旅行で衣類を持っていくときのコツ

旅行_着_まわし_コーデ_冬

ニットやマフラーなど、冬の衣類はかさばりやすくて、持っていくだけで荷物になってしまいます。1泊2日程度の旅行であれば許容範囲内ですが、それ以上の長期的な旅行になるとかなりの荷物量に。また、旅行の日数が増えれば増えるほど、どんな服装をしたらいいのか悩むのではないでしょうか。そこで、ここからは冬の旅行で衣類を持っていくときのコツを紹介します。

-着まわしと重ね着を軸に考える

冬の旅行のときは、重ね着ができる服を持っていくようにしましょう。そうすれば、行き慣れてない旅先での気温の変化にも対応することができます。カーディガンやニットなどは1枚ずつ持っていくようにし、くれぐれも同じ形のアイテムを色違いで何枚も持っていくのは避けてくださいね。特におすすめは、シャツやブラウスなどの薄手のインナーを何枚か持っていくことです。インナーを変えると、それだけで全体の印象が変化し、マンネリ化を防げます。薄手のインナーなら2~3枚持って行ってもかさばらず、楽しい旅行の邪魔になりません。

-持って行く服の色を絞る

持って行く服の色は、着まわししやすい黒と白に、もう1色加えた3色程度に絞ると良いです。黒と白はどんな色の服とも相性が良く、それだけでも簡単に統一感のあるモノトーンコーデが完成するのが魅力です。でも、黒と白のみだと少し地味になってしまう危険性も。

そんなときは、赤やマスタード、グリーンなどの華やかな色をプラスするのがおすすめです。トーンが暗くなりがちな冬のコーディネートもパッと華やかになりますよ。また、色を3色に絞れば、アイテム選びに迷いがなくなります。面倒な旅行の服装選びが断然楽になりますね。

-小物を持って行く

旅行_着_まわし_コーデ_冬

小物は、衣類ほどかさばらないので、荷物が多くなりがちな冬の旅行のマストアイテム。同じコーディネートでも、小物をつけるだけで雰囲気をガラッと変えられるのが最大のメリットです。特に、寒い冬の時期は首をあたためてくれるマフラーが重宝しますよ。長い時間、寒空の下にいることの多い冬の旅行中は、あったか素材の小物を一つ持って行くと、いざというときに心強いです。

また、大ぶりのイヤリングやピアスもおすすめ。華奢なものだと変化が分かりにくいですが、大ぶりのものであれば簡単にイメージを変えることができます。アクセサリー類は、ぱっと見たときに違いが分かりやすい、目立つデザインのものが旅行中は特におすすめです。

-防寒インナーや使い捨てカイロを活用する

最近は、薄手で発熱効果のあるインナーが数多く販売されているので、活用しない手はありません。薄手なので着ぶくれすることもなく、コーディネートの邪魔をしないのも魅力の一つです。カラーバリエーションがたくさんあるので、普段のコーディネートに合わせやすい色を選ぶようにしてくださいね。

また、使い捨てカイロを活用すれば、少し薄手の服装を着ることもできます。おしゃれな服ほど防寒性が低いことが多々あります。防寒性はやや気になるものの、どうしても着て行きたいお気に入りの服がある場合は、お腹や背中などの冷えやすい部分に使い捨てカイロを貼っておくと、寒さをやわらげることができます。

どんなコーデがベスト?服装選びのポイント

旅行_着_まわし_コーデ_冬

次は、アウターやトップスなどアイテムごとに服装選びのポイントを紹介します。冬の旅行中のコーディネートは、着まわしやすく重ね着しやすいことに加えて、防寒性にも配慮しておきたいところですね。

-防風性や防寒性に優れたアウターを選ぶ

冬の旅行はとにかくアウター命。旅行中は、常にアウターを着ていることになるのでしっかりと防寒性、防風性ともに高いアウターを選びましょう。写真などを撮ることも多いでしょうから、1枚でスタイリングが完成するデザインのものがあると良いですね。冬の衣類はかさばりやすいですが、アウターだけは多少かさばるものでも防寒性に優れたものを選ぶのがおすすめ。そうすれば、中にたくさん着込む必要がなく、結果的に荷物を減らすことにつながります。

