」はタートルが短めでチェスターコートともよく合います。

チェスターコートコーデ

一方、靴はヒールのあるブーツからぺたんこのパンプスまでさまざまなタイプと合わせることができます。もし、縦のラインを強調したいけれど、ヒールは得意ではないという場合は、レースUPブーツのような程よい高さと太さのあるものを選べば、安定感を得られるので安心です。

ちなみに、LEPSIMのチェスターコートのサイズはFREE SIZEとFREE TALLSIZEの2つがあります。身長に合わせて選択できるのがうれしいところですよね。

-コクーンシルエットで作る今どきコーデ

チェスターコートコーデ

PAGEBOY(ページボーイ)のチェスターコートは、ゆったりと体を覆うコクーンシルエットが印象的です。いかにも今どきのデザインといった感じですよね。したがって、コーデも旬を意識したいところです。

たとえば、襟を少し抜き、そのうえでロングスカートやワイドパンツと合わせれば、おしゃれに決めることができます。ただ、ビッグサイズで存在感が抜群なだけに、着こなしには苦労する人がいるかもしれません。ぞれでも、黒を選べば着回しはぐっと楽になります。

黒のチェスターコートがあればおしゃれなコーデを楽しめる!

一見、レディーコーデが難しそうな黒のチェスターコートですが、ポイントさえ押さえてしまえばさまざまな着こなしができるようになります。基本的には、最初にサイズ感や丈を意識しながらメインアイテムであるチェスターコートを選びます。そのうえで、バランスを重視しながらコーデを組み立てていきます。黒のチェスターコートの特性を理解し、おしゃれなコーデを楽しめるようになれれば、おしゃれの幅がグッと広がりますよ。

"チェスターコート"はこちらでチェック!