30代レディースコーデのポイントは?

チェスターコート

冬のコーデをよりおしゃれに見せるためには、まずは30代レディースコーデの基本的なポイントを押さえておくことが大切です。どんなに工夫してもポイントを外しているとコーデが野暮ったく見えてしまう原因に。30代のレディースコーデを成功させるためのポイントは次の4つです。

-色使いは明るめに

まず、30代レディースコーデでは、明るめの色使いを心がけましょう。「30代だから大人っぽくしよう」と考えるあまり、気が付くと地味な色中心のコーデになってしまっていませんか。春夏のコーデであれば自然と全体の色合いが明るくなるものですが、とりわけ秋冬はダークなトーンでまとめがちになります。全身を黒やグレーで統一すると無難な印象になりやすく、合わせ方によっては年齢よりも老けて見える場合もあります。30代はまだまだかわいさもアピールできる年齢ですので、守りに入るのではなく攻めの姿勢も残しておきましょう。

もちろん、若々しく見せようと過度に派手にする必要はありません。あくまで、遊び心は忘れずに、ユニークな色やデザインのアイテムをどこかにひとつ取り入れてみることをおすすめします。たとえば、積極的に明るい色のアイテムを加えるように意識すると、おしゃれで上品な印象のコーデに仕上がります。黒いジャケットとパンツなど重たい色をコーデ全体の基調にするときは、インナーを白にするなど軽い色をポイントで挿しておばさん見えしないように気を付けるのがコツです。

-シンプルほど上質なものを

次に、シンプルなアイテムほど上質なものを選ぶことも30代のレディースコーデには必要な要素です。シンプルなアイテムはバリエーションも豊富なため安く手に入れることも可能です。しかし、裏を返せば、デザインが単純だからこそ素材や仕立ての良し悪しがはっきりとわかるアイテムでもあります。また、肌や髪の質感、全体の雰囲気などが変わることから、20代の間に愛用していたプチプラアイテムが30代になったら似合わなくなるという現象もよく起きます。

30代になれば20代のときには手が出なかった上質なアイテムも検討できるようになりますよね。シンプルかつ上質なアイテムのメリットは、長く使うことができ、使い込むうちに愛着も湧いてくるので日々のファッションがさらに楽しくなることです。

すべてを上質なアイテムにする必要はありません。ひとつだけでもコーデに取り入れれば全体の印象がワンランクアップします。加えて、おすすめしたいのがECサイトなどでどんなアイテムがあるのかチェックする習慣を身に付けておくことです。上質なアイテムを実際に買わなくても、予算内で買えるアイテムを見極める感覚が磨けます。

-子どもっぽくならないように

子どもっぽくならないように工夫することも大事です。たとえば、体のラインを隠すようなオーバーサイズの服やふわふわした素材やデザインの服は、どうしても子どもっぽくなりがちです。特に冬は、重ね着によってシルエットが丸まりやすく、気を抜くと子どもっぽく見えやすくなるシーズンなので気を付けましょう。

30代の冬コーデとして子どもっぽい印象を打破するためには、Vネックや縦長シルエットを積極的に取り入れてシャープな印象を演出することです。

また、透明感や清潔感があるパステルカラーを冬コーデに取り入れるときは、なるべくマットなトーンを選んで大人っぽく仕上げるのがコツ。パステルカラーは本来「子どもっぽさ」や「甘さ」を演出するのが得意なカラーであり、大人っぽさも大事になってくる30代がコーデに取り入れる際にはテクニックが必要です。

-小物をうまく使って

最後に、小物をうまく使うことも意識しましょう。挑戦しやすいシンプルなコーデででも、おしゃれ度に差がついてしまうのは小物がうまく使えていないからです。

たとえば、凝ったディテールが施された個性豊かなデザインのバッグを肩からかける、大ぶりの華やかなアクセサリーをつけてみるだけでも、コーデに存在感が生まれます。アクセントカラーのパンプスで足元に魅力を添えるのも素敵ですね。やりかたはさまざまですが、30代らしい大人っぽさが光るさりげないこだわりをコーデにプラスするのがコツです。

また、30代は子育てや仕事など何かと忙しくなることが多い時期でもありますよね。家事や育児に追われ、コーデを考える時間が割けない場合もあるでしょう。上質な小物はそんなときの強い味方にもなります。どんなスタイルにも合わせやすく、コーデの魅力を底上げしてくれるお気に入りのアイテムをひとつ用意しておけば、忙しいときのファッション選びが楽になります。

冬の30代レディースコーデにおすすめのアイテムは?

