チェスターコートを着こなす!コーデのコツは色とデザイン

チェスターコート コーデ

チェスターコートをおしゃれに着こなすためには、色とデザインが大切です。色によって与える印象が大きく変わり、着こなし方法も変わってきます。また、デザインも定番のトラディショナルな形から、女性らしいデザインまでさまざまなものがあります。ここでは、チェスターコートのカラーの中でも特に人気色や定番色の特徴と、人気のデザインのポイントについて紹介していきます。

-色

チェスターコート コーデ

チェスターコートは、秋冬のアウターなので、やはりモノトーンやダークカラー、ナチュラルカラーが定番です。定番色は、着こなしの幅が大きく、いろいろなアイテムになじむ色なので、どの色を選べばいいか迷ったら、定番色の中から選べば間違いないでしょう。なかでも、レディースで人気の色はグレーや黒といったモノトーンです。モノトーンは、オフィスでもカジュアルでも着こなせる万能色といえます。グレーは、落ち着きや上品さをかもし出すことができ、カジュアルシーンだけでなく、エレガントなシーンでも活躍するでしょう。黒は、大人っぽさを演出するのにはぴったりですし、引き締め色として、スタイルをよく見せるのにも効果的です。また、どんな色のインナーにも合わせやすく着回し力もあります。

モノトーン以外で人気なのは、キャメル、ベージュ、カーキといったナチュラルカラーです。ナチュラルカラーは、女性らしい柔らかさやあたたかみを出すことができ、カジュアルな着こなしにもマッチします。キャメルやベージュは、気品があり、カーキやブラウン系は、秋らしい季節感が出しやすいのが特徴です。カジュアルなシーンやデートで、女性らしい甘さを出したコーディネートをしてもよく合いますし、逆にモノトーンのインナーと合わせてモード系にしたり、イメージチェンジをしたりしやすいのもナチュラルカラーの人気の理由といえます。甘辛ミックスもしやすいのもナチュラルカラーの良さの一つでしょう。

-デザイン

チェスターコート コーデ

チェスターコートと一言で言っても、デザインはさまざまです。丈やデザインによって、イメージが大きく変わりますので、自分にあったものを選ぶのが、コーディネートを決めるポイントです。チェスターコートは、もともとメンズのアウターかつ、ジャケットのような形と非常にシンプルなデザインです。また、フォーマルでも着られるアウターとして、エレガントさも大切にされてきました。現在のレディースのチェスターコートは、襟元が、スーツのような定番のビッグカラーの他に、襟のないノーカラー、フード付きなどがあります。また、ボタンも、「一つボタン」「ダブルボタン」「ノーボタン」などによって印象が大きく変わります。

丈もいろいろなパターンがあります。膝下まで届くロング丈は、女性らしくエレガントな雰囲気で、モード系などによく合います。逆に膝上あたりまでのミディアム丈は、軽やかなカジュアルさを出せるでしょう。くるぶし近くまである超ロング丈や、ヒップが隠れるくらいのショート丈もあり、バリエーションが多く丈の長さだけでかなり印象が変わります。正統派のロングコートはシックで洗練された雰囲気ですが、あえてフード付きやミディアム丈で、軽やかに遊び心を演出するのもおしゃれです。身長とのバランスに合わせて、丈も慎重に決めるのがよいでしょう。

定番から個性的なカラーまで!チェスターコートの色別コーデ

チェスターコート コーデ

チェスターコートの定番色や人気色は、いろいろなバリエーションのコーディネートで着こなしを楽しむことができます。中に合わせるインナーによって、同じ1枚のコートでも、イメージは大きく変わるでしょう。チェスターコートの色の中でも、特に人気のグレー、黒、キャメル、ブラウン、カーキについて、おすすめのコーディネート例を色別に紹介します。

-グレー

チェスターコート コーデ

チェスターコートの中でも定番色のグレーは、どんな雰囲気にも合わせやすい万能色といえます。インナーを白のタートルネックにすると、デイリーなカジュアルコーデとして、親しみやすく、さりげない女性らしさを演出することができます。また、イエローのインナーにオーバーサイズのコートを羽織ることで、女性のかわいらしさが強調されます。足元は色味を抑え、モノトーンのスニーカーを合わせることで、足元をすっきりとバランス良く見せることができ、おすすめです。

