似合う色を診断できる!パーソナルカラーって知ってる?

ジャケット

パーソナルカラーは、一言でいえば「あなたの魅力を最大限に引き出してくれる色」です。とはいえ、似合う色を1色に限定するわけではありません。まずは、あなたが生まれ持った肌の色、髪の色、瞳の色などのボディカラーに基づいて、「イエローベース」または「ブルーベース」のどちらに当てはまるかを診断します。雑誌などでは、「イエベ」「ブルべ」と略されることもありますよ。一般的に、イエローベースに分類される人は、黄味があり温かみがある色が似合います。それに対して、ブルーベースの人が似合う色は、青みがあり冷たく感じられる色です。

パーソナルカラーはそこからさらに、明るくクリアな印象の「Spring(春)」、上品でソフトな印象の「Summer(夏)」、深みがあり落ち着いた印象の「Autumn(秋)」、ビビッドで澄んだ印象の「Winter(冬)」の4タイプに分類されます。自分がどのタイプかを知ることで、自分が似合う色の系統を知ることができます。たとえば、一言で「黄色」といっても、ひまわりのような黄色もあれば、イチョウのような黄色もありますよね。パーソナルカラーでは、「どのような黄色が似合うのか」といった微妙なニュアンスまで知ることができるのです。ちなみに、Spring(春)とAutumn(秋)はイエローベース、Summer(夏)とWinter(冬)はブルーベースに分類されます。

パーソナルカラーを身に着けるとどうなるの?

ボストンバッグ

自分のパーソナルカラーを知ることは、すなわち自分を魅力的にみせる手段を知ることでもあります。では、パーソナルカラーを身に着けることで、具体的にどのような効果があるのでしょうか。パーソナルカラーを身に着けるメリットや、パーソナルカラーとは反対の色を身に着けるデメリットを紹介します。

-パーソナルカラーを身に着けることのメリット

パーソナルカラーを身に着ける最大のメリットは、自分を魅力的に演出できることです。たとえば、顔周りにパーソナルカラーを持ってくることで、気になるシミやシワ、たるみを目立たなくする効果が期待できます。肌の透明感が増してトーンアップして見えるため、明るく垢ぬけた印象を与えることができるのです。

また、こうした美肌効果によって若々しく健康的に見えるというメリットもあります。フェイスラインもすっきりして映るので、即効性の小顔効果も期待できます。パーソナルカラーを意識してコーディネートの配色を決めていくため、全体的に調和のとれた洗練された印象にもなります。結果として周りから褒められることが増えて、自分に自信を持ちやすくなります。似合う色がわかるようになれば、化粧品や洋服選びでの失敗も少なくなります。

-パーソナルカラーと反対の色を身に着けることのデメリット

一方で、パーソナルカラーと反対の色を身に着けるデメリットは、自分の魅力を抑え込んでしまうことです。似合わない色を身に着けることによって、シミ、シワ、ほうれい線などのお肌のダメージが強調されて、実年齢よりも老けて見えたり、野暮ったい印象になってしまったりする恐れがあります。肌の色がくすんで見えるため、不健康そうな印象を与えてしまうこともあります。

全く疲れていないのに、「なんだか疲れていますね」「顔色が悪いですね」と声をかけられて、落ち込んだ経験はありませんか。もし心当たりがあれば、それは、パーソナルカラーの反対色が影響しているかもしれません。また、反対色を顔周りに配置すると、フェイスラインがぼやけて顔が大きく見えてしまいます。眠たそうな目に見えたり、実際よりも髪が傷んで見えたりといったマイナスの作用も働いてしまうので注意しましょう。

パーソナルカラー診断をしてみよう!イエローベースの特徴

ワンピース

「パーソナルカラーは専門家にしかわからない」というイメージがあるかもしれませんが、実はセルフチェックもできます。イエローベースに当てはまる人の特徴を7つ紹介するので、鏡を用意してチェックしてみてくださいね。当てはまる項目が多ければ多いほど、イエローベースの可能性が高くなります。

まず、1つ目は肌の色です。イエローベースの肌は黄色味が強い特徴があります。これは、黄色人種と呼ばれる日本人によく見られる特徴です。2つ目は目の色です。瞳が茶色よりか、白目はクリーム色かをチェックしましょう。3つ目は地毛です。このタイプの場合は、色素が薄く透明感のある髪色が特徴で、髪の毛1本1本は柔らかくて細めという特徴があります。4つ目は唇の色です。唇は色味が少なく、肌色よりなのが特徴です。続いて、5つ目として手首の血管の色を確認してみましょう。黄味よりの緑色に見えたら、それはイエローベースの特徴です。また、オレンジ系のチークが似合うのもこのタイプの特徴の1つです。最後に、日焼けした後に赤くならずにすぐに黒く焼けてしまう人も、イエローベースの可能性があります。