チェックCPOジャケット

ここからは、冬の30代レディースコーデにおすすめアイテムを挙げていきます。まず、秋冬らしいゆったりニットです。素材やシルエットが柔らかいので着心地も良く、30代の女性にふさわしい大人の品格や抜け感を演出してくれます。

中でも、ケーブル柄のニットカーディガンやニットワンピースはコーデの鮮度を上げるトレンドのアイテム。Vネックのざっくりニットも、1枚でコーデを引き立ててくれ、華奢に見せてくれる効果も期待できます。合わせるアイテムを選ばないので、一着持っておいて損はないでしょう。

そして、秋冬の定番といえばチェック柄。コーデ全体に温かみをプラスしてくれ、着こなし方によってフェミニンとカジュアルのどちらも楽しめます。チェック柄のボトムスやジャケット、コートなどは特に要チェックです。

このほか、ダブルボタンジャケットやプリーツスカートも注目したいアイテムです。シックな雰囲気でありながらトレンド感も演出でき、オン・オフどちらの場面でも活躍してくれるでしょう。

30代レディースの冬のおすすめパンツコーデ。

Vネックニット

30代レディースコーデのポイントや注目アイテムを押さえたところで、ここからはパンツスタイルとスカートスタイルに分けて30代女性におすすめの冬コーデ例を紹介します。まずは、パンツスタイルのコーデ例を3つほど見ていきましょう。

-チェック柄パンツ×キャメルコートで優しく大人の甘さを。

30代女性におすすめの冬コーデ(パンツスタイル)例の1つ目は、「チェック柄パンツ×キャメルコート」。

トレンドのチェック柄ワイドパンツを取り入れつつ、キャメルコートで優しい雰囲気を加えるコーデは30代の大人の余裕を演出するのにぴったりです。襟なしのキャメルコートが甘くなり過ぎないようにインナーは黒ニットにして、足元も黒のローファーで引き締めることで大人可愛い印象になります。チェック柄でも大柄より小柄を選ぶと、より大人っぽくなるでしょう。

シンプルなスタイルなのでアイテムの質感をそろえ、全体的に統一感を出すのがおすすめです。コーデの主役であるキャメルコートの存在感を引き立てるために、アクセサリーはあえて控えめにするのがコツです。最後に質感の高い黒のレザーバッグを合わせれば文句なしでしょう。

ワイドパンツ

-トレンチコート×パーカーですっきりカジュアルに

30代女性におすすめの冬コーデ(パンツスタイル)例の2つ目は、「トレンチコート×パーカー」。

トレンチコートとパーカーというテイストの異なるアイテムをあえて組み合わせるユニークなコーデは、実は30代にこそおすすめしたい着こなしです。大人っぽい雰囲気のトレンチコートや黒パンツを合わせることで、パーカーの子どもっぽさが抑えられ、さらに絶妙なバランスによってコーデがあか抜けて見えます。重ね着によって上半身にボリュームが出やすくなるので、黒パンツをスマートなすっきりとした印象のスキニーデニムにして全体のバランスを取るのがコツです。

さらに、トレンチコートの腕をまくって着崩すと、こなれた雰囲気が演出できます。バッグは小さめのクラッチタイプにして、足元もスニーカーにすると良いでしょう。30代でもカジュアルなコーデを楽しみたい人におすすめのコーデです。

トレンチコート

-コーデュロイパンツ×スウェットを白でまとめてキレカジに

30代女性におすすめの冬コーデ(パンツスタイル)例の3つ目は、「コーデュロイパンツ×スウェット」。

一着で秋冬らしい印象になる白のコーデュロイパンツに白のスウェットトップスを合わせるだけなので、誰でも挑戦しやすく似合いやすいのが魅力です。存在感の強いファーのバッグやマフラーを合わせることで、シンプルなコーデがヴィンテージ感のあるきれいめカジュアルに。アクセサリーにパールやゴールドを取り入れて女性らしさをプラスするのもおすすめです。

白は顔映りも良く清潔感も出してくれるので、30代の大人コーデには欠かせないカラーです。全身白でまとめる場合は、トップスとボトムスで絶妙に色のトーンを変えるのがポイント。また、白を使って秋冬らしい印象に仕上げるためには、パンツは起毛素材にするなど季節感に合った素材選びが重要です。

