結婚式のコーデ・服装のマナーをアイテム別におさらい!

初めに、結婚式に参列する際のコーデとして重要な「ドレス」「アクセサリー」「靴・ストッキング」の3つのアイテムについて、それぞれのマナーや押さえておきたいポイントを紹介します。

-ドレス

結婚式コーデ

まず、意識したいのは、「結婚式の主役は新郎新婦である」ということです。いずれのアイテムを選ぶ際にも共通することですが、結婚式に参列する際の服装選びでは、自分のおしゃれよりも主役をお祝いする気持ちを表現できる服装を心がけましょう。参列する側の女性の服装としては、フォーマルウエアであるワンピースやドレス、和装などが一般的です。

次に色合いについてですが、絶対に避けるべき色は「白」です。結婚式において白は、花嫁の色とされています。

そのため、白を着ていくとマナーを知らないと思われ、悪目立ちしてしまう恐れがあるのです。完全な白ではなくても、光の加減や写真に写った際に白っぽく見えてしまう色は、避けたほうが無難でしょう。メインとなるワンピースやドレスが誤解されそうな色の場合は、羽織やバッグなどのアイテムで、全身白に見えないような工夫が必要です。また、全身「黒」も喪服を連想させるため、お祝いの場ではふさわしくありません。メインが黒であっても、そのほかの小物に明るい色のアイテムを取り入れるなどして、喪服とは異なる印象を演出しましょう。

動物からつくられた革素材やファー素材も、「殺生」を連想させるため、結婚式では避けるべきとされています。現代では、結婚式でファーを身に着けたゲストを見かけることも多くなってきましたが、賛否が分かれる部分でもあるため、避けておいたほうが無難でしょう。チャイナドレスなども、民族衣装としては正装にあたるものの、特別な理由がない限りは選ばないのが一般的です。また、「大胆に肩が出ている」「スカートの丈が短すぎる」といった露出が激しい服装も控えるべきとされているので注意しましょう。

-アクセサリー

結婚式 コーデ

結婚式のコーデのなかでも、特に小物やアクセサリー類には、結婚式のスタイルや時間帯によって異なるマナーがあります。基本的には、色合いやつくりなどが派手すぎず、会場やゲストの雰囲気と離れすぎないことを意識しましょう。そのうえで大切なのが、時間帯による配慮です。たとえば、昼間に行われる結婚式では、スワロフスキーやダイヤといった光り物は避けるべきとされています。なぜなら、写真を撮る際にアクセサリーがフラッシュに反射して、周囲の写りを邪魔してしまう恐れがあるからです。そのため、昼間は定番のパールなど、落ち着いた印象のものを選ぶといいでしょう。

一方で、夜の結婚式の場合は、会場に華を添えるキラキラと輝くアクセサリーが歓迎されます。とはいえ、あまりに華美なものは浮いてしまう恐れがありますので注意しましょう。また、ティアラや花冠などの生花は、かわいらしいアイテムではあるものの、花嫁と重複する可能性があるため避けるべきアイテムの一つです。一般的には、キャラクターものやカジュアルすぎるデザインのアクセサリーも場に合わないとされているため、避けたほうがいいでしょう。普段から腕時計をしている人は、時間を気にしていると思われるため、外しておくのがマナーです。

-靴・ストッキング

結婚式 靴

結婚式で着用する靴は、露出を控えた「パンプス」が基本です。ぺたんこ靴とも呼ばれるフラットシューズは、カジュアルな印象になってしまうため避けたほうが無難です。フォーマルな場である結婚式では、3センチ以上のヒールがあるものが望ましいでしょう。つま先が出るサンダル、ミュール、オープントゥなども、現代では結婚式で見かけることもままあるものの、基本的には避けるべきアイテムとされています。心配であれば、一般的なパンプスや、つま先が隠れるタイプのバックストラップなどを選んだほうが安心です。

ちなみに、結婚式での素足はマナー違反です。すっぴんと同等のマナー違反にあたると考えられていますので、必ずストッキングを着用しましょう。ただし、黒のストッキングは葬儀のときに着用するイメージがあるため、肌の色にあったベージュを選ぶのが一般的です。薄手のタイプは、特に伝染しやすいため、万が一の場合に備えて予備のストッキングも用意しておきましょう。そのほかのカラータイツや網タイツなどは、カジュアルな印象になるため避けるべきです。

