冬ならではのニットコーデのポイントは?

冬のおしゃれはニットのコーデを知っておくことで、毎日のバリエーションが広がります。コーデのポイントについて詳しく説明します。

-全体のバランスを考慮する

ニット 冬 コーデ

冬ならではのニットコーデのポイントは「全体のバランスを考慮する」ことが大切です。ボリューム感のあるふんわりとした体を包み込むようなデザインのニットを着るときには、全体のシルエットを意識してメリハリをつけるようにします。

たとえば、メリハリを効かせるために、大き目のベルトでウエストマークをすることで、目線がベルトに向きすらりとしたシルエットにすることができます。また、裾をタックインすると細く見える効果が期待できますよ。そのときには、トップとボトムの色合いを大きく変えてみると、さらにメリハリが出ます。ベルトを使って体の一部を引き締めることで、全体のバランスがとれるはずです。

トップとボトムスを同系色でまとめる場合には、どうしてもシルエットがぼんやりと見えてしまうことがあります。そのため、ボトムスのスカートをボリュームを抑えたロング丈にしたり、パンツをタイトなものにしたりすることを意識すれば、もたついた印象になるのを避けることができますよ。また、ボトムスの素材次第で、体型をすっきり見せることもできます。

さらに、ニットは薄手のものから、厚手のものまでさまざまです。特にビッグシルエットのニットを選ぶときは、ボトムスは細身のスキニーを選ぶことで、引き締まったコーデになります。さらに、服の組み合わせだけに注意がいきがちですが、バッグや靴、帽子などのアクセサリーを工夫することで、全体のバランスを整えることができ、目線を逸らす効果も期待できます。

-コートとの組み合わせを意識する

ニット 冬 コーデ

冬はコートを着ることが多いです。そのため、ニットとのコーデを考えるときに「コートとの組み合わせを意識する」ことも大切といえます。カジュアルなシーンやデザインによってはビジネスでも活躍してくれる軽くて暖かいダウンコートは、どうしてもボリューム感が出てしまいますよね。そのため、その下にニットを着ると着ぶくれしてしまい、やぼったい雰囲気になることもあるかもしれません。ダウンコートとのコーデを考えるときには、ニットはすっきりしたデザインのものを選ぶようにします。

ノーカラーコートは首元のまわりがすっきりと見えます。ニットと合わせるときには、相性のよいタートルネックを選べば首元のアクセントになり、よく似合いますよ。チェスターコートはフォーマルな場面でも活躍しますし、ビジネスやカジュアルにも使える万能コートです。シンプルなデザインのためさまざまなシーンにマッチします。チェスターコートを着るときには、もともとシンプルなデザインなので、ニットも上品なものを選ぶとよいですね。黒やネイビーの定番色チェスターコートであれば、引き締まって見えますし、どのようなニットの色もマッチしやすくなります。グレーのチェスターコートは大人の雰囲気を出しつつ上品で高級感があります。黒系のニットを中に着れば、シャープなモード系スタイルになるのでおすすめですよ。

ゆったりしたショートコートを着るときにはロング丈のスカートやワンピースなどを合わせてみるとよいですね。たとえば、バリエーションを考えるなら、無地のものや花柄、チェックなどを取り入れてみることで変化が楽しめます。プリーツが入っていても大人可愛いコーデができます。また、全体の色味を統一させると大人っぽく落ち着いた雰囲気になりますよ。ロング丈のタイトスカートを選んでも一味違ったイメージになるのでその日の気分に合わせて、いろいろ楽しむことができます。ショートブーツなどと合わせれば、大人っぽい上品なコーデに仕上がりますよ。

冬はニットを着て、その上からコートを羽織ることが多いです。そのため、組み合わせを意識しないと全体のバランスがおかしくなり、ちぐはぐな印象になることもあるので注意が必要です。お気に入りのニットとコートを組み合わせてみたら、なぜかなんとなくアンバランスに感じることもありますよね。それは、スカートとコートの丈の長さが合っていないからかもしれません。このあたりも意識しながら、ニットコーデを考えていくことも大切です。

-レイヤードコーデを取り入れる

ニット 冬 コーデ

冬は寒いので重ね着をする傾向にあります。ニットを使ったコーデのトレンドのポイントとして、この機会にレイヤードコーデを取り入れてみるのもひとつの方法ですよ。レイヤードスタイルは、冬の季節に適したコーデといえます。なぜなら、外は寒いのに室内や電車の中では暖かくて汗をかいてしまうことがあるからです。

