今更聞けない?チュニックってどんな服?

ニット_チュニック_コーデ

「チュニック」とは、丈がひざ上の長さになっているトップスのことを指します。ワンピースよりは短く、ブラウスよりは長いという感じでイメージするとわかりやすいかもしれません。

チュニックはお尻が隠れるくらいの着丈であるため、パンツやスカートなどを合わせて着るのが一般的で、いろいろな使い方ができるのが魅力です。夏は単体で着こなし、秋冬は重ね着してアレンジを加えることもできるので一枚持っておけばかなり重宝します。

ニット_チュニック_コーデ

チュニックを使った定番コーデ

ニット_チュニック_コーデ

チュニックを使ったコーデはボトムスとの合わせ方で大きく印象が変わります。デニムやパンツと合わせるのはもちろんのこと、スカートとも相性が良いのでバリエーション豊かに着回すことができます。また、チュニック単体でも存在感があるためデザインにこだわるだけでも十分スタイルアップを図れます。ここではチュニックとボトムスの定番コーデを紹介していきます。

-スキニーなデニムならチュニックの存在感をアピール

「LEPSIM(レプシィム)」の「バックロングハイネックチュニック」は首元が詰まっているのが特徴的なアイテムです。チュニックはデニムとの相性が良いためコーデに用いる際も肩肘張る必要はありません。スリムなソフトデニムを合わせればコーデ全体が引き締まるので容易にスタイルアップを図れます。チュニックがどのようなテイストでも柔軟に対応できるので難しさを感じることもありません。

スキニーパンツなど細めのパンツと合わせてボトムスをタイトにし、チュニックのひらひら感をアピールするとそれぞれのアイテムが生きてくるのでおすすめです。また、ハイネックになっているので秋冬コーデにもぴったりハマります。

ニット_チュニック_コーデ

-スリット入りのチュニックでスタイルアップ

「mystywoman(ミスティウーマン)」の「フロントツイスト変形チュニック」は深めのスリットが印象的なアイテムです。パンツを組み合わせればスリットが引き立つのでよりチュニックの存在感を前面に出すことができます。

チュニックはシルエットもふんわりしているので体型を気にせず着られるのが魅力ですが、スリット入りのものを選べばスタイルアップを図ることもできます。甘めのスタイルが苦手な人でも問題なく取り入れることができるのでぜひトライしてみることをおすすめします。深いスリットが生きるようにハイウェストのパンツやスカートと合わせることを意識するとよりスマートにまとめることができます。

ニット_チュニック_コーデ

-ゆるさを演出するスカートとのコーデ

「LEPSIM(レプシィム)」の「モックネックストーンウォッシュチュニック」に、ワイドパンツを合わせたコーデもおすすめです。チュニックにあえてワイドパンツを合わせてゆるさを強調すると周洗練された大人スタイルが完成。ゆるっとしたシルエットにはワントーンでまとめるのがポイント。小物は引き締まるブラックやブラウン、ゴールドでバランスをとることで、大人なシックスタイルに仕上がります。

ニットとチュニックの相性は抜群!レイヤードコーデのポイント

ニット_チュニック_コーデ

チュニックのコーデで積極的に取り入れたいのがニットとのレイヤードスタイルです。どちらも存在感があるので単体でも十分決まりますが、重ね着することでそれぞれの魅力が引き立つのでさらにおしゃれな雰囲気を演出できます。ここでは、ニット×チュニックのレイヤードスタイルを上手に取り入れるにはどうすればいいのか詳しく紹介していきます。

-インナーにチュニックを取り入れる

ニットのレイヤードスタイルはインナーにシャツなどを合わせて、袖や丈、首回りから生地をのぞかせるのが基本となっています。チュニックもインナーとして活用することができ、組み合わせを工夫すればどのようなスタイルも容易に実現できるようになります。特に、チュニックは丈が長いため、丈下でレイヤードスタイルを楽しみたいときにはかなり便利に使えます。

また、チュニックはワンピースと違ってコーデの際はボトムスが欠かせません。ニット、チュニック、ボトムスの3つのアイテムをうまく使えば自分だけのコーデを完成させることができます。

