コーデュロイパンツってなに?

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツをうまくコーデに取り入れるためには、まずコーデュロイ生地の特徴から学ぶとよいでしょう。まずは、コーデュロイの概要とコーデュロイパンツの特徴について詳しく紹介していきます。

-そもそもコーデュロイとは

コーデュロイとは生地の種類の呼び方で、表面に毛羽がつけられていて畝が縦に入っています。素材は、主にコットンでできているものです。ブラッシングすると毛羽が立つので、独特の柔らかい光沢が出るように縫製されています。もともとはイギリスの上流階級のカジュアルウェアなどに使われていたのですが、1950年代以降にアメリカのアイビーリーガーの間でブームになりました。

日本では1960年代からアメカジスタイルの生地として広まり、カジュアルなイメージで愛され続けています。コーデュロイ生地は畝の幅によって見た目の印象が変わるのが魅力の1つです。畝が広いほどカジュアルな印象になり、狭いほど優雅な雰囲気を漂わせます。この印象の違いをうまく生かすことも、コーデュロイパンツのコーデの基本テクニックの1つです。

-コーデュロイパンツの特徴とは

コーデュロイパンツの特徴は他の生地にはない畝によって生まれています。まず、大きな違いは毛羽立った畝によって高い保温性が確保されている点です。なめらかな生地と違って、コーデュロイ生地には独特のボリューム感があります。

簡単にいえば「厚い」のですが、これは生地自体の厚みではなく、毛羽によってボリュームが出ているのです。この毛羽をよく見ると、繊維と繊維の間に空気層が出来ていることがわかります。空気には断熱効果があります。コーデュロイ生地では毛羽の部分にある空気が断熱層になるのですが、空気なので重さはなく、ボリュームがあっても軽くて保温性が高いのはそのためなのです。

コーデュロイパンツのもう1つの特徴として、機能性だけではなく見た目のフェミニンな魅力があります。コーデュロイ生地の持つ、ふんわりと表面が毛羽立った柔らかい見た目が優しげな印象を与えるのです。そのため、コーデュロイパンツは、フェミニンな女性らしさをプラスしたいときにもおすすめのアイテムです。

断熱性能が高いため、一般的には秋冬の定番とみなされていますが、実は春の装いにも最適なアイテムといえます。コーデュロイ生地の独特な表情はのっぺりとした普通の生地よりも深みが感じられます。そのため、コーデュロイパンツの独特の「こなれ感」を生かした春のコーデにも注目が集まっています。カラーやシルエットによっては春にぴったりのアイテムにもなるのです。甘めのふわふわ感が春のゆるいコーデにマッチしてかわいらしい仕上がりが楽しめます。

コーデュロイパンツを着こなすポイントは?

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツを着こなすためには活用したいポイントがいくつかあります。まず、コーデュロイパンツでコーデ全体がぼてっとして見える場合があります。生地自体が厚手な印象を与えるのが原因です。こんなときには、トップスをインすれば印象が軽やかになります。

さらに、見た目のフォーカスポイントを別に用意するというテクニックもあります。たとえば、ファーバッグなどで視線を誘導するアクセントを加えれば、コーデの重点がパンツに偏らずバランスがよくなるのです。つぎに、ワイドなコーデュロイパンツでメンズライクになりすぎると感じたら、フェミニンなアクセサリーを加えましょう。たとえば、フレームの細いメガネなどで華奢さを演出すると、全体のコーデを女性らしく仕上げることができます。

さらに、カラーコーディネーションの工夫やカジュアルアイテムを生かすテクニックも使えます。コーデ全体にベージュなどの女性らしい色味を取り入れるのもポイントです。思い切って、スニーカーやオーバーサイズのパーカーなど、スケーター風のアイテムを合わせるのも新鮮です。生地の持つラフな感じを生かしたコーデも、コーデュロイパンツならではのおしゃれなルックスに仕上がります。コーデュロイパンツの持ち味の1つに、ゆるいシルエットがあります。このゆるさを心がけつつ、フェミニンなカラーを取り入れた「ゆるガーリー」コーデもおすすめです。小物にはトレンドカラーを取り入れると、さらにおしゃれ感をプラスすることができます。

コーデュロイパンツのおすすめカラーは?

