そもそもニットとは?セーターとの違い

ニット コーデ レディース

そもそもニットとは、糸をループ状にして編むことによって作られた生地(素材)全般のことです。ニットの定番アイテムといえばセーターがありますが、セーターはニット生地によって作られたプルオーバーのことを指します。同じニット素材のトップスでも、前にボタンが付いたジャケットタイプのものはカーディガンと呼びます。つまり、セーターやカーディガン=ニットなのではなく、ニット素材のセーターやカーディガンがある、というわけです。そのため、ニットの中にはトップスではないマフラー、帽子、靴下といった小物なども含まれます。

また、ニットといえば太い毛糸(ウール)を想像する人が多いかもしれません。しかし、実際にはウールだけでなく、カシミヤや綿といった自然素材のものも多くあります。そのほか、レーヨンやナイロン、アクリルといった化学繊維によるニットもあります。毛糸だからニットなのではなく、自然素材であれ化学繊維であれ、糸を編むことによって作られた伸縮自在の生地がニットなのです。

このニットのトップスの中でもとりわけ定番のカラーといえば白・アイボリー系です。そのほか、ベージュやブラウン、グレーもほかの色と合わせやすいため人気があります。もちろん、パープルやレッド、カーキといった鮮やかなカラーニットもファッション性があるコーデとして魅力的です。

ニットコーデで着膨れを防ぐ!選び方や着こなし術

セーター コーデ レディース

ニットは暖かそうな印象を与えることができる一方、着膨れしてしまうのが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで、ここからは着膨れ感を防ぐニットの選び方や、おしゃれなニットの着こなし術について解説します。

-着膨れしない選び方

ニット生地はもともとふわっとした質感であることに加え、白・アイボリー系のように膨張色が多いのが特徴です。そこで着膨れを防ぐための方法としてまず挙げられるのは、普段の服のサイズがSサイズの人はMサイズ、Mサイズの人はLサイズというように、普段のサイズよりも一つ上のサイズを選ぶことです。そうすることで体のラインが隠れるので、スタイルアップの効果が期待できます。

一方、ジャストサイズでも着膨れ感を防ぐために効果的な方法は、全体的に縦ラインがデザインされたリブニットを選ぶことです。ナチュラルな雰囲気の太リブや女性らしい印象を与えられる細リブなど、リブのサイズにはさまざまなものがあります。リブで縦のラインを強調することにより、普通のニット生地よりも着やせ感を演出できるというわけです。そのほか、ニットの中でもフェザーニットや粗目のざっくりしたニット、もこもこした質感のニットなどにすれば体のラインを隠せます。

-着こなし術

上手にニットを着こなすことで着膨れ感を防止することもできます。たとえば、着膨れして見える原因としてまず挙げられるのは、「上半身のうちで単色の面積が多い」ということです。そのため、単色のニットを着る場合には露出度やアクセントに気を付けることが大切です。とりわけ白・アイボリー系のニットは体型が強調されやすいです。体型が気になる人は単色の面積が広くなるタートルネックやクルーネックは避けた方がよいでしょう。肩幅や肩回りが強調されてしまう可能性があります。どうしても着たい場合は、肩にカーディガンをかけるなどの対策をするとよいでしょう。

一方、Vネックニットなどで鎖骨を出すと着やせ効果や女性らしさを演出できます。ただし、そうすると秋冬には体が冷えてしまうかもしれません。寒いと感じた場合にはストールやマフラーなどを上手に使うと効果的です。タートルネックやハイネックの白ニットの場合には、少し主張の強いアクセサリーを首周りに付けることでデコルテ付近のアクセントになります。視線を首周りに集め、肩周りの印象を緩めるというわけです。

そのほか、ニットをインナーにして丈長のトレンチコートを羽織るなど、体全体のIラインを意識したコーデにするのもよいでしょう。リブニットと同じように縦のラインを強調することにより、シャープな印象を与えられます。

定番色をしっかり着こなす!ニットの色別コーデ

ニットのトップスで定番のカラーといえば白・アイボリー系です。そのほかにも、ベージュやブラウン、グレーのニットも人気があります。そこで、次からは色別のコーデのコツについて順番に紹介します。

