コーデの幅を広げるには?パーカーの種類

パーカーはおしゃれに欠かせない存在です。普段はあまりパーカーを着ないという人も、パーカーを取り入れることでまた違ったおしゃれを楽しむことができるでしょう。ここでは、コーデの幅を広げてくれるさまざまなパーカーを紹介します。

-プルオーバーパーカー

パーカー レディース

頭からすっぽりとかぶって着るプルオーバーパーカーは、パーカーの中でもっとも定番のタイプです。パーカーと聞いてイメージするのは、この形のパーカーではないでしょうか。パーカー初心者の人がプルオーバーパーカーを購入したいとき生地や着丈で悩んだら、はじめは短すぎず長すぎないものを選ぶのがおすすめです。定番の形を選ぶことで、トレンドに左右されることなく長く着ることができるうえ、合わせるボトムスの形も選びません。手持ちのボトムスや小物に合わせやすいので、まずは定番の形のものを1枚購入しておくのがおすすめです。

プルオーバータイプのメリットは、コーデを決めるときに悩まないですむことです。プルオーバータイプは基本的に1枚で着られるため、中に合わせるシャツなどを気にする必要がありません。また、白やグレーなど合わせやすい色のプルオーバーパーカーを選べば、どんな色のボトムスとも合わせられます。パーカーはフードが付いているので、トレーナーよりも存在感を出せるのも魅力のひとつです。ボリュームのあるフードのパーカーにアップスタイルのヘアアレンジを合わせてもかわいいですよ。ダウンスタイルのヘアアレンジにすると、大人っぽい印象になります。

-ジップアップパーカー・ハーフジップパーカー

パーカー コーデ レディース

ジップで前部を開け閉めできるタイプのパーカーも定番です。こちらもプルオーバータイプと同様に、トレンドに左右されず長く着ることができます。ジップがあるのでプルオーバータイプよりも脱ぎ着が楽で、季節の変わり目には軽めのアウターとしても便利に使えます。薄手のジップアップパーカーなら、夏でも冷房が効いた場所で使う羽織として持ち運んでも便利です。このように1年中着まわしができることもジップアップパーカーのメリットです。

ハーフジップパーカーとは、上部の途中までジッパーが開くデザインのパーカーのことをいいます。ジップを全部閉じて着るのはもちろん、ジップを少し開けてインナーやネックレスを見せたり、ジップを飾りとして楽しんだり、さまざまな着こなしが楽しめるパーカーです。首回りを広めに開けて鎖骨を見せることで女性らしさも演出でき、コーデの幅も広がります。タイトスカートやスキニージーンズを合わせれば、グッと大人っぽくなります。

-パーカーワンピース

パーカー レディース コーデ

着丈が長めのパーカーワンピースは、1枚でコーデが完成する優れものです。ロング丈のパーカーワンピースは、あえて重ね着するのもおしゃれです。1枚で着るものなので、あまりコーデの幅が出ないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、足元で印象をグッと変えることができます。スニーカーを合わせればリラックス感溢れる着こなしに、ヒールを合わせればきっちり感とゆったり感を両立した女性らしい着こなしになります。スリットが入っているパーカーワンピースなら、さらに女性らしさが際立つのでおすすめです。パーカーワンピースにボトムスを合わせるならストレートなデニムが無難でしょう。デニムとヒールを合わせれば、大人っぽい雰囲気のカジュアルコーデが完成します。

-マウンテンパーカー

パーカー レディース コーデ

マウンテンパーカーは、アウトドアファッションアイテムのひとつですが、普段使いのファッションアイテムとして注目されているパーカーです。カジュアルなコーデにはもちろん、ガーリーファッションも実現できます。ウエスト部分にしぼりが付いているものもあるので、シルエットを変えて楽しむこともできるアイテムです。マウンテンパーカーをガーリーに着こなしたい場合は、スニーカーなどのスポーティなアイテムにミニスカートなどガーリーなアイテムをミックスするのがポイントです。