きれいめコーデにまとめたい場合には、トップスやボトムは白でまとめるのがおしゃれでしょう。冬らしさと、女性らしい清潔感やエレガントさを演出できるコーディネートです。インナーを淡い色のニットに変えて、グレーのコートで引き締めれば、上品さやあたたかみも出せるでしょう。淡い色のニットも、グレーのコートを着ることで膨張せずにすっきりと見える効果があります。フェミニン系のコーディネートでおすすめなのは、スカートと合わせる方法です。明るい色のプリーツスカートを合わせれば、メリハリのあるスタイリッシュなスカートスタイルになり、人気のパープルスカートやチノスカートと合わせると、グレーのコートがマニッシュな雰囲気に仕上がります。

-黒

チェスターコート レディース

黒のチェスターコートは、上品で洗練された女性の印象を与えることができます。もともとトラディショナルなアイテムであるチェスターコートは、高級感があり、大人っぽいフォーマルなコーディネートに向いています。そんな黒のチェスターコートを、カジュアルに着こなすコーデとしておすすめなのは、インナーに厚手のニットをあえて選び、オーバーサイズのチェスターコートをラフに羽織るスタイルです。ゆったり感のあるコーディネートは、逆に女性の華奢なかわいらしさを際立たせます。

黒のチェスターコートならではのモード感を出すなら、グレーのワントーンのニットに、コートを羽織るのがおすすめです。色を抑えることで、洗練されたモノトーンで統一感を出すことができ、バランス良く決まります。着やせ効果も期待できます。きれいめのコーディネートを目指すなら、白のインナーをコートの内側から見せて、淡い色のデニムを合わせるのがよいでしょう。黒の重さを和らげ、軽快感が出るので秋や冬の終わりなど、季節の変わり目にもおすすめです。

-キャメル・ブラウン

チェスターコート コーデ

キャメル系やブラウン系は、季節感を感じさせ、旬な色合いを楽しめます。カジュアルにも着こなしやすく、女性らしいやさしさや落ち着いた印象を与えるのにはぴったりです。キャメルのチェスターコートの定番コーデでのおすすめは、インナーを黒ニットですっきりと見せ、白のスキニーパンツでコントラストを出すスタイル。全体的にコートの中を細身にまとめて、パンツ丈から足首をのぞかせれば、抜け感がありこなれた印象になります。

白とキャメルの組み合わせは、女性らしい上品さが感じられる色合わせです。キャメルのコートに白を合わせる場合は、インナーは白のパーカーにライトカラーデニムという、カジュアルダウンした着こなしがおすすめです。コートの中の明るい色合いを、キャメルが上品にまとめてくれます。シンプルながら上質な大人カジュアルスタイルになり、キャメルのあたたかい印象があるため、白が冷たい印象にならず、華やかさが活かされるでしょう。ブラウン系のコートの場合は、インナーを黒で統一するとシックな雰囲気になります。モードな黒にブラウンが加わることで、ナチュラルな雰囲気が加わり、シャープさの中にもあたたかみが感じられます。

-カーキ

カーキのチェスターコートは、ナチュラルで落ち着きを与えることができるのが特徴です。また、シルエットや組み合わせによってマニッシュな着こなしができ、洗練された印象になります。カジュアルに着こなすなら、グレーのニットに、同じくモノトーンのワイドパンツを合わせるのがおすすめです。ふわっとした軽やかな印象の中にも大人らしいイメージになるでしょう。また、ボリュームが出がちなワイドパンツも、カーキのコートが引き締めてくれるので、すっきり見せることができます。

きれいめのコーデは、肩のラインが整った正統派シルエットのコートを選ぶのが大切です。かっちりした形のコートに、女性らしいタイトスカートやパンプスを合わせることで、知的な印象を演出できます。色は、より深みのあるダークカーキがおすすめです。ワンポイントとして、アクセサリーやスカーフなどで女性らしいアイテムを取り入れると、かっちりした印象をほどよく和らげ、やさしく上品な印象になります。フェミニンなイメージでまとめるなら、白のフリルニットや、白のハイネックニットをインナーに取り入れるのがポイントです。フリルや白は、甘くなりすぎる心配がありますが、カーキのコートが加わることで上品にまとまり、白とカーキのコントラストが活きてくるでしょう。