イエローベースをさらに細かく!Spring・Autumnの特徴

シャツ

同じイエローベースでも、Spring(春)とAutumn(秋)では違いがあります。ここでは、それぞれのタイプが与える印象や特徴を紹介します。

-明るく元気なイメージ!Spring(春)の特徴

Spring(春)タイプの人は、イエローベースのなかでも肌のトーンが明るめです。そのため、まるで春のお花でつくられたブーケのように、周囲の人に明るく華やかな印象を与えます。このタイプに分類される色は、コーラルピンクやブライトイエローなどの明るい色です。Spring(春)タイプは、こうした色を積極的に取り入れることで、お肌の血色がよくみえます。

また、このタイプの人は、イエローベースのなかでも瞳の色素が薄めです。地毛の髪色も明るめで、髪質も柔らかいのが特徴です。肌ツヤがいいため、実年齢より若く見られることもあるでしょう。Spring(春)タイプは華やかな色が似合う一方で、重たい印象の色味は苦手です。黒やネイビーといったカラーも苦手で、コーディネートによっては肌がくすんで見えてしまうので注意しましょう。

-落ち着いたマット感のあるイメージ!Autumn(秋)の特徴

Autumn(秋)タイプの人は、Spring(春)タイプと比べると肌のトーンがやや暗めです。頬に色味が少なく、マットな質感が特徴でもあります。周囲の人には、知的で落ち着いた印象を持たれることが多いでしょう。このタイプに分類される色は、カーキやコーヒーブラウン、マスタードなどの深みのある落ち着いた色です。

Autumn(秋)タイプは、こうした色を積極的に取り入れることでお肌の血色をアップできます。お肌をすべすべにみせてくれる効果も期待できます。また、このタイプの人は、イエローベースのなかでも健康的な肌色が特徴で、黒に近いダークブラウンの地毛を持ちます。そして、肌質がマットなため、落ち着いた雰囲気を感じさせます。ビビッドな色や青みの強い色、パステルカラーは苦手で、気になるくすみやたるみが目立ってしまうので注意が必要です。

イエローベースに似合う服のカラーってどんな色?

コート

イエローベースに分類される人は、全体として黄味を含んだ温かみのある色が似合いやすい傾向があります。ただし、同じイエローベースでも、Spring(春)タイプかAutumn(秋)タイプかで似合うカラーの系統が変わってくるため注意しましょう。まず、Spring(春)タイプには明るくクリアな色がぴったりです。

具体的な色は、アイボリー、コーラルピンク、明るいオレンジ、黄色、黄緑などです。一方で、Autumn(秋)タイプには深みとコクのある色やスモーキーな色がよく似合います。具体的な色は、ダークブラウン、カーキ、テラコッタ、マスタードなどです。

また、ファッションには「ベーシックカラー」と呼ばれる6色があります。これは、コーディネートを組み立てるうえで基本となる色のことで、白、黒、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラウンの6色を指しています。

イエローベースの場合は、ナチュラルな雰囲気のある「ベージュ」やぬくもりを感じさせる「ブラウン」が得意カラーです。Spring(春)タイプの場合は明るいベージュやブラウン、Autumn(秋)タイプの場合は落ち着きのあるベージュやブラウンを選択するとしっくりくるはずですよ。特に、コーディネートにおいて全体的な割合が高くなるアウターやジャケットは、このベーシックカラーを意識して選びましょう。

イエローベースの人が取り入れたいおすすめのコーデ術

チュニック

では、ここからはより実践的に、イエローベースのカラーをコーディネートに生かす方法を紹介します。

-【ポイント1】顔周りはパーソナルカラーを配置!美人見えコーデ

パーソナルカラーをコーディネートに生かすポイントその1は、きれいに見せたい部分にパーソナルカラーを取り入れることです。たとえば、顔に近い部分にパーソナルカラーを配置することで、血色が良く見えるほか、美肌効果や小顔効果なども期待できます。顔は人の印象を左右する非常に重要なパーツです。そのため、周囲からのイメージアップを狙いたいのであれば、トップスにパーソナルカラーを取り入れてみましょう。そのほかにも、ネックレスやピアス(イヤリング)、スカーフなどの顔周りに近いアイテムにパーソナルカラーを使うのもおすすめです。