ニット_チュニック_コーデ

-ニットカーディガンでアウターに着こなす

チュニックの上にニットを重ねるのもアリです。ニットカーディガンをアウターっぽく羽織れば簡単にレイヤードスタイルが実現できます。カーディガンは前を開けて着ることが多いので、チュニックとのデザインや色合いの組み合わせを考えて統一感を出さなければなりません。また、冬場はニットカーディガンだけでは少し寒いのでマフラーやスヌードを使って防寒対策をすることが大切です。

ニット_チュニック_コーデ

少し意識するだけでおしゃれに!レイヤードスタイルのポイント

ニット_チュニック_コーデ

レイヤードスタイルではいかに統一感が出せるかが重要になってきます。何でも重ねればいいというわけではなく、それぞれのアイテムが引き立つような組み合わせを考えなければなりません。ここから、レイヤードスタイルを楽しむうえでの注意点を解説します。

-モノトーンの色合いをベースにする

黒や白といったモノトーン調の色合いはどの色とも相性が良く、組み合わせを制限されません。レイヤードスタイルで取り入れてもそこまで難しくないので初心者でも手っ取り早く楽しむことができます。黒のタートルネックをベースにしておけば、アウターに何色を合わせても違和感が生まれにくく、中に白シャツを着ても生地をチラ見せさせてコーデをきれいにまとめられるので簡単にレイヤードスタイルを楽しむことができます。

また、ベージュやグレーも白や黒に近いので使いやすく、温もりも生まれるので取り入れやすいです。ほかの色を使いたい場合は、モノトーン調をベースに追加する色を1色に限定すると簡単に統一感を出せるのでぜひ試してみてください。

-違う素材を組み合わせる

色合いやデザインのほかに素材でバランスをとるという手もあります。レザーなどのハードな素材や、ファーやマフラーなどの柔らい素材などさまざまありますが、どちらか一方に偏ってしまうと極端に硬い、あるいは柔らかすぎるといった印象を与えてしまいます。特に、レイヤードスタイルではいろいろなアイテムを用いることになるので素材の組み合わせ方には一層気をつけなければなりません。ハードな素材とソフトな素材をうまくミックスすることでバランスのとれたコーデが実現します。

ちなみに、チュニックとニットはどちらも柔らかい素材に分類されるので、小物や足元にハードなアイテムを合わせることを意識すれば統一感が出せます。

チュニックとのレイヤードでおすすめのニットは?

ニット_チュニック_コーデ

どのようなタイプのニットでもチュニックとのレイヤードスタイルは問題なく作れます。しかし、ニットの選び方を少し工夫するだけでより簡単に、そしておしゃれなレイヤードスタイルを楽しむことができます。ここでは、チュニックと合わせるのにおすすめなニットアイテムにはどのようなものがあるのか詳しく解説していきます。

-ショート丈ニット

ショート丈のニットはレイヤードスタイルに必要不可欠なアイテムです。お腹が出るくらい短いショート丈ニットであればインナーの服がより出やすくなるので簡単にレイヤードスタイルを作ることができます。また、ショート丈は裾のラインをウエストの位置で見せられるので、美脚効果も期待できます。

また、インナーのチュニックはシンプルなものでも凝ったデザインのものでも問題ありません。デザインが派手で上手に着こなせなかったようなチュニックがあればインナー専用にすれば便利に活用できます。どれだけ主張の強いデザインでも、チラ見せすることでさりげないおしゃれを実現できるので重宝するかもしれません。

ニット_チュニック_コーデ

-白のニット

白色のニットはモノトーン調の中でも扱いやすく、ほかの色とも合わせやすいのでコーデに幅を持たせることができます。白のニットを使うときの注意点としては、白が膨張色のため着ぶくれしないようにすることが挙げれます。ボリュームを抑えたい場合は、アウターを暗めの色にする、または縦ラインの入ったリブニットを選ぶなどしてシルエットを引き締めることが大切です。また、あえてワンサイズ大きめのものを選ぶと身体のラインが隠れてスタイルアップの効果が期待できます。

ニット_チュニック_コーデ

-グレーのニット

グレーのニットもモノトーン調コーデを作る際に重宝します。グレーは黒ほどハードな印象がなく、優しい雰囲気を演出できるので誰でも気軽に取り入れることができます。インナーやボトムスにブラックやホワイトを合わせるとモノトーンとなるうえに、冬らしさも生まれるのでぜひ試してみてください。

