通勤コーデのポイントは?

ジャケット

コーデについて考える際には基本を押さえておくのが重要になってきます。通勤コーデの基本はなにかというと、まず、ハイゲージニットやシャツのようなアイテムでキレイめに仕上げることです。また、トップスはルーズすぎたり、ピッチリしすぎたりしない、ほどよくタイトなシルエットを選択すると、きちんと感が演出できて好印象につながります。さらに、スカートはウエストがキュッとしまったものを履き、くびれをさりげなくアピールすることでシルエットにメリハリがつきます。すると、きちんと感がより強調されることになるわけです。

やりすぎはNG!通勤コーデの注意点とは?

タートルニット

通勤コーデは、ぜひ押さえておきたいという基本パターンがある一方で、これは避けたいというポイントも存在します。まず、Tシャツや短パンなどのカジュアル感の強いアイテムは通勤コーデとしては相応しくありません。また、マキシ丈のロングスカートはしゃがんだり階段を昇り降りした際に裾が地面にふれてしまうので清潔感に欠けます。さらに、デニム素材のパンツもカジュアルなイメージが強いため、避けたほうが無難です。

それから、肩や腕、胸元や背中などを過度に露出させるのはご法度です。同様に、体の半分以上を占める派手なカラーや柄物も職場に着ていくと不真面目な印象を持たれかねません。ただ、きちんと感を演出するのが基本だといっても、そればかり意識しすぎると固い印象になってしまいます。適度な抜け感や差し色をプラスしてバランスを取るようにしましょう。

通勤コーデに役立つおすすめアイテムをチェック!

通勤コーデがなかなか決まらなくて困ってしまうということもありますよね。そんな場合でも軸になるアイテムがあるとすんなりと決まったりするものです。ここでは、おしゃれ女子の悩みを解消するために、通勤コーデに役立つおすすめアイテムを紹介していきます。

-ハイゲージニット

ニットは編み込みの仕方によってハイゲージニットとローゲージニットの2種類に大別することができます。まず、ハイゲージニットとは、一見編み目のわからない細かく編み込まれたニットのことです。それに対して、ローゲージニットは、ざっくりと粗く編まれたニットで、ハイゲージに比べると編み目や凹凸・模様がよく分かる作りになっています。このうち、カジュアルな着こなしに適しているのがローゲージニットです。逆に、ハイゲージニットはすっきりとした着こなしを作れるため、オフィスなどでも違和感なく身につけることができます。また、洗練されたモードな印象も演出できるので、通勤コーデとしてのお役立ち度は極めて高いというわけです。

-キレイ色ニット

カラーで存在感を出すキレイ色ニットは、通勤コーデのアクセントとして最適です。顔まわりのトーンを明るくし、さりげないオシャレをアピールする効果があります。ただし、着こなしを間違えると悪目立ちすることにもなりかねません。それを防ぐには、色に合った賢いコーデを心掛けることが重要なポイントになります。そして、特におすすめのアイテムとしては、「LAKOLEの12Gランダムリブヘンリーネックニット」や「studio CLIPの14ゲージ2WAYアソートプルオーバー」などが挙げられます。

まず、12Gランダムリブヘンリーネックニットは、ボディラインに沿ったシルエットが美しく、女性らしさを引き立てる効果が期待できるのが魅力です。素材はレーヨンとナイロンのハイゲージでキレイな表面感を実現しています。

トップス

一方、14ゲージ2WAYアソートプルオーバーはさらっとしたやわらかな着心地が特徴で、襟の形を前後で変えることによって、見た目の印象に変化をつけられるのがうれしいところです。カラーバリエーションも多く用意されており、色違いで揃えるとさらにさまざまな着こなしが可能となります。

トップス

通勤におすすめのスカートコーデ!

次はボトムを見ていきましょう。スカートとパンツの2つの選択肢がありますが、ここでは通勤におすすめのスカートコーデを紹介していきます。

-ブルースカート×白シャツで爽やかコーデ

通勤コーデに用いるスカートの中でも鉄板の一つといえるのが、ネイビーやライトブルーのようなブルー系スカートです。そして、それに合わせるのであれば、白シャツが王道です。ブルーと白のコントラストが爽やかなイメージを演出します。もし、シルエットにメリハリがないと感じた場合は細身のベルトをしてスタイルアップを狙ってみましょう。また、メタリックなベージュゴールドのパンプスと組み合わせると華やかさを加味することができます。さらに、クリアな白のパンプスと、ロイヤルブルーのバッグを組み合わせて爽やかさをプラスするのも一つの手です。いずれにしても、足元は崩しすぎないようにするのがポイントです。