-白・アイボリー

ニット コーデ レディース

白・アイボリー系は、カジュアルコーデにも上品コーデにも活躍する万能カラーです。しかし、白・アイボリー系はニットの中でも特に着膨れしやすい色という特徴もあります。そこで、白・アイボリー系のニットを着る場合には、ボトムスに細身のパンツやスカートなどを合わせるのが王道です。細身のボトムスを合わせることで、全体的にすっきりとした印象を与えるスタイルアップ効果を期待できます。

白・アイボリー系といえば、黒のボトムスを合わせるモノトーンコーデが定番です。その場合には、ゆったりした丈のニットにレギンスパンツを合わせるとスポーティーな雰囲気になります。少しハードな印象を与えたい場合には、黒いレザーのパンツやスカートがおすすめです。また、大人の女性らしいコーデにしたいのであれば、Vネックのニットにグレーなどのデニムレギンスを合わせるとよいでしょう。そのほか、上品さをアピールしたい場合には、ボトムスにアイボリーのコーデュロイスカートを合わせると清潔感と落ち着きある雰囲気を演出できます。ワントーンコーデは、シンプルでまとまりやすいことが人気の理由です。

-ベージュ

ニット コーデ レディース

ベージュのニットは、どんなアイテムにもなじみやすいため、白・アイボリー系と同じくニットの定番色の一つです。ナチュラルカラーなのでやさしく柔らかい印象を周囲に与えられます。もしもベージュのニットでボーイッシュさを演出したいのであれば、黒のワイドパンツのようなリラックス感のあるボトムスと合わせましょう。足元には、スニーカーがおすすめです。そこに、小ぶりのバッグを添えたり、髪をアップにしたりするなどして女性らしさのアクセントを加えるとバランスがよくなります。

ベージュのニットには、同色でやや濃いめのブラウンコーデュロイワイドパンツを合わせるのが王道のコーデです。そうすることでカジュアル感を出せますし、ピンポイントでウエストポーチやスニーカーなどを添えれば、カジュアルでありながらこなれている印象を与えることもできます。一方、落ち着いた大人の女性らしさを演出したい場合には、ネイビーなど深い色のプリーツスカートがよいでしょう。深い色のボトムスで下半身の色を固め、さらに黒のベレー帽やブーツを合わせることで上品な雰囲気になります。

-ブラウン

ニット コーデ レディース

ブラウンもニットのベーシックカラーです。落ち着いた印象やナチュラルな素材感を引き立たせるのが特徴で、ベージュよりもさらに上品さや優雅さを演出できます。着るだけで垢抜けた印象を与えられるのが大きな魅力です。ブラウンのニットは、白のワイドデニムと合わせるのが定番コーデです。そうすることで清潔感や存在感を上手に引き出せます。より温かみのあるコーデにしたいのであれば、冬の定番アイテムであるリブパンツを取り入れるのもよいでしょう。とりわけ落ち着いたブルー系のリブパンツは、ブラウンのニットとよくマッチしますし、上から羽織る黒のコートなどとも合わせやすい傾向です。

ブラウンのニットでカジュアルな雰囲気を演出したい場合には、シンプルなストレートデニムと組み合わせるのがおすすめです。足元に同系色であるブラウンのヒールを合わせれば、カジュアルでありながらも気品を漂わせられるでしょう。その際、Vネックのニットにすればより引き締まった印象を与えられます。また、ボトムスに白の花柄スカートなどもブラウンのニットとよく合います。女性らしさを演出したい場合に人気です。その際には、パンプスやスニーカーをパープルなど少し明るめの色彩にしてアクセントにすると◎です。

-グレー

グレーは可愛らしさを演出したい場合にも大人らしさを演出したい場合にも使いやすいカラーです。そのため、どのようなコーデにも合わせやすいのが魅力です。また、白・アイボリー系やベージュと違い、主張しすぎない落ち着いた色であることも大きな特徴の一つ。着回ししやすいカラーなので、トップスそのものよりもほかのアイテムを引き立てるようなコーデを楽しめます。