体温調節が難しい季節といえますが、レイヤードスタイルはおしゃれに見えるだけでなく、気軽に服の着脱ができるので機能面でもおすすめです。トレンドを取り入れつつ、重ね着を上手に楽しむためには、ニットやインナーの配色に注意することがポイントです。もし、配色がちぐはぐだと統一感がなく、おしゃれに見えません。そのため、重ね着する服の色の組み合わせを考えるときは慎重に行うことが大切です。

レイヤードコーデにあまり自信がない場合には、まず定番の組み合わせを押さえておくことをおすすめします。インナーを白にすれば、どのような色や柄のニットを組み合わせても失敗しません。また、インナーとニットを同系色で合わせることでも上手にレイヤードコーデを楽しむことができます。

このようなポイントを意識すれば、まとまりがよいコーデになります。ボトムスを選ぶときも色合いに注意が必要です。同系色でなくても、すっきりと見せるデザインや色を合わせるようにすれば、全体的なバランスが整い、ちぐはぐな印象になるのを避けることができますよ。

冬のニットとアウターを活かしたトータルコーデ4選

冬のニットとアウターを活かしたトータルコーデについてもっと具体的に知りたい人もいますよね。ここでは、4つのコーデのポイントについて紹介します。

-ノーカラーコート×柄物タートルネック

ニット コーデ 冬

冬のニットとノーカラーコートを活かした相性のよいトータルコーデを紹介します。JEANASiS(ジーナシス)の大人っぽいノーカラーコートは、上質なウールをふんだんに使用しているので、軽くてとても暖かく上品で機能的な一品です。ややゆったりとしたサイズ感なので、厚手のニットを着ても余裕があるデザインに仕上がっています。

一方で、首元がすっきり見えるデザインで、フロントはボタンではなくホックを使用しているのでシャープな印象です。デザインやカラーも落ち着いていてシンプルなため、どのようなニットと組み合わせても相性がよいです。このコートに特に似合うニットコーデは柄物のタートルネックです。シンプルなデザインのコートなので胸元のアクセントとして映えます。

ボトムスを選ぶときは、トップスやアウターよりワントーンで落ち着いたものを合わせるとニットの柄をより目立たせることができます。バリエーションを考えてワイドパンツやロング丈のスカートなど、ややルーズなシルエットのコーデにもおすすめです。ニットの柄を工夫したコーデを意識することで、コートの着回しがしやすくなりますよ。

-チェスターコート×シンプルニット

チェスターコートとシンプルニットの組み合わせも、冬のトータルコーデには欠かせません。BABYLONE(バビロン)のチェスターコートは、メンズのようなかっちりとした雰囲気を抑えて仕上げています。エリをやや大きめにしたり、ドロップショルダーにしてゆとりを出したり、程よく女性らしさを強調するデザインになるように工夫されていることがポイントです。

また、トレンドのオーバーサイズ感を取り入れたおしゃれな一品に仕上がっています。4種類の色合いを取り揃えているので、自分の好みにあわせて選べそうです。さらに、都会的な淡い色味であることから、シンプルなニットと組み合わせることで洗練された大人の女性を表現できるのもうれしいポイントです。

ボトムスはタイトパンツやロング丈のスカートなど細身のものと相性がよいです。見た目もすっきりとしているのでシルエットもきれいに仕上がりますよ。さらに、女性らしい雰囲気を意識するのであれば、ヒールが高めのショートブーツや、小ぶりのバッグなどと合わせたコーデがおすすめです。

-ダウンコート×すっきりニット

ニット 冬 コーデ

冬のコートの定番ともいえるダウンコートは、持っていると重宝する便利なアイテムです。しかし、どうしても着ぶくれしやすいのですっきり見せるようなコーデを工夫する必要がありますよね。特にロング丈のダウンコートは、全体のシルエットをすっきり見せるように意識しなければならなりません。ダウンコートと相性のよいニットのタイプは体にフィットする薄手のものがあげられます。このようなニットを選ぶようにすれば、上半身の着ぶくれを防ぐことができるのでおすすめですよ。

合わせるとよいボトムスはロング丈のスカートです。ダウンコートの上半身のボリューム感を抑え、縦のラインを強調してくれるので細身に見せる効果が期待できますよ。さらに、足元もすっきり見せる工夫をすれば、さらにきちんとした大人の女性の印象になります。たとえば、ヒールがあるショートブーツなどは相性がよいといえます。