ナチュラルなストッキングのなかにも、足首にワンポイントがはいったタイプなどがあります。ストッキングでもおしゃれをしたい場合は、そのように控えめなものを選ぶといいでしょう。結婚式に参列する場合は、靴・ストッキング選びにおいても、結婚式の雰囲気やゲストの雰囲気に合わせることが大切です。

アイテム別!結婚式におすすめのコーデ

結婚式コーデ

次に、結婚式のおすすめコーデについて「アウター」「シューズ」「バック」の3つのアイテム別に紹介します。

-アウター

結婚式 アウター

結婚式のドレスは、それだけでは防寒ができません。お呼ばれする季節が寒い時期であれば、必ずアウターが必要になるでしょう。しかしながら、カジュアルすぎるものは避けたいため、迷ってしまう人が意外と多いアイテムでもあります。なかには、「アウターはクロークに預けるのだから、それほどマナーを気にしなくていいのでは」と考える人もいるかもしれません。しかし、駅から式場への移動はもちろん、式場から2次会会場に移動する際などはアウターを羽織る必要があるため、そこで大勢の参加者の目に触れる可能性があることを意識しておきましょう。

まず、避けたほうがいいアイテムは、カジュアルな印象が強いダウンジャケットや、幼い印象になってしまうダッフルコートです。ファーがついているものや、革製のものも、これまでに紹介したアイテムと同様の理由で控えたほうが安心です。ファーがついている場合は、取り外しが可能であれば外しておきましょう。また、アウターの色についても白は避けたほうが無難です。一方で、フォーマルコーデにおけるアウターの定番といえば、「トレンチコート」です。現代ではさまざまなデザインのトレンチコートがありますが、ドレスに羽織る目的であれば、上品かつシンプルなデザインのものを選ぶといいでしょう。

また、テーラードジャケットの着丈を伸ばしたような「チェスターコート」もフォーマルなシーンで使えるアウターです。スタイリッシュで、ややハンサム感のある印象になるため、上品のなかにおしゃれさも取り入れたいときに便利でしょう。さらに、裾にふんわりとしたボリュームがある「フレアコート」も、フォーマルでありながら、女性らしさを演出してくれるアイテムです。ドレスに羽織っても映えるため、おしゃれな着こなしができるでしょう。

-バッグ

結婚式 バッグ

結婚式では、女性はバッグを持ち運ぶことになります。もちろん、バッグにもマナーがあるので注意が必要です。まず、衣服と同じくカジュアルすぎるものやレザーなどの動物革は結婚式にはふさわしくないので避けましょう。また、サイズが大きすぎるものもフォーマルな場では違和感があるため、気をつけなければいけません。ロゴやキャラクターが目立つブランドバッグも、悪目立ちしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

小さめのバッグであれば、持ち運びしやすく披露宴会場でも膝の上やイスの背もたれ部分に置けるため邪魔になりません。定番は、「クラッチバック」や「ショルダーバッグ」でしょう。高級感のあるものや、ラメやスパンコールなどがあしらわれた華やかな印象のバックも結婚式には向いています。また、全体的なコーデとしても、小さいバッグは差し色に活用できるアイテムです。全体のバランスをみて、明るい色を使うのも効果的でしょう。

ドレスでおしゃれをしたい!季節感があるコーデとは?

結婚式コーデ

ドレスは、季節感のある色を上手に取り入れることで、季節感をあしらった式場や、ゲストの雰囲気とも調和したコーデになりやすいです。たとえば、春はピンク系や緑系のドレスであれば、季節に合った明るい印象になるでしょう。夏であれば、ブルー系のドレスを選ぶと爽やかな印象になります。白のストールと組み合わせれば、なお明るく夏らしくみえます。秋の場合は、落ち着いた深みのある色のドレスがおしゃれです。たとえば、グリーン系やカーキ系、ボルドー系なども季節によくなじむでしょう。

ブラウンであれば、大人の女性らしい上品な印象になります。冬は、ワインレッドのような華やかな色や、ツヤ感のある鮮やかなグリーンなども女性らしい美しさを引き立ててくれます。