カーキ、ホワイト、ベージュなどのナチュラルカラーのマウンテンパーカーを取り入れるときれいめな雰囲気を演出することができます。ガーリーなトップスと合わせれば、カジュアルと甘さのギャップを楽しめるでしょう。ネイビーなどの落ち着いた色を選べばカジュアルになりすぎないので、通勤時のアウターとしても活用することができます。シャカシャカ素材のマウンテンパーカーは水が染み込みにくいので、雨の日のアウターにもおすすめです。

コーデに活かしたいパーカーの生地・素材

パーカー レディース コーデ

パーカーにはいろいろな素材でできたものがあります。生地や素材によってコーデの雰囲気が変わることを知っておくと、よりパーカーの着こなしを楽しむことができます。まずは定番のスウェット素材です。スウェット素材のパーカーは、きっちりとしたアイテムの外し役としてコーデに取り入れるのがポイントです。上品なパンツやスカートにスウェット素材のパーカーを合わせれば、抜け感のある大人コーデになります。シンプルなアクセサリーや大人っぽい腕時計などもほどよく引き立ててくれます。

ワッフル生地は、でこぼこした質感が特徴の素材です。ワッフル生地のパーカーは、スタンダードな着こなしでもおしゃれ上級者に見える優秀アイテムです。やわらかい風合いなので、リラックス感のある大人のパーカーコーデを楽しめます。

大人の女性向け・パーカーコーデのポイント

パーカーを着ると子供っぽくなってしまうのではないかと心配な人もいるかもしれません。ここでは、大人の女性がパーカーコーデを楽しむうえで押さえておきたいポイントを紹介します。これらのポイントを押さえておけば、パーカーを女性らしく着こなすことができるでしょう。

-首回りが見えるパーカーを選ぶ

パーカー レディース コーデ

パーカーは首回りのゆとり具合で印象が変わります。首が見えないほど詰まったパーカーを選んでしまうと、幼い印象を与えてしまいます。鎖骨が軽く見えるくらいゆとりのあるパーカーを選べばコーデに女性らしさが生まれ、小顔効果も期待できるということを覚えておきましょう。パーカーコーデ初心者には、パーカーの中にシャツが1枚着られるくらいのサイズ感がおすすめです。首回りにゆとりを持たせようとオーバーサイズやメンズパーカーにチャレンジしても、組み合わせを間違えると幼く見えてしまうことがあるからです。

また、ぴったりしたサイズのものを選んでしまうのも着太りして見えることがあるので、おすすめしません。シャツが1枚着られる程度の程よくゆとりのあるパーカーを選ぶようにしましょう。首回りに余裕があれば、女性らしい揺れるタイプのピアスやイヤリングを合わせてもフードが邪魔をせずにおしゃれを楽しめます。

-フラットシューズやスニーカーを履く

パーカーコーデを楽しむとき、足元はフラットシューズがおすすめです。フラットシューズは足の甲が見えるので脚長効果があり、つま先が尖ったタイプのシューズを選べば色気のある足元を演出できます。ジーンズと女性らしいフラットシューズを合わせれば、パーカーの抜け感と足元の女性らしさがマッチしておしゃれに見えるでしょう。

普段からスニーカーを愛用している人には、白いスニーカーがおすすめです。パーカーにポップな色合いのスニーカーを合わせると、幼さが強調されてしまうことがあるからです。真っ白なスニーカーなら清潔感のある大人っぽい足元になり、どんな色のパーカーとも合わせやすいでしょう。

春夏秋冬のパーカーコーデ

パーカーは1年中楽しめるファッションアイテムです。ここでは、春夏秋冬それぞれのおすすめパーカーコーデを紹介します。季節ごとに変わったパーカーの着こなしがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