-トップスはかさばらないものを

ニットを持って行くならざっくりとしたローゲージのものより、編み目がつまったハイゲージニットの方が薄くてかさばりません。上にコートを羽織ったときも、袖部分がスッキリして快適ですよ。トップスは種類も多くて、何を持って行けばいいのか迷いやすいアイテム。どうしても迷ってしまったら、先ほど紹介したようにインナーを数枚持って行くと良いです。旅先が思ったよりも寒かったとき、インナーを何枚も重ね着することで、対応することができますよ。

-疲れないように動きやすいボトムスで

旅行_着_まわし_コーデ_冬

旅行中は、街歩きすることが増えるので、動きやすいボトムスが必須アイテムです。防寒の面でも、スカートよりパンツを持って行くのが良いですね。中でも、足がキレイに見えるスキニーパンツがおすすめ。ダボっとしたニットや、厚みのあるコートを着ることが多い冬は、ボトムスをスッキリさせることでバランスがちょうど良くなります。

ただ、圧迫感があると移動中に疲れてしまうので、伸縮性のあるスキニーを選ぶようにしましょう。また、1泊2日程度の旅行であれば、1着のボトムスでも十分です。ジーンズ素材のボトムスは重くなってしまうので、必要最低限の分のみ持って行くようにして、トップスでコーディネートの幅を広げてみてくださいね♪

-靴は動きやすさを重視

旅行_着_まわし_コーデ_冬

長時間歩くことが多い旅行中は、必ず歩きやすい靴を履いていきましょう。普段から履いている歩き慣れた靴であれば問題ありませんが、特におすすめしたいのはスニーカーです。スニーカーは軽くて足に負担がかからないので、たくさん歩いても疲れにくいですよね。「スニーカーだと少しカジュアルすぎ?」と心配な方は、白を基調としたカラーを選ぶと良いです。白いスニーカーであれば、きれいめなコーディネートと合わせても悪目立ちしません。それに、清潔感がプラスされるという嬉しい効果も。

また、ヒールの低いブーツもおすすめです。足首の部分までしっかり生地で覆ってくれるブーツは防寒性もあるので、雪道などを歩くときに便利です。

-すぐに着脱できる防寒アイテムを用意

たとえ万全に準備していても、気温の上下はコントロールできないもの。旅行中は、想像していたよりも寒かったり、暑かったりすることが多いので、着脱しやすい防寒アイテムを持っておくと良いですよ。たとえば、ストールを1枚持っておくだけで、急な気温の変化にも対応できます。それだけでなく、コートを脱いだときにマンネリ化しやすい、という問題も解決してくれるんですよ!

冬にありがちな暗めのコーディネートも、ストールやマフラーなどの1アイテムを足すだけで印象を変えることができます。色や柄、デザインも様々なのでほかの人と差を付けたいときに大活躍してくれる万能アイテムです。

おしゃれに着まわし!持っていきたいアイテム例

旅行_着_まわし_コーデ_冬

実際のところ、着まわししやすく、重ね着もできるアイテムにはどんなものがあるのでしょうか。ここからは、冬の旅行で迷ったときに持って行きたいアイテムを4つ紹介します。

-シャツ

シャツは薄くてかさばらない上、ニットやカーディガンなどを直接上に重ね着することができます。特におすすめなのが白のシャツ。どんな色のトップスともマッチするので、着まわしの幅が広がりますよ。1枚できてもよし、上にニットを着た場合でも、袖や裾から白いシャツが覗くだけでパッと明るくなり、こなれな印象にしてくれます。

旅行_着_まわし_コーデ_冬
旅行_着_まわし_コーデ_冬

-スキニーデニム

動きやすい上に、防寒性にも優れたスキニーデニムは、冬の旅行では欠かせません。着ぶくれしやすい冬のファッションも、スキニーデニムで下半身をスッキリさせることでバランスが良くなります。また、スキニーデニムは、ワイドパンツやハイウエストパンツと比べて、コンパクトでかさばりにくいのも、おすすめのポイントです。デニム素材が苦手な人は、ストレッチの効いたスキニーパンツで代用しても良いでしょう。色は、黒や紺など暗めの色が合わせやすいです。

