コンプレックスに負けない!体型ごとにスキニーを履きこなす方法

スキニー_似合わない

体型にコンプレックスがあることを理由として、スキニーを履くことをあきらめるのはもったいないといえます。ここでは、体型ごとにスキニーをきれいに履きこなす方法を紹介していきます。

-脚が太い

スキニーパンツは脚にぴったりフィットするという特性があるので、脚が太い人が履くと太さを強調するシルエットとなり、似合わない印象になってしまうこともあります。特に太ももがきっちりとしたサイズのものを履くと、脚が太く見えやすくなるのです。おしゃれに見せるために履いているのに、コンプレックスを強調してしまっては逆効果といえます。このような悩みの解決策としては、太ももにゆとりのあるサイズのスキニーを選ぶと良いかもしれません。

目安としては履いたときに太ももに横ジワが入らず、屈伸が楽にできる程度のアイテムがおすすめです。各ブランドによってもシルエットやサイズ感は微妙に違うため、自分に合うものを選ぶことが大切になります。

-脚が短い

脚が短い人がスキニーを履くと、脚の短さが目立ってしまうこともあります。このようなときは、意識的に脚長に見せる方法を取り入れるのがおすすめです。具体的には、ハイウエストのアイテムを選んだり、通常よりも少し短い8分丈のものを選んだりします。もし、短いスキニーを持っていない場合には、丈を自分でロールアップすることも効果的です。丈が短めのアイテムに少し長めのブーツを組み合わせれば脚長効果があり、膝から下も長く見せることができるはずです。

また、トップスのベルト位置の調整や、ショート丈ニットなどを組み合わせてウエストを高く見せるテクニックもあります。ウエストが高く見えることで、必然的に脚も長く見えるようになるのです。

-体型が骨張っている

太ってはいなくても、骨格がしっかりとしている人がスキニーを履くと骨張った印象になり、脚全体がごつく見えてしまうこともあるかもしれません。骨格を強調してごつく見せないための対策としては、ワンサイズ大きめのスキニーを選ぶことが挙げられます。ワンサイズ大きめにすることで、全体の印象を華奢にすることができるからです。ただ、極端なオーバーサイズを選んでしまうと不自然なので、あくまでも少しだけゆとりがあるものを選ぶのがポイントです。ワンサイズ程度なら、見た目の違和感もなく自然に体型をカバーしてくれます。

-お尻や骨盤が大きい

お尻や骨盤が大きいなど、全体的に上半身よりも下半身のほうが大きい人も、スキニーを履くことで下半身の大きさが目立ってしまいます。解決策としては、まず、上下のバランスを意識することが必要です。たとえば、トップスのコーデにはボリュームを持たせて少し明るい色を取り入れると、上半身が強調されてバランスが良くなります。

また、お尻や骨盤が目立つのがどうしても気になる場合、トップスにロングカーディガンやシャツワンピなどの丈の長いアイテムを持ってくることも有効です。アイテムそのものの丈の長さによって、お尻や骨盤を上手にカモフラージュできるようになります。

このとき、重ね着で丈の部分をレイヤードすると、より自然でこなれた印象を与えてくれます。さらに、腰幅が気になるときは横シワが入ったスキニーを選ぶと、広げられたシワの部分がセクシーで魅力的に見えるはずです。

-O脚やX脚

O脚やX脚に悩んでいる人も世の中には多いですよね。脚のラインがはっきりと出るスキニーを履くときはO脚やX脚の形を強調してしまうので、人によっては似合わないと感じることもあるかもしれません。もし、O脚やX脚によってスキニーが似合わないと感じるなら、脚のラインを強調しすぎないことを意識しましょう。具体的には、厚手の生地のアイテムを選んだり、少しゆったりとしたシルエットのものを選んだりすると上手くカバーできるようになります。

運動やストレッチも取り入れてお気に入りのスキニーを履こう

スキニー_似合わない

これまで紹介した体型ごとの改善策を取り入れれば、おしゃれにスキニーを履くことができます。しかし、自分が試したい履き方やお気に入りのアイテムが、必ずしも改善策とマッチしているとは限らないはずです。体型のせいで履き方やお気に入りのアイテムをあきらめなければいけないのなら、運動やストレッチを行って体型そのものを変えていくのも良いかもしれません。たとえば、ワイドスクワットやヒップアップエクササイズなど、室内で簡単にできるものはたくさんあります。また、これらは身体に負荷をかけにくく、一日数分でできるのも嬉しいところです。

さらに、O脚やX脚もストレッチを継続することで改善することがあるので、あきらめずに根気よく続けてみてはいかがでしょうか。

あわせて取り入れたい!スキニーをきれいに履くポイント

スキニー_似合わない

体型だけに限ったことではありませんが、スキニーは脚のラインがはっきりと出るため、ごまかしがききにくいアイテムです。そのため、ここで紹介するポイントを参考にして、きれいに履きこなすことを意識してみるとさらに良くなります。

-ウエストのゆとりを作る

スキニーは細身のシルエットのため、ウエストサイズにゆとりのないアイテムを選んでしまうと、無理をして履いているような太い印象になります。そのため、このような印象を与えたくないときは、ウエストにゆとりのあるものを選びましょう。具体的な選び方のポイントとしては、履いたときのウエストに指が2本入る程度が目安です。また、太もものサイズが気になるときは、ウエストと太もものどちらか太いほうを基準にして、ゆとりのあるサイズを選んでみてはいかがでしょうか。