ニット_チュニック_コーデ

動きやすい!ニットとチュニックを使ったパンツスタイルのコーデ

ニット_チュニック_コーデ

ニットとチュニックのレイヤードスタイルではパンツスタイルがうまく決まります。また、パンツは動きやすく一日中着てもストレスがないため誰でも気軽に取り入れることができます。シルエットもさまざまで、ふんわりまとめたいなら広めのパンツを、クールに決めたいならスマートなパンツを合わせれば簡単にコーデを完成させることができます。ここで、ニットとチュニックを使ったパンツスタイルのコーデ例を紹介していきます。

-普段使いでおしゃれできるシンプルなチュニックのコーデ

ニットプルオーバーとシンプルな白いチュニックのコーデは、どのシーンでも違和感なく溶け込むことができるスタイルです。そのままでも十分おしゃれなレイヤードスタイルを楽しめますが、ニットプルオーバーに付いたファスナーを開けてチュニックの見せ具合を調節すればワンランク上のレイヤードスタイルを実現できます。

ボトムスには薄いサックスのパンツを合わせるのがおすすめです。上品な大人らしさを演出できます。また、寒い季節には首元にマフラーやスヌードを巻いて防寒対策をしなければなりません。ブラウンのマフラーを使えば大人っぽさの中にも可愛らしさを生み出すことができます。

ニット_チュニック_コーデ

-小物を見せやすいニットカーディガンのコーデ

「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」の「洗えるニュアンスカーディガン」に2WAYチュニックプルオーバーを合わせればリラックスした雰囲気が作れます。また、カーディガンの前を開いてチュニックのベルトをのぞかせれば、ブラウジングスタイルを楽しむこともできます。どちらもふんわりした印象が強いのでボトムスにはスマートなアイテムを合わせるのがおすすめです。全体のシルエットをすっきりとまとめることができます。

ニット_チュニック_コーデ

ふんわり感がかわいい!ニット×チュニック×スカートのコーデ

ニット_チュニック_コーデ

スカートの持つ膨らみを利用すれば、ふんわりとしたレイヤードスタイルを楽しむことができます。ただ、ニットが比較的柔らかい印象となっているのでスカートを合わせる際はぼやけすぎないようにスマートなものを選ぶことが大切になってきます。ここでは、実際にニットとチュニック、スカートを使ったコーデ例を紹介していきます。

-すっきりした印象を与えるニットプリーツスカートとのコーデ

「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」の「洗えるニュアンスカーディガン」に、ニットプリーツスカートを合わせれば、絶妙な優しさを再現できます。スカートの柔らかさを維持しつつもきれいなシルエットを演出してくれるので膨らみすぎず、コーデをすっきりまとめることができます。

ニット_チュニック_コーデ

-まさに秋!ニットベストとラップキルト風スカートのコーデ

「studio CLIP(スタディオクリップ)」の「コードストライプシャツチュニック」にニットベストを合わせ、ボトムスにラップキルト風スカートを組み合わせれば上級レイヤードスタイルの完成です。ブラウンのニットベストのラップキルト風のスカートの組み合わせが季節感を演出してくれるので、秋冬コーデにぴったりです。スカートはナローシルエットになっており、ボリュームを抑えているので膨らみすぎることもありません。また、ニットベストは腕回りからチュニックシャツを出すことができるので簡単にレイヤードスタイルを楽しむことができます。

ニット_チュニック_コーデ

チュニックにニットを重ね着したコーデで季節感を演出しよう!

ニット_チュニック_コーデ

チュニックの持つふんわり感は女性らしさを演出するのにぴったりで、1枚でも十分効果を発揮します。しかし、ニットと重ね着すれば季節感を出せるので秋冬コーデに取り入れればワンランク上のおしゃれを楽しむことができます。ただし、レイヤードスタイルは統一感を意識しなければなりません。今回紹介した内容を参考にして、チュニックとニットの魅力を生かせるようなコーディネートを見つけてくださいね。

「.st(ドットエスティ)」で"チュニック"をチェック!