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツの定番色といえば、ブラウン系を思い浮かべる人が多いでしょう。ブラウン系は秋冬の装いとしては季節感が演出できる基本色で、他のアイテムとも合わせやすい万能カラーといえます。まず手に入れるならブラウン系がおすすめです。同じようにコーデのしやすさを考えると、ベージュ系も外せません。ブラウン系よりちょっとおとなしめなので、ナチュラルなコーデが好みの人ならベージュのコーデュロイパンツがあれば着こなしの幅が広がります。

たとえば、シルエットの細いベージュパンツなら女性らしさ抜群のきれいめスタイルを強調できます。ブラウンやベージュ以外にも、コーデュロイパンツはカラーバリエーションが豊富なアイテムです。白や黒をはじめとして、カーキ、ネイビーなど、自分の好きなカラーをコーデに取り入れられることも魅力の1つといえます。コーデュロイ生地などの起毛素材は色によって表情が変わります。コーデュロイパンツのコーデを考えるときには、そのカラーの特徴に合ったものにすることが成功の秘訣です。

ブラウン系コーデュロイパンツのコーデ例を紹介!

コーデュロイパンツ

次に、カラー別にコーデュロイパンツのコーデ例を紹介します。まずは定番のブラウン系カラーのコーデをみていきましょう。

-ショートカーディガンと合わせてスタイリッシュに

ブラウン系のコーデュロイパンツのコーデ例として、まずおすすめなのがハイウエストのコーデュロイパンツとショート丈のカーディガンのコンビネーションです。この、ハイウエストのパンツとショートトップの組み合わせは、視線を上半身に集中させて脚が長く見えるため、スタイルの良さを強調できるのです。コーデュロイパンツには縦方向の畝があるため、脚長効果がさらにアップします。おすすめアイテムとしては「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」コーデュロイワイドパンツ(ベージュ)があります。

このコーデュロイパンツは厚手の生地を使っているため冬でも温かく、ワイドシルエットで履き心地もいい「ゆるコーデ」向きのアイテムです。コーデのポイントは、コーデュロイパンツよりショートカーディガンのカラーを濃い目にすることです。さらにパンツの色と同系色ではなく、補色にすると色の対比が強調されるので視線をトップに向けやすくなります。たとえば、パンツがベージュ系ならブルーかパープルあたりの色目のカーディガンにするとよいでしょう。

コーデュロイパンツ
コーデュロイワイドパンツ

-セットアップとハイカットスニーカーでメンズライクに

もう1つのブラウン系のコーデュロイパンツのおすすめコーデは、同素材のジャケットとの組み合わせです。トップとボトムを同素材にすると、スーツライクなイメージになるため、トラッドなボーイッシュさが印象的なコーデが楽しめます。足元は、ちょっと外してレザーではなく思い切ってキャンバス地のバスケットボールシューズなどを合わせるとトレンド感のある仕上がりになります。

ハイカットシューズ

-トレンチコートと合わせてきれいめに

スキニーなブラウン系のコーデュロイパンツは、トップにボリュームの出やすい秋冬のコーデを軽快に見せる万能アイテムです。ミスティウーマン サイドファスナースキニーパンツは、裾にファスナーが縫い込まれていて、フレアシルエットも楽しめます。ストレッチ性があるため、スキニーさと履き心地のバランスが絶妙です。このハイウエストなスキニーパンツに白ブラウスをレイヤードすれば全身のバランスがいいきれいめコーデが完成します。同系色のトレンチコートを重ねてワントーンに合わせるとさらにきれいめに仕上がります。

スキニーパンツ
プリーツブラウス

ブラウン系以外のカラーのコーデュロイパンツコーデ例を紹介!