チェスターコートとインナーコーデ組み合わせのコツ

チェスターコートのインナーには、どんなアイテムを合わせるのがよいのでしょうか。チェスターコートは、着こなしによってカジュアルにも上品にも見せることができる、幅の広いアイテムです。ここでは、チェスターコートとインナーの組み合わせのコツと、おすすめのコーディネート例を紹介します。

-ニット・タートルネック

チェスターコート コーデ

秋冬のインナーの定番といえば、ニットです。ニットの厚めの質感は、あたたかみを演出することができます。特に、タートルネックはチェスターコートと相性のいいアイテムです。タートルネックは、首元のボリュームを増やして、重心を上げる効果があります。首が詰まって見えるタートルネックが苦手な人もいるかもしれません。しかし、オフタートルなら首の詰まりもなく、カジュアル感、かわいらしさも演出できるのでおすすめです。

ブラウン系のチェスターコートなら、キャメルのタートルネックと同色ブーツと組み合わせることで、コーデ全体をグラデーションでそろえることができます。統一感があり、すっきりまとまって見え、着やせ効果も期待できるでしょう。白のタートルネックやニットは、体の中心にIラインを強調することができます。白を選ぶことで、抜け感があり、黒・グレー系のコートでも重さを感じさせず、コントラストを出すことができるでしょう。

-シャツ・カットソー

チェスターコート コーデ

チェスターコートにシャツを組み合わせる場合には、少し注意が必要になります。なぜなら、シャツはニットに比べて薄手で質感があるコートと合わせると負けてしまいやすいからです。ただ、柄や色にメリハリをつけることで、軽やかさのあるカジュアルなコーディネートができるので、挑戦してみるのもよいでしょう。チェスターコートに合わせるデザインでおすすめなのは、ボーダー柄のカットソーです。デニムパンツを合わせて、マリンコーデでまとめると、軽やかなカジュアルさが生まれ、バランスが良くなります。_x000D_
_x000D_
マルチボーダーであれば、インパクトもあり、視線も自然にカットソーに集中するので、ほぼコート負けすることはないでしょう。また、白シャツは、意外とコートの重さに負けることなく、清潔感と軽さのどちらも演出できるため、コーディネートのアクセントとして使えます。

-パーカー

チェスターコート コーデ

チェスターコートにパーカーを組み合わせるのは、意外な感じがするかもしれません。チェスターコートはフォーマルな印象のあるコートなので、シックで重厚に感じることがありますが、パーカーを合わせることでほどよくカジュアルダウンすることができます。パーカーは、ゆったりと着こなすことで「カジュアル過ぎる」「子どもらしすぎる」といった印象ではなく、むしろ余裕がある大人の雰囲気を出すことができます。そのため、チェスターコートに合わせるのにもおすすめのアイテムです。

キャメルのチェスターコートに白パーカーを加えれば、全体が明るい印象になります。フロントジッパーなら開け具合を調整することで、印象も変わり、奥行きを作ることもできるので便利。黒やグレーなどの落ち着いた色のチェスターコートには、深いグリーンのパーカーを組み合わせるのがおすすめです。色味を抑え、パンツや靴も落ち着いたトーンで合わせれば、シンプルながらモード感も出すことができます。

色やデザインで雰囲気が変わるチェスターコートを着こなそう!

チェスターコート コーデ

チェスターコートは、モノトーンやブラウン系を選ぶと上品になり、しっかり感を演出できます。また、インナーにパーカーを選んでカジュアルダウンするとまた印象が変わり、バランスが取れます。コーディネート次第で実は幅広く使うことができるアイテムで、1枚持っているととても便利です。公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」は豊富な品ぞろえで、好みのコーデを組み合わせることができるので、試してみてはいかがでしょうか。

「.st(ドットエスティ)」でチェスターコートをチェック