ちなみに、特におすすめのアイテムとしては、BARNYARDSTORMのフラワープリントスカートがあります。派手すぎない小花柄と程よいフレアによって大人のコーデがしやすくなっているのが特徴です。また、フロントのボタンもさりげないアクセントとして機能しています。今っぽいトレンド感を醸し出せるスカートです。

スカート

-ジャケットを羽織って上品に

スカートとニットの組み合わせで上品にまとめたなら、その上からジャケットを肩がけするとこなれた印象を演出できます。その際、ジャケットの色があまり濃いと、重いイメージになってしまうので、軽やかな印象を与えることができるベージュがおすすめです。そして、全体を淡めのコーデでまとめたなら、ブラウンのかっちりとしたカバンがよく映えます。

以上の点を踏まえて、おすすめのアイテムを挙げるとすれば、GLOBAL WORKのカタカケVノーカラージャケットがあります。このアイテムは普通のジャケットとしても着用できるうえに、肩に掛けても落ちないようにベルトがついている優れモノです。それに、少し厚みがあるので、秋の肌寒い日などに着用するのにピッタリです。

ジャケット

-通勤コーデと相性バッチリ!グリーンスカート

カラースカートにはさまざまな色がありますが、その中でも通勤コーデと特に相性が良いのがグリーンです。トップスは黒を選んで引き締まった感じにするのも一つの手ですが、よりおすすめなのが柔らかなアースカラーと合わせてのナチュラルコーデです。また、深すぎないVネックと合わせても、通勤コーデらしい上品なまとまりを演出できます。

そうしたコーデのアイテムとしてピッタリなのが、LOWRAYSFARMのタックギャザースカートです。女性らしいフレアスカートで、タックによる適度なボリューム感と品のあるハリ感を兼ね備えているのが特徴となっています。しかも、長すぎないロング丈なので着る人を選びませんし、ウエスト後ろ部分がゴムになっていて楽に着用できるのもうれしいところです。

通勤におすすめのパンツコーデ!

スカートの通勤コーデについて一通り押さえたところで、次に、通勤におすすめのパンツコーデを紹介していきます。両方のコーデについて学び、気分やTPOに合わせて使い分けられるようにしていきましょう。

-キレイめトップスを合わせたきちんとコーデ

パンツを履いて仕事に行く場合は、ハイゲージニットやスキッパーシャツと合わせれば、きちんと感のある通勤コーデが出来上がります。その際、上下の素材や色を合わせてセットアップに仕上げるとスタイリッシュなスタイルになります。シューズやカバンに関しては淡いカラーを選んでこなれ感を演出するのが無難ですが、黒を選択して全体を引き締めるのも一つの手です。そうすることで上級者感を醸し出すことができます。

そして、そうしたコーデにピッタリのアイテムが、GLOBAL WORKのサラサラスキッパーブラウス長袖です。ヒップの隠れる長さのシャツはスキニーパンツなどとの相性が抜群ですし、綿と再生繊維を用いたなめらかな素材も魅力的です。それに、ロングカフスを採用しているので、手首を細く見せる効果が期待できます。

-ベージュジャケットを合わせて女性らしく

ジャケット必須のシーンでも女性らしさにこだわりたいときってありますよね。そういう場合はパンツにベージュのジャケットを合わせれば、いい感じにまとまるはずです。もし、よりきちんと感を出したいのならパンツの色を黒にして全体を引き締め、女性らしさをより強調したいのならベージュのパンツを選ぶのがよいでしょう。また、足元にパイソン柄を選択するといった具合に、シンプルな中にワンポイントだけトレンドを取り入れるという手もあります。

ちなみに、そうしたコーデに用いるアイテムには、BABYLONEのノーカラーVネックジャケットがおすすめです。ノーカラーVネックジャケットの緩めのシルエットはキレイめにもカジュアルにも合わせやすいという特徴があります。また、ダブルボタンになっており、シルエットを調整できるのも魅力です。

ジャケット

-ペールカラーのワイドパンツでトレンドコーデ

パンツを選ぶときには以前からトレンドが継続しているワイドパンツを取り入れると、一気に上級者感が出てきます。その中でも、淡いブルーのワイドパンツはきちんと感を演出できるので、通勤コーデとしても取り入れやすいというメリットがあります。その場合、ポイントとなるのがトップスの色です。ブラックで引き締めると全体にメリハリが出ていい感じになります。

