まずはテーパードパンツの特徴を押さえよう

テーパードパンツ

テーパードパンツを取り入れておしゃれなコーデにするためには、まずテーパードパンツの特徴を押さえておくことが大切です。具体的にどのような特徴があるのか、ここで一通り確認しておきましょう。

-そもそもテーパードパンツとは?

テーパードパンツとは、裾のほうに向かって次第に細くなっていくデザインのボトムスのことを指します。テーパードという言葉には「次第に細くなっていく」という意味があり、ネーミングにそのまま使われています。先細りのデザインのおかげで、太ももにはゆとりがあり、足首に近付くにつれて絞られていく構造になっているので、太ももが張っている人でも楽に着こなせるのがテーパードパンツの特徴といえるでしょう。

スタイリッシュに着こなすことができるため、履いたときの見た目はスキニーパンツとよく似ていますが、実際は別物です。スキニーパンツとテーパードパンツの違いとしては、スキニーパンツが太ももから足首にかけて全体が絞られている細身のパンツとなっていることに対し、テーパードパンツでは太ももやウエストがゆったりとしている点にあります。

-テーパードパンツのうれしいメリット

テーパードパンツ

テーパードパンツの持つ独特のシルエットはいろいろなメリットをもたらします。まず、一番に挙げられるのは、足の太さを気にする必要がないということでしょう。太ももにゆとりがあるテーパードパンツは汎用性が高く、誰でも簡単にコーディネートを楽しむことができます。細身のパンツが苦手な人や、足の太さにコンプレックスがある人には特におすすめのシルエットといえるでしょう。

スタイルアップ効果が期待できるというのもテーパードパンツの特徴です。脚が長く見えるデザインなので、コーデ全体のシルエットもきれいに見せることができます。ハイウエストのテーパードパンツなら脚長効果は抜群なので、足が短いことで悩んでいる人でも気軽にファッションに取り入れることができるでしょう。

適度にフォーマルで使いまわしやすいのも嬉しいポイントです。下半身がすっきりと見えるシルエットでキッチリした印象を与えることができるので、ビジネスシーンにもおすすめのパンツといえるでしょう。もちろんプライベートでも使うことができ、カジュアルなアイテムと合わせても違和感なくおしゃれを演出することができます。

リラックスできる履き心地もテーパードパンツならではの特徴です。スキニーパンツのように窮屈に感じることがなく、ゆったりとリラックスしながら履くことができます。快適な履き心地を保ちつつ、きれいなシルエットでこなれ感を出したい人にはもってこいのパンツではないでしょうか。

テーパードパンツのおすすめカラーは?

テーパードパンツ

テーパードパンツはきれいなシルエットが特徴ですが、どのような色を選ぶかによって印象が変わってきます。定番に使えるのはブラックやグレーなどの黒系カラーで、トレンドはベージュやブラウンなどの茶系カラーとなっているので覚えておきましょう。

初めてテーパードパンツを入手するという場合は、黒系やベージュなどのベーシックカラーを選べば、どんなアイテムにも合わせられ、幅広く使うことができるのでおすすめです。ベーシックカラーのテーパードパンツをコーデに取り入れるときは、差し色のバッグや靴でアクセントを加えてみると、全体のバランスがとれるので試してみてください。

コーデ全体が地味な色調のときは、テーパードパンツでグリーンやブルーなどのアクセントカラーを取り入れるとよりおしゃれ感がアップします。オフィスカジュアルのシーンでは、トラッド感のあるストライプ柄やチェック柄を取り入れると、オフィスの中でも違和感なく溶け込むことができるでしょう。

また、テーパードパンツはキッチリとしたイメージが強調されるので、オシャレな革靴や上質なパンプスと合わせればより上品な雰囲気を演出することができます。そして、カットソーなどのアイテムと合わせてカジュアルダウンすれば、プライベートシーンにも適度に馴染むことができます。

自分に合ったテーパードパンツの選び方とは?