たとえば、グレーのポンポンニットと黒のスケーターパンツを組み合わせれば、ガーリーで可愛い雰囲気になります。さらにスニーカーと合わせれば、ニットを上手に生かした甘めのボーイッシュスタイルになるでしょう。その一方、もっとモードな大人らしい雰囲気を演出したいのであれば、淡いグレーやブルーのワイドデニムと合わせるのがおすすめです。オーバーサイズのニットにすれば、スタイリッシュなだけでなく小顔効果も期待できます。

そのほか、ブルーのフレアスカートを合わせれば明るくフェミニンな印象になります。冬でも爽やかさを演出できるでしょう。黒のアイテムと合わせてワントーンコーデを楽しみたい場合には、軽やかな雰囲気のチュールスカートがおすすめです。その際には、メガネやバッグ、アクセサリーなど小物を上手に活用するのがおしゃれに見せるポイントです。

ニットと合うボトムのコーデとは?スカートとパンツの着こなし

ニット コーデ レディース

ニットのトップスにはスカートとパンツのどちらもよく合います。そこで、次からはそれぞれのコーデのちょっとしたポイントを順番に解説します。

-スカート

ニットとスカートは女性らしい雰囲気になるコーデとして世代を問わず人気です。ニットの多くは単色なので、スカートを合わせる場合にはシンプルな色のものを合わせるとよいでしょう。大人の雰囲気を演出したいのであれば、フレアスカートがおすすめです。たとえば、グレーのニットにレオパード柄フレアスカートにすると強い柄がしっかり映えます。その場合にはネックレスなどをうまく活用してシャープになりすぎないよう注意しましょう。

タイトスカートと合わせれば、カジュアルコーデになります。タイトスカートを合わせる場合、ニットはややオーバーサイズにすることでメリハリがつくでしょう。タイトスカートとニットのコーデは、全身アイボリーなどワントーンでもまとまりやすいのが大きな魅力です。そのほか、レトロな雰囲気にしたい場合にはショート丈のニットに膝丈のスカートを合わせるとよいでしょう。ニットをウエストインしてベルトを見せるとよりクラシカルな印象になります。

-パンツ

パンツはニットがどのようなサイズ感であっても合わせやすいのが特徴です。パンツにはすらっとしたデザインのものからワイドパンツのようなゆとりあるデザインのものまでさまざまなタイプがあります。トップスのニットとボトムのパンツでコントラストを作ることもできますし、逆にニットとパンツで同調コーデを楽しむこともできます。

ワイドパンツを合わせる場合には、黒ニットにブラウンのハイウエストワイドパンツを合わせるスタイルが人気です。そうすることでお腹周りを絞った細見えコーデになり、上品な印象を与えられます。ブラウンのパンツはどうしてもメンズライクになりがちですが、女性らしいふんわりしたニットを合わせることでメンズ感を和らげられます。また、ワイドパンツを合わせる場合には足首を見せることで女性らしさをより演出できるでしょう。

カジュアルにニットを着こなしたい場合の王道コーデといえばストレートデニムです。ボトムがぴったりしたデザインのデニムはトップスがオーバーサイズニットでも上下で立体感を出せます。しかし、ニットとデニムのコーデはどうしてもご近所感が出てしまいがちです。そのため、ニットの上からファージャケットを羽織ったり、重ね着やデザイン性の高いニットを選んだりと、ちょっとした工夫を心がけることがおしゃれに見せるポイントです。

ニットの定番色やスタイルアップ術を知ってコーデを楽しもう!

ニット コーディネート レディース

ニットのトップスは着膨れが気になる人も多いかもしれません。ニットは、選び方や着こなし次第でスタイルよく見せることができます。しかし、さまざまな色やデザインのものがあるので選ぶのは大変です。そこで、おすすめなのが数多くのブランドを扱っている公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」です。このサイトで自分に合ったお気に入りの1着を見つけてみてはいかがでしょうか。

「.st(ドットエスティ)」でニットをチェック