そこで、通勤コーデにワイドパンツを取り入れる際におすすめなのが、BARNYARDSTORMのリネンツイルストレッチワイドパンツです。クロップ丈なので身長を選びませんし、足を長く見せる効果もあります。しかも、タックをなくしてポケットも脇使用にすることでお腹周りをすっきりとした印象にしてくれるうえに、コンパクトなトップスとの相性が良く、カラーニットともよく合います。そのうえ、ストレッチ性も抜群で、足に張り付かないのもうれしいところです。

パンツ

通勤におすすめのワンピースコーデ!

ワンピースは通勤コーデのバリエーションとして欠かせないアイテムです。そこで、この段落では通勤におすすめのワンピースコーデを紹介していきます。

-ロングシャツワンピースできちんとコーデ

ワンピースの種類はさまざまですが、その中でも、ロングシャツワンピースは一枚で通勤コーデに対応できるのでおすすめです。また、カジュアルになりがちなレギンスもロングシャツワンピースと合わせることできちんとした印象になります。ただし、コーデは2色に抑えるようにしましょう。それからパンツの色ですが、春は白、秋冬は黒で合わせるのが定番となっています。

ちなみに、studio CLIPのロングガウンシャツワンピースなら、細身のパンツと合わせて重ね着をしたり、前ボタンを外して羽織ったりとさまざまな着こなしが可能です。素材は綿100%のシングルガーゼで、フラットな襟とその周りのギャザーが優しげなムードを醸し出しているのが魅力的です。

ワンピース

-膝丈ワンピースコーデで上品コーデ

ロングシャツワンピースと同じで、膝丈ワンピースも1枚できちんと感がでるアイテムです。特に、ネイビーなどの暗めのカラーにベルトやリボンで色味をプラスするとバランスがよくなります。あとはヒールのある靴を合わせて上品にまとめるのがコツです。おすすめのアイテムとしては、ホソコールロングシャツワンピースがあります。これ1枚あれば、春のムードが漂うスタイルを作り上げることができるのが魅力です。また、細コールなのでカジュアルになりすぎるのを避け、大人の雰囲気を印象付けることもできます。さらに、ワンピース以外にも、春の羽織としても使用できるのがうれしいところです。

ワンピース

雨の日におすすめの通勤コーデ!

雨の日は足元が濡れやすく、雰囲気もじめっとしているので何を着ていけばいいのか悩んでしまうことになりがちです。そこで、そんな日でも服装選びが楽しくなるように、雨の日のおすすめ通勤コーデを紹介していきます。

-タイトスカートでキュッとまとめコーデ

雨の日はタイスカートを選んで、まとまりのあるシルエットを作るのがおすすめです。また、トップはブラウスを合わせることで、きちんと感を演出できます。さらに、シルエットをキュッと絞る代わりに、素材感で遊びを取り入れると上級者感を醸し出すことも可能です。そして、具体的なアイテムとしては、GLOBAL WORKのボタンマキフウタイトスカート【MATINEE LINE】などがピッタリです。上品なキレイめポリストレッチ素材が用いられていますが、ドレッシー過ぎずに幅広く着こなすことができます。そのうえ、キックバック性に優れたスレッチ素材なので着心地も良好です。

スカート

-雨対策にミレモ丈ワンピースコーデ

ミレモ丈のワンピースも雨対策のアイテムとしておすすめです。そもそも、ミレモ丈とはなにかというと、フランス語でふくらはぎの真ん中あたりを指す言葉です。つまり、ミレモ丈のスカートといえば、膝丈よりも長く、マキシ丈よりも短いスカートを意味することになります。これなら足元が濡れる心配もありませんし、ロングワンピースと違って雨の日でも軽やかな印象を与えることができます。

通勤コーデはきちんと感の演出が大切!やりすぎはNG!

ニットトップス

通勤コーデの検討ポイントはいろいろありますが、最も大切なのはきちんと感をいかに残すかです。そのためにも、キレイめアイテムを上手に使ってコーディネートしていきましょう。ただし、きちんと感にこだわるあまり、固くなりすぎてしまうのは逆効果です。この記事で紹介したコーデを参考にしつつ、ちょうど良いきちんとコーデを作っていくことをおすすめします。

”通勤コーデ”はこちらでチェック!