-ショートコート×ニットワンピ

ニット 冬 コーデ

ショートコートとニットワンピのコーデにも注目です。冬のニットコーデのバリエーションを増やしたいとき、まだこの組み合わせをしたことがない場合には挑戦してみると毎日の選択肢が広がりますよ。たとえば、腰までの丈のショートコートとニットワンピを合わせると、重い印象を与えず、こなれ感があるゆったりコーデが楽しめます。

ニットワンピの丈の長さによっては、さまざまなコーデが可能です。ショート丈ワンピであれば、その下にパンツを合わせるとバランスよく決まります。また、ロング丈のワンピの場合にはボディにメリハリをつけるとよいですよ。大き目のベルトでウエストマークをしたり、おしゃれなパンプスと合わせたりすることで、全体のシルエットがきれいに仕上がります。

さらに、ショートコートとニットワンピの色のバランスを考えることも大切です。同系色でまとめると、失敗は少ないですがメリハリに欠けてしまうことがあります。そのため、ベルトやバッグ、アクセサリーなどの小物は全体を締める色を取り入れるとインパクトがあるので、全体的にまとまりやすくなるはずです。

冬だからこそできるニットを使ったレイヤードコーデ3選

冬の重ね着をおしゃれに楽しむためには、ニットを使ったレイヤードコーデを取り入れてみると良いですね。ここでは、3つのコーデを紹介します。

-ニット×カットソー

ニット 冬 コーデ

ニットとカットソーの組み合わせは、レイヤードコーデ初心者でも挑戦しやすいといえます。冬のコーデのバリエーションが少なく、新しくトレンドを取り入れたいと考えている人にはおすすめです。

たとえば、胸元に深い切込みが入っているキーネックであれば、カットソーをのぞかせるレイヤードコーデを楽しむことができます。また、いままでニットとカットソーの組み合わせをそれほど意識していなかった場合、手持ちのニットとカットソーが意外に相性がよいことに気付くかもしれません。

いまあるものでコーデを試してみると、新しい発見をすることがあります。さらに、こなれ感を出したいときは、胸元だけでなく、裾や袖からカットソーを見せるテクニックもあるので、いろいろ挑戦してみると楽しいですよ。

-ニット×シャツ

ニット 冬 コーデ

冬だからこそおすすめのレイヤードコーデはニットとシャツです。もし、初めて挑戦してみるならLOWRYS FARM(ローリーズファーム)のニットプルオーバーがおすすめです。ショート丈なのでレイヤードコーデにマッチします。後ろをリボンで結べることから、背後からみたスタイルもかわいらしいですよね。さらに、着脱がしやすいので冬の季節には重宝するはずです。暖かい室内ではニットを脱いで、服装で温度調節をするのも簡単です。また、長めのシャツと組み合わせれば、全体のバランスもよくきちんとした印象に仕上がります。

-ニット×ニット

ニット 冬 コーデ

冬はニットを着ることが多いですが、ニットとニットを組み合わせたレイヤードコーデもあります。でも、ニットを2枚重ねることで、どうしても重たい雰囲気に見えたり、着ぶくれしたりしないか心配になるものです。Andemiu(アンデミュウ)のニットプルオーバーとカーディガンを組み合わせてみると、編地がそれぞれ異なることからレイヤードコーデに使っても重く見えません。また、ほどよい抜け感と、きちんとした印象のデザインなのでコーデもしやすいです。

さらに、色合いの組み合わせによってコーデのバリエーションは広がります。たとえば、爽やかなブルーとベージュ系のスカートと組み合わせることで、トレンドを取り入れつつかわいらしくコーデが決まります。バッグもかわいいものを選べば、デートなどにも活躍してくれるコーデといえますね。

おしゃれなニットコーデで寒い冬も乗り切ろう!

冬に活躍するニットを上手にコーデできれば、寒い季節を存分に楽しめますよね。ニットコーデが楽しめるのは冬ならではの特権です。おしゃれに見えるようにコーデをしたいときは、トレンドも意識しつつ、全体のバランスを考えた組み合わせを考える必要があります。寒い冬はニットコーデに磨きをかけて、楽しく乗り切りたいですね。

"ニットコーデ"はこちらでチェック!