テーパードパンツ

テーパードパンツは履き心地もよく、気軽におしゃれを演出することができる便利なアイテムであることに間違いありませんが、取り入れるときはサイズやデザインを間違えないようにしなければなりません。自分に合ったサイズやデザインのテーパードパンツを選ぶことで、コーディネートもしやすくなります。この段落では、自分に合ったテーパードパンツの選び方を紹介していきます。

-7~9分丈が丁度いいサイズ感

テーパードパンツは丈が長すぎると足首のあたりが重い印象になってしまい、テーパードパンツの持つきれいなシルエットを生かすことができません。また、短すぎてもこなれていない印象になってしまうので注意が必要です。目安としては、7~9分丈で足首をのぞかせる程度のサイズ感を意識しましょう。7~9分丈なら、サンダルやパンプスを履いたときにもくるぶしが見えて女性らしい印象を与えることができます。アンクル丈のブーツを履くときなどにもよりおしゃれに見せることができるでしょう。

足首がのぞいていると、脚の細さや長さが強調されて全体のスタイルもよく見えるようになります。かといって丈が短すぎると逆効果になるため、あくまでくるぶしが少し見える程度の長さを意識することが大切です。

-スタイルアップできるデザインかどうか

脚を長く見せたい場合は、センタープレスがあるテーパードパンツを選ぶとより効果的にスタイルアップすることができるでしょう。センタープレスとは、パンツの中央にアイロンなどでつけられた折り目のことを指します。縦にまっすぐ線が入っていることで縦長のラインが強調されるので、脚が長く、すっきりとして見える効果を得られます。

センタープレスの入っているテーパードパンツは、入っていないものよりもキッチリ感を出すことができるので、オフィスコーデにぴったりです。腰まわりや太ももの太さが気になる場合は、ウエストにタックが入っているテーパードパンツを選ぶといいでしょう。タックパンツは、ワンタックやツータックなど種類がいろいろありますが、タックが多く入っているほど履いたときのゆとりも大きくなり、腰まわりや太ももの太さをカバーしてくれます。

テーパードパンツは、1つか2つタックが入っているものが主流となっていますが、タックが入っていないテーパードパンツもあり、履き心地やシルエットに影響を与えます。購入するときはしっかり確認するようにしましょう。

全体的にスタイルアップしたい場合は、裾の部分がなるべく細く絞られているものを選ぶとよりスタイリッシュに着こなすことができます。「Aライン」「Iライン」「Vライン」といったファッション用語があるように、コーディネートでは服のラインを意識しておく必要があります。足が太かったり短かったりで悩んでいる場合は、上半身にボリュームをもたせて下半身は裾に向かってだんだん細くなるようなシルエットを意識すると、スマートになってさらにスタイルが良く見えるので、コンプレックスを気にすることなくおしゃれを楽しむことができるでしょう。

テーパードパンツコーデのポイントとは?

テーパードパンツ

テーパードパンツを取り入れながらコーディネートする場合、「トップスとのバランス感を考えること」、「適度にカジュアルダウンすること」の2点を意識しておくことで、よりテーパードパンツの魅力を引き出すことができます。これら2点のポイントはコーディネートにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。この段落では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

-トップスの丈感を工夫してバランスよく

トップスは長すぎない丈感のものを選んでバランスよく着ることを心がけましょう。特に股上の深いテーパードパンツの場合、トップスの丈が長すぎると、テーパードパンツのきれいなシルエットが隠れてしまうので、テーパードパンツの持つ本来の良さが薄れてしまうかもしれません。コーディネートにメリハリをつけるために、長すぎるトップスはパンツにインするなどして全体をすっきりとまとめることを意識しまししょう。

裾は必ずしもすべてパンツにインしなければならないわけではありません。前だけパンツに入れるなど、部分的にインすることで上手にこなれ感が演出できるのでぜひ試してみてください。

腰まわりの大きさなどにコンプレックスを抱いている人は、反対に丈の長いトップスを合わせてみるのも一つの手です。裾が腰まわりやヒップを隠してくれるうえ、テーパードパンツの脚長効果も相まってスタイルを良く見せることができます。