旅行_着_まわし_コーデ_冬

-リバーシブルのアウター

リバーシブルタイプのアウターは、1枚で2つのデザインが楽しめるのが最大の魅力です。「無地とチェック」のようにデザインが違うものや、「ボア素材とムートン素材」のように素材が違うものなど、パターンはさまざま。リバーシブルタイプのアウターは、2つのデザインが1枚に入っているため、アウターが1つだけで良くなります。クローゼットのスペースを減らすこともできて、旅行から帰ってきてからも重宝しますよ。

旅行_着_まわし_コーデ_冬

組み合わせはたくさん!冬の旅行でのコーデ例

旅行_着_まわし_コーデ_冬

ここからは、実際に冬の旅行で取り入れてほしいコーディネートの例を4つ紹介します。さきほど紹介したアイテムも出てくるので、合わせて参考にしてみてくださいね。

スキニーパンツ×ニット×レイヤードの王道コーデ

こちらは、LOWRYS FARM(ローリーズファーム)のを使用したコーディネートです。シャツの上にニットベストを合わせて、おしゃれなレイヤードスタイルに仕上げています。長めの丈のシャツで、気になるお尻のラインをカバーしてくれるのも嬉しいポイント。ローリーズファームのデニムスキニーは、ストレッチがしっかり効いているので動きやすさ抜群です。柔らかい素材のデニムなので、履き心地も良く、長時間移動が多い旅行中でも快適に過ごせますよ。

旅行_着_まわし_コーデ_冬

-しわのできにくいロングカーデのワンピースで多彩なコーデを

LOWRYS FARM(ローリーズファーム)のロングカーデワンピースを使ったコーディネートです。ロングカーデワンピースは、カーディガンとしてもワンピースとしても使える1つで2役をこなしてくれる優秀アイテム。Vネックの方を前にして中にタートルネックを着れば、大人っぽいレイヤードスタイルになります。

シンプルに1枚で着ても良いですが、ウエスト部分にベルトをするとメリハリが出て、スタイルアップもかないますよ。また、合成繊維でできているため、小さく畳んでもしわになりにくく、旅行中に便利です。カラーバリエーションは、アイボリー、ブラック、ブラウン、グリーンの4色。どれも冬のコーディネートにぴったりな落ち着いた色なので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

旅行_着_まわし_コーデ_冬

-パンツスタイルにも変化するサロペットでかわいらしさを演出

こちらは、LAKOLE(ラコレ)のVネックサロペットに、ハイネックのプルオーバーを合わせたコーディネートです。サロペットは、かさばらないので、ボトムスとしても使え、コーディネートの幅が広がりますよ。また、後ろがレースアップになっていて、後ろ姿をかわいく演出できるのもおすすめのポイントです。色は、着まわしやすい黒と春先からも使えるオレンジの2種類です。

旅行_着_まわし_コーデ_冬
旅行_着_まわし_コーデ_冬

-リバーシブルボアPコートでアウターもおしゃれに

andemiu(アンデミュウ)のリバーシブルボアPコートを主役に、スカートやパンツを合わせたコーディネートです。モコモコしたボアと、触り心地のいいムートンがリバーシブルになったPコートは、着まわし力抜群。あたたかいエコファーがついていて、おしゃれと防寒の両方が叶います。色は、ベージュとアイボリーの2色です。同系色のトップスやボトムスと合わせれば、統一感のあるニュアンスコーデになります。オーバーサイズでゆるっと着ることができるので、移動の多い冬の旅行中でもらくちんですよ。

旅行_着_まわし_コーデ_冬

少ないアイテムでたくさんのコーデを作ってみよう!

旅行_着_まわし_コーデ_冬

冬の旅行は、かさばりやすい服のせいで荷物が重くなりがち。でも、せっかくの旅行だからこそおしゃれを楽しみたいですよね。そこで重要なのが、重ね着&着まわし力。1着の服を着まわしたり、小物をプラスしたりして、少ないアイテムでコーディネートの幅を広げることがとても大切です。今回紹介したアイテム選びのコツやコーディネートの例を参考にして、少ないアイテムでおしゃれなコーディネートに挑戦してみてくださいね♪

"旅行コーデ"はこちらでチェック!