-【ポイント2】おまとめ!イエベ×イエベでなじませコーデ

ポイントその2は、イエローベースの系統でまとめることです。普段のコーディネートを考える際に、「色の組み合わせがしっくりこない」「メインのトップスに何色のボトムスを合わせればいいのかわからない」と悩んでしまうことはありませんか。

そのようなときは、イエローベース×イエローベースのコーディネートを意識してみるとよいでしょう。Spring(春)×Autumn(秋)のコーディネートもおすすめです。イエローベース同士を組み合わせることで、自然とファッションに統一感を出すことができるのです。この法則を知っていれば、難しく考えなくてもコーディネートがぴったり決まるようになりますよ。また、新しい服を買うときも、買ったものの合わせる服がない、という状況を避けることができます。

-【ポイント3】コーデを格上げ!イエベ×ブルべで上級者コーデ

ポイントその3は、あえてイエローベースとブルーベースを組み合わせることです。こちらは上級者におすすめのコーディネート術です。あえて異なる系統の色を組み合わせることで、こなれ感を演出することができます。

たとえば、Spring(春)系でまとめたファッションの中に少量のSummer(夏)系カラー、またはWinter(冬)系カラーを加えれば、甘い雰囲気が引き締まって甘辛MIXコーデになります。イエローベース×ブルーベースを楽しみたいときは、トップスを自分のパーソナルカラーにするのがポイントです。そのうえで、ボトムスやバッグ、小物などに違うベースのカラーを配置すると、違和感なくまとまりやすくなります。

好きな色が似合う色じゃなかったときの対処法

マフラー

誰にでも、好きな色やなんとなく手に取ってしまう色はありますよね。しかし、パーソナルカラー診断では個人の嗜好よりも肌や瞳、唇の色といったボディカラーが重視されるため、必ずしも「好きな色似合う色」という図式は成り立ちません。

万が一、好きな色が似合う色でなかった場合の主な対処法は3つです。まず1つ目は、顔周りに似合う色がくるように工夫する方法です。たとえば、似合わないとされる色のトップスをどうしても着たい場合は、似合う色のマフラーやストールを使うことで顔周りの印象の良さをキープしましょう。

2つ目は、好きな色でもパーソナルカラーに近い色味を選ぶ方法です。たとえば一言でピンクといっても、ぬくもりのあるピンクもあれば青みを帯びた冷たい印象のピンクもありますよね。

このように、1つの色にも黄味を含んだものと青みを含んだ色があるので、自分のベースカラーに近いほうを選択するようにしましょう。3つ目は、好きな色を小物で取り入れる方法です。洋服は面積が広いため印象を左右しやすく、どうしてもしっくりこない場合もあるでしょう。その場合は、使う範囲をなるべく狭くすることと、なるべく顔から離すことを意識してアイテムを選ぶのがおすすめです。

迷わずマストバイ!イエローベースの人におすすめの服

イエローベースの人におすすめの服を、タイプ別に紹介します。

-Springさんにおすすめ!シアーリネンニット

Spring(春)タイプにおすすめなのは、「Chaos(カオス)」のシアーリネンニットです。透け感のある薄手のニットで、シンプルなデザインのためさまざまなシーンで使いやすいアイテムといえます。Spring(春)の人にはコーラルピンクが似合いやすいはずです。

ニット

-Autumnさんにおすすめ!ワッフルショートカーディガン

Autumn(秋)タイプには、「BAYFLOW(ベイフロー)」のワッフルショートカーディガンがおすすめです。コットンリネンのワッフル柄カーディガンで、透け感があり、着ても羽織っても使えるアイテムです。Autumn(秋)タイプには、マスタードカラーがおすすめですよ。

カーディガン

イエローベースに似合う服を上手に着こなして美人見せを狙おう

イエローニット

イエローベースに当てはまる人は、黄色味を帯びた温かみのある色が似合います。自分のボディカラーに合った色を取り入れることで、美肌にみえるなどうれしいメリットもありますよ。好きな色が似合わないと診断された場合も、落ち込む必要はありません。顔周りへの配置を避けたり、カラーの割合を抑えたりすることで、印象を崩さずに好きな色を身に着けることもできます。