-カジュアルアイテムと合わせてコンサバ感を抑える

テーパードパンツはスタイルがきれいに見えるアイテムですが、合わせ方によってはコンサバ感が強調されやすくなってしまいます。フォーマルなアイテムで固めてしまうと近寄りがたい雰囲気になってしまう可能性があるので、カジュアルなざっくりニットやパーカーと合わせたり、オーバーサイズのトップスをインしたりして、オトナでありながらも少しかわいさを演出することが大事です。

そのほかにも、スニーカーやフラットシューズと合わせてメンズライクなコーデにしてみるのも面白いかもしれません。コーディネートはテーマを統一したほうがいいと思うことが多いですが、あまり同じ系統のアイテムばかり揃えてしまうと野暮ったくなってしまうことがあります。テーパードパンツがキッチリしているからといって、必ずしも他のアイテムもキッチリした物を選ばないといけないわけではないので、柔軟な考えを持ってコーディネートすることが大切です。

シーンごとのテーパードパンツコーデ例を紹介!

テーパードパンツ

テーパードパンツを取り入れたコーディネートのポイントを押さえたところで、実際に生活していくうえではどのようなコーディネートがあるのか学んでおくと、自分のファッションにも上手に生かすことができるでしょう。ここからはビジネスシーンやプライベートシーンなど、それぞれのシュチエーションでおすすめのコーディネートを紹介していきます。

-ビジネスシーンのきれいめコーデ

ビジネスシーンでは、あまりくだけたコーディネートならないように気をつけなければなりません。カラーに関しては、シックなイメージを与える黒やカーキのテーパードパンツがおすすめです。トップスもあまりラフなものを選ばず、きれい目のカットソーをタックインしたり、ボトムスと同系色のヒールに合わせたりするとビジネスシーンにうまく溶け込むことができます。足長効果も期待できるので、”デキる女”を演出するにはぴったりのコーディネートといえるでしょう。

-休日シーンのカジュアルコーデ

休日はリラックスできるゆったりとしたシルエットのアイテムを取り入れるといいでしょう。「apartbylowrys(アパードバイローリーズ)」のPピンタックテーパードパンツは、タックが入っており、腰回りや太ももにゆとりがあるので、プライベートシーンにおすすめのアイテムとなっています。サイズも、S・M・Lの3サイズあるので、誰でも気軽に着こなすことができるでしょう。ベージュの優しい色合いは、休みの日でも緊張感を与えることがなく、オン・オフをしっかり切り替えることができます。適度なキッチリ感も演出できるので、リラックスしながらもルーズな印象を与えることがない優れたアイテムとなっているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

テーパードパンツ

-デートシーンのフェミニンコーデ

テーパードパンツは、トラッド感の強いアイテムでありますが、デートシーンなどでかわいらしくコーディネートすることも可能です。甘い白のレースブラウスに、こなれ感のあるベージュのチノテーパードパンツを合わせるとそれぞれの特徴が適度に調和されるので、甘めのコーディネートが苦手な人でも気軽に取り入れることができます。

また、小物を活用するときは、ナチュラルな雰囲気を演出するためにブラウンで統一することを意識しましょう。フェミニンなコーディネートでもあざとくなる心配がありません。

「LEPSIM(レプシィム)」のソフトチノテーパードパンツ(ベージュ)やジャガードブラウス(ホワイト)のようなアイテムは、ここで述べたようなコーディネートを上手に再現してくれるのでおすすめです。

ジャガードブラウス
テーパードパンツ

シーンに合わせたコーデでテーパードパンツの魅力を生かそう

テーパードパンツ

テーパードパンツは体形をうまくカバーしてくれるアイテムですが、サイズやカラーなど、選びかたのポイントを押さえておかなければなりません。また、コーディネートを考える際はオフィスシーンやカジュアルシーンなど、それぞれのシュチエーションを考慮することが大切です。さまざまなポイントを押さえながらテーパードパンツの魅力を生かしていくことで、上手にスタイルアップすることができるでしょう。

「.st(ドットエスティ)」でテーパードパンツをチェック