コーデュロイパンツ

カラーバリエーションが楽しめるのがコーデュロイパンツの魅力です。ブラウン系以外のカラーにもそれぞれ特徴があるので、コーデのポイントを具体例と合わせてチェックしてみましょう。

-白系でほっこりと柔らかく

秋冬のアイテムはどうしても落ち着いた色目が多いため、重たい印象になることがあります。そういうときにおすすめなのが、白系のコーデュロイパンツです。たとえば、ラコレ 8Wコーデュロイストレートパンツなどは、トップの重たさを解消して秋のコーデを全体的に明るくしてくれるのです。特に、落ち着いた色目のオフホワイトは肌なじみがいいので適度にきれいめに仕上がります。また、純白に近いホワイトだと、コートやダウンなどダークな色あいのトップに合わないことがありますが、オフホワイトなら色のトーンの相性も問題ありません。

白系コーデュロイパンツに黒系のトップを合わせるモノトーンのメリハリコーデを楽しむときには、レオパード柄バッグなどでアクセントを入れると単調さがなくなります。逆に、オフホワイトのワイドパンツにオーバーサイズの白系ボアブルゾンを合わせるワントーンコーデなら、ほっこりとした優しそうな雰囲気が手に入ります。ダークな装いが多くなる秋冬シーズンには、白系アイテムは人目を引くため、緊張感のあるオシャレが楽しめるのです。

コーデュロイワイドパンツ

-黒系でスマートに引き締めて

黒系の色にはコーデ全体をスマートに引き締めてくれる効果があります。ゆるいシルエットが特徴のコーデュロイパンツは印象がぼやけやすいことがあるのですが、黒系にすればまとめやすくなるのです。コーデュロイパンツを取り入れてスタイリッシュにしたいなら黒系コーデに挑戦してみましょう。たとえばキレイめシルエットのワイドパンツは、秋冬のすっきりコーデの必需品です。コーデに黒のコーデュロイパンツを使ったコーデのポイントは、重くなりすぎないようにトップにピンクや白などの明るく淡いカラーを持ってくることです。また、トーンが抑えめの秋冬らしいアイボリーのタートルニットなども軽やかな印象の着こなしを演出できます。

タートルネックニット

-万能ネイビーでエレガントに

女性の肌や髪の色の美しさを最も引き立てる色はネイビーといわれています。また、ベーシックカラーのネイビーは、合わせるアイテムがどんな色であってもしっくりまとめることができます。そんなネイビーのコーデュロイパンツは秋冬コーデの万能アイテムでもあるのです。普段使いのボトムスとして、ぜひネイビーのコーデュロイパンツをワードローブに加えておきましょう。中太畝の素材感が際立つ「LAKOLE(ラコレ)」8Wコーデュロイストレートパンツ(ネイビー)などは、1本あれば着回しに困りません。

どのような色でも合わせやすいネイビーですが、特に白との相性は抜群です。見る人に上品で爽やかなイメージを印象づけることができます。たとえば、白のロングTシャツと合わせればジーンズ風で活動的なラフコーデになり、白トップスに合わせれば大人のイメージの上品コーデになるのです。さらに上品さを出したいときには、同系色のニットと合わせるテクニックもあります。ネイビー系のワントーンでまとめるとエレガントなたたずまいが楽しめるのです。

コーデュロイパンツ

-秋らしいカーキでハンサムに

カーキはコーデュロイパンツに秋らしさを上乗せしてくれるカラーです。ハンサムカラーはボリュームを抑えて引き締まった印象を与えるため、コーデュロイのほっこり感を抑えてくれる効果もあります。「Curensology(カレンソロジー)」ストレッチコーデュロイパンツ(カーキ)であれば、細番手の糸を使っているため、色と合わせてコーデュロイの繊細さも楽しめます。さらに、このパンツはテーパードシルエットになっているので美脚効果もあるのです。その他のシルエットのバリエーションとしては、細身シルエットのカーキパンツなどもおすすめです。オーバーサイズのCPOシャツを合わせれば、トレンドを感じさせる秋らしいスタイリングを楽しむことができるでしょう。

コーデュロイパンツ

色ごとのコーデ術を押さえてコーデュロイパンツを使いこなそう

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツは生地の色によって、また糸の番手によってイメージが変わってきます。それぞれの特徴を押さえておけば、カジュアル感だけではないおしゃれコーデ向きのロングシーズン使えるアイテムとして楽しめるのです。今回紹介したコーデを参考にして、ぜひコーデュロイパンツで「大人かわいい」着こなしに挑戦してみましょう。

「.st(ドットエスティ)」でコーデュロイパンツをチェック!