コーデュロイパンツ

30代レディースの冬のおすすめスカートコーデ。

スカート

次に、30代の女性にふさわしいスカートスタイルのコーデを紹介します。秋冬らしい柔らかさが演出できるのがスカードコーデならではの魅力です。ここからはスカートスタイルのコーデ例を3つほど見ていきましょう。

-ブルーニット×ベイクドカラーのプリーツスカートで華やかに

30代女性におすすめの冬コーデ(スカートスタイル)例の1つ目は、「ブルーニット×ベイクドカラーのプリーツスカート」です。

TPOに合わせて、普段よりもすこし華やかな雰囲気に装いたいときもありますよね。そんなシチュエーションには、ブルーニットに茶色のベイクドカラーのロングプリーツスカートを合わせるコーデがおすすめ。ベイクドカラーのベイクドとは「焼く」という意味で、原色を少しくすませたような色のことです。秋冬のトレンドカラーとなっており、原色よりも落ち着いた色味なので30代にも似合いやすい色として注目を集めています。

少しゆったりとしたブルーニットにトレンドのベイクドカラーのロングプリーツを合わせることで、かちっとし過ぎず女性らしさが漂う大人コーデが完成します。微光沢のロングプリーツスカートに箔プリントを施しているので、上品でクラシカルな雰囲気も演出できるでしょう。さらに、ランダムプリーツなので、茶色のベイクドカラーでも動くたびに軽やかに見えます。足元を黒のショートブーツにすると、スカートの軽やかさがより引き立ちますね。

ホイルプリーツスカート
サテンプリーツロングスカート
アクアニットタートル

-CPOジャケット×タイトスカートをワントーンに合わせて大人カジュアルに

30代女性におすすめの冬コーデ(スカートスタイル)の2つ目は、「CPOジャケット×タイトスカート」。

30代になると20代よりも似合うアイテムも出てきます。その代表例がジャケットです。30代になるとジャケットがかっこよく着こなせるようになりますので、自信を持ってコーデに取り入れていきましょう。ジャケットを取り入れる場合、気を付けたいのが堅苦しい雰囲気になってしまうこと。ビジネスの場面のような着こなしではおしゃれに見えません。

その点、ビジネス感の少ないオフホワイトなど柔らかいカラーのCPOジャケットと同系色のIラインスカートを合わせれば、大人カジュアルなワントーンコーデに仕上がります。CPOジャケットを着こなすコツは、前をオープンにして襟元をゆるめにすることです。

ほど良い抜け感が出つつ、ジャケットなのでカジュアルになり過ぎず、ちょうど良いバランスが保てます。こなれた感じをプラスしたい場合は、ジャケットの袖をまくっておくと良いでしょう。Iラインスカートなので縦長ラインも強調され、スタイルアップも狙えます。

CPOジャケット

-セミフレアスカート×Vネックニットで上品に

30代女性におすすめの冬コーデ(スカートスタイル)の3つ目は、「セミフレアスカート×Vネックニット」です。

セミフレアスカートをハイウエストで履き、Vネックニットカーディガンをタックインすれば品格あるシックなコーデに。Vネックなので首回りがスッキリとして見え、スカートをハイウエストにすることで足長効果も生まれます。光沢のあるスエード素材のスカートは、適度に甘さを抑えて大人のフェミニンさを演出してくれるアイテムです。オレンジやピンク、パープルといったカラーでも、原色ではなくベイクドカラーであれば、30代女性にも良く似合います。

仕上げの雰囲気は小物で調節しましょう。より大人っぽい雰囲気にしたい場合は、高級感のあるファーバッグなどのアイテムでアクセントを加えたり、バッグと同系色のブーツを合わせたりするのがおすすめです。

スエードセミフレアスカート

30代レディースは大人カジュアルなコーデで冬を乗り切ろう

CPOジャケット

30代女性がおしゃれなファッションを楽しむポイントは、上質なシンプルアイテムを用意すること、そして明るめの色使いを心がけることです。そのうえで、子どもっぽく見えないようにサイズ感や素材選びにも注意しましょう。30代は20代では難しかった大人っぽいおしゃれが似合う年齢です。紹介したポイントを参考にして、ちょうど良い抜け感のある大人カジュアルコーデを目指していきましょう。

30代前半.st スタッフのスタイリングをチェック!
30代後半.st スタッフのスタイリングをチェック!