-春のパーカーコーデ

レディース パーカー コーデ

やはり春は明るい色を着こなしたい季節ですよね。白いパーカーならまだ肌寒い時期でも春を先取りできて、暖かくなってからも活躍します。デニムジャケットとパーカーを合わせたカジュアルなコーデも人気です。子供っぽくならないためには、ボトムスや小物を黒などのダークカラーでまとめるのがコツです。大人っぽいアクセサリーをさりげなく合わせても、女性らしさを演出できます。まだ寒い時期なら、コートと合わせるのもおすすめです。チェスターコートを合わせれば、シンプルで大人っぽいコーデに仕上がります。春らしさを取り入れるためには、かごバッグなどの春らしい小物を取り入れるようにしましょう。また、コート+パーカーを足首が見えるパンツスタイルに合わせても、重たくなり過ぎず春らしい印象になります。

-夏のパーカーコーデ

パーカー コーデ

夏には着脱して体温を調節できるジップアップパーカーが活躍します。夏でも冷房の効いた室内や夕方以降の冷え込みで肌寒く感じる場面は多くあります。そんなときに簡単に羽織れるように、フルジップタイプのパーカーを持ち運んでおくと便利です。マキシ丈のワンピースにジップパーカーを合わせるだけで、夏らしいコーデが完成します。リゾートにもおすすめのスタイルです。UVカット素材のパーカーもあるので、日焼け防止の面でも夏のパーカーは大活躍してくれますよ。

外で暑くなって脱いだパーカーは、バッグにしまわずウエストに巻きつけるのがおすすめです。パーカーを巻くことによってウエストの位置が高く見えるので、スタイルアップ効果が狙えます。また、夏で露出の多いスタイルの場合はパーカーを腰に巻くことでヒップラインをカバーしてくれます。羽織としてだけでなく、スタイルアップのためにも夏のパーカーは役立つでしょう。

-秋のパーカーコーデ

パーカー コーデ

秋のパーカーコーデのポイントは、カラーです。からし色や茶色、赤茶色などの秋らしく少しダークな色が印象に残りやすいでしょう。黒や白、グレーなど定番カラーのパーカーに、秋色の小物を合わせるのもおすすめです。秋は重ね着も楽しめる季節なので、無地のデザインのものを選ぶと他のアイテムと合わせやすいです。秋らしいチェック柄のボトムスと合わせてもガーリーなスタイルに仕上がります。Gジャンやライダースジャケットなどのカジュアルなアウターとも相性抜群です。ダウンベストや、ブーツや帽子などの小物を合わせても楽しめます。テーラージャケットやチェスターコートにパーカーを合わせると、上品かつカジュアルな秋の着こなしを演出できます。

-冬のパーカーコーデ

パーカー コーデ

冬のパーカーコーデは、気温や天気を重視して選びましょう。小春日和にはパーカーの上にショート丈のアウターを羽織るだけで暖かく過ごせます。プルオーバータイプのものを選べば、アウターと重ね着してもすっきり着こなせます。ジップアップタイプと違って前部が完全に閉じているので、防寒面でも優れているのがプルオーバータイプのメリットです。ただしジップアップパーカーでも、アウターとの重ね着は可能です。ジップを閉じてトレーナー風に着こなしたり、パーカーの中のトップスを見せるような着こなしにしたり、見せ方はさまざまです。気温によってジップを開けたり閉じたりできるので、体温の調節も簡単にできるのもメリットです。

寒い日はロングコートとパーカーのコーデがベストでしょう。きれいめなチェスターコートからパーカーのフードを出すことで、カジュアルな印象を与えられます。重たい印象にならないように、ロングコートとパーカーを合わせるときはタイトスカートなどを合わせるのがおすすめです。しっかり着込んでも、すっきりした印象を与えられます。また、コートの袖からパーカーの袖を少し見せるのも、おしゃれ上級者のテクニックです。

パーカーを取り入れたコーデで大人ならではのカジュアルを実現!

パーカーを取り入れたコーデは、ポイントをしっかり押さえれば子供っぽくはなりません。パーカーは1年を通して楽しめる便利なアイテムです。日々のおしゃれに、ぜひパーカーを取り入れてみてください。さまざまなブランドが揃う公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」なら、きっと自分好みのパーカーが見つかるはずです。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

「.st(ドットエスティ)」でパーカーをチェック