結婚式の定番ドレス・ワンピースをシーン別に紹介

結婚式コーデ

結婚式で着るにふさわしいドレスやワンピースは、主役との関係性によってやや異なる場合があります。次に、「親族」「友人」「会社関係」の3つの関係性において、それぞれのシチュエーション別にふさわしい着こなし・コーデを紹介します。

-親族の結婚式

親族の結婚式に出席する場合は、ゲストからもごく近い関係者としてみられるため、「きちんと感」を演出することが重要です。目立ち過ぎず、かといって地味すぎない、上品なコーデを意識しましょう。ネイビー色のワンピースをメインにしたコーデであれば、エレガントで落ち着いた雰囲気でありながら、パールなどの小物を合わせることで華やかにもみせることができます。体型が気になる場合、上半身がコンパクトなロング丈ワンピースであれば、すっきりしたシルエットになるため、スタイルを美しくみせられるでしょう。

デザインに奥行きが欲しい場合は、フリルやギャザーなどがあるタイプであれば、立体感を演出できます。ネイビーは、落ち着いたベーシックカラーなので、小物で色を加える場合にもなじみやすいという特徴があります。ネイビーだけだと物足りないと感じるのであれば、小物としてアイボリーのクラッチバッグを選んだり、足元のパンプスを赤にしたりすることで、華やかさを演出することができるでしょう。

-友人の結婚式

友人の結婚式に参列するケースでは、ピンクやレッドなどの明るい色のドレスが喜ばれます。なぜなら、明るい色には会場を彩ったり、写真映えを助けたりする効果があるからです。また、ピンクには柔らかく、大人かわいさを演出してくれるほか、見る人に幸福感を感じさせるという効果も期待できます。そのため、結婚式のようなお祝いの席では、縁起の良い色なのです。青みがかったピンクに抵抗がある場合は、オレンジがかったコーラルピンクを選ぶといいでしょう。

コーラルピンクは、日本人の肌によくなじみます。比較的年齢を選ばず、健康的な印象になるため、ノースリーブや足元から見える素肌もヘルシーな印象を与えられるでしょう。くすみピンクやパープルに近いピンクであればキュートな印象を抑えられるため、ピンクに抵抗がある人でも着こなしやすいかもしれません。また、華やかなレッドなども会場に彩りを添えられるため、花嫁から喜ばれる可能性があります。明るい色調の赤に抵抗がある場合は、深みのある落ち着いたレッドであれば大人らしく着こなしやすいでしょう。

-会社関係の結婚式

結婚式コーデ

会社関係の結婚式に出席する場合は、目立ち過ぎず、なおかつ華やかさを出せるコーデを意識しましょう。定番のカラーは、ブルーやグリーンです。ブルーは、洗練された知的な印象になるため、会社関係にはぴったりです。ブルーと一言でいっても、濃い青が特徴のロイヤルブルーから、パステルカラーの水色までさまざまな色があるため、自分に合う色を探しやすいでしょう。また、グリーンの寒色系ドレスもスタイリッシュな印象になるため、このようなシーンに向いています。

上品さのなかにもフェミニンさを出したいときは、レースやフリル付きのドレスを選ぶといいでしょう。秋や冬であれば、深みのあるグリーンのワンピースが季節感の出せるアイテムです。この色は、適度な華やかさと大人っぽさを兼ね備えているため、ビジネス関係の集まりのシーンにもマッチします。アイテムを合わせるときには、やさしげなアイボリーの小物にすると爽やかな印象になります。全体的な色のバランスもいいでしょう。

結婚式ではマナーを守りながらおしゃれを意識しよう!

結婚式コーデ

結婚式では、シチュエーションごとにある程度ふさわしい服装が決まっています。しかし、せっかくドレスを着られる機会ですから、おしゃれしたいと考える女性は多いでしょう。そんなときは、公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」であれば、結婚式のコーデにも役立つ好みのアイテムが発見できるかもしれません。何を着ればいいかわからないなどの悩みを抱えているのであれば、公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」でとっておきのコーデを見つけましょう。

「.st(ドットエスティ)」でフォーマルドレスをチェック