-足回りの見せ方にこだわる

足回りの見せ方にこだわる美意識の高い女性は多くいます。足首を見せるようにしてスキニーを履く場合、すっきりと細くスタイルアップした印象を与えられるはずです。また、スキニーパンツはくるぶしまでのアンクル丈、6~7分のクロップド丈のアイテムも多く、季節によって使い分けることができます。そして、自分でロールアップさせて足首を見せるのもおしゃれです。丈の長さで微妙に印象が変わるので、自分好みの長さを見つけるのも楽しいかもしれません。

-サイズはきちんと合わせたものを

スキニーは脚にぴったりとフィットするサイズ感が魅力であり、自分の身体のサイズに合わせたものを履くことでおしゃれに見えます。ただ、昔購入したスキニーパンツをそのまま履き続けていたり、試着せずに購入したりした結果、サイズが合っていないというケースもあるかもしれません。そのようなことを避けるために、古いアイテムなどは定期的に見直すことが大切です。また、思い切って新しいものに買い替えるとフィットする可能性もあるので、お店では積極的に試着してみるのもおすすめです。

-カラーに気をつける

カラーはファッションの印象を大きく左右します。たとえば、淡い色は膨張色といって広がって見える特性があるのです。そのため、太い脚に淡い色のスキニーの組み合わせは、より脚が太く広がって見えてしまうことがあります。反対に黒のスキニーなら広がって見えることがなく、細くすっきりとした印象を与えられるはずです。また、スキニーデニムなら、濃い青色のものを選ぶと同様にすっきりとした印象になります。さまざまなものを試してみて、自分にとってピッタリの色が分かればアイテム選びもしやすくなるかもしれません。

-どうしてもお気に入りを履きたい時は補整インナーを使う

サイズやカラーに注意して自分の体型に合ったものを履くのが望ましいのですが、お気に入りのスキニーがその条件に合うとは限りません。そんなときは、補正インナーを活用するとすっきりと着られることもあります。補正インナーは太ももやウエストのラインを文字通り補正してくれるので、体型に合わないスキニーを履くときに効果的な場合があります。また、当然ですが、補正インナーを使うときは気になる部位をカバーしてくれるものを選ぶようにしましょう。

-コーデ全体のバランスを考える

どんなに素晴らしいアイテムを使っても、全体のバランスが良くないとおしゃれには見えないものです。したがって、スキニーそのものが似合っているのにコーデ全体のバランスが悪いせいで、似合っていないと感じてしまうこともあるかもしれません。特にぴったりとした細身のトップスと同様の細身のスキニーは相性が悪いため、両方を合わせると全体的にのっぺりとした抑揚のない印象を与えがちです。こんなときは、シルエットが正反対のオーバーサイズのトップスを組み合わせたり、レイヤードスタイルで厚みを持たせたりすると、こなれておしゃれに見せることができます。

おしゃれに履きこなそう!おすすめのスキニーとは

スキニー_似合わない

これから紹介するスキニーパンツは、いずれも定番アイテムばかりです。そのため、コーデが難しいと思ったら取り入れてみることをおすすめします。

-ジーンズとレギンスの良いとこ取りなJEGGINGS

JEANASIS(ジーナシス)のJEGGINGSは、ジーンズとレギンスの良いところを併せ持ったデニムスキニーパンツです。具体的には、見た目はジーンズのようなデザインなのに、生地はレギンスの伸縮性を併せ持っているのです。そのため、スキニー特有の窮屈さがなく、ストレスフリーで着用できます。また、シルエットは脚にしっかりとフィットする細身のものなので、トップスにビックシルエットのアイテムを合わせるとバランス良く決まるかもしれません。さらに、ワンピースやスカートの下に履いて、レイヤードスタイルをつくってもおしゃれです。

スキニー_似合わない

-ハイウエストスキニーデニムで足長効果

Heather(ヘザー)のISKOスキニーは、ハイウエストなデザインになっています。ハイウエストのおかげで脚長効果が高く、脚が短くてスキニーが似合わないと悩んでる人にも挑戦しやすいアイテムです。色も落ち着いたブラックとワンウォッシュの2色なので、ハイウエストのデザインと合わせて脚のラインをきれいに見せてくれるはずです。

スキニー_似合わない

-スタッフの声が反映されたストレッチデニムスキニー

LOWRYS FARM(ローリーズファーム)のJUSTFITスキニーは、スタッフが企画に参加したこだわりアイテムであり、ストレッチが良く効く素材でつくられていることが特徴です。また、従来のデニムスキニーよりもウエストや股上、ヒップサイズが改善されており、しっかりとしたフィット感を楽しめるようになっています。もちろん、デニムアイテムに欠かせないひげ加工にも手抜きはなく、バランスの良い加工具合がカジュアルな雰囲気をほどよく残しながら、全体としてはきれいめな印象に仕上がっています。そして、バックからのシルエットも美しく見えるように計算されているので、一枚あるとさまざまな場面で重宝するはずです。

スキニー_似合わない

-BAYFLOWのデニムは環境にも優しい

BAYFLOW(ベイフロー)のストレッチスキニーデニムは、ほどよいストレッチ感を楽しめるアイテムです。また、下着ラインを拾わないやや厚みのある生地ながら、美しいシルエットをつくれるのも魅力となっています。さらに、このスキニーデニム最大の特徴は、空気中の酵素から生成したオゾンの酸化作用で染料を分解、脱色させるという珍しい手法を採用していることです。この方法はデニムの加工に必要な水や化学薬品を大幅に削減する効果があり、環境にも優しいアイテムとなっています。

スキニー_似合わない

-6サイズから選べる!スタイルセレクトスキニー

Andemiu(アンデミュウ)のスタイルセレクトスキニーは、これまでのブラックのほか、オフホワイトとライトブルーが追加されました。そのため、膨張色が気にならない人にとっては、色の選択肢が増えて嬉しいですね。また、丈の長さも合計6サイズと豊富な種類から選べるので、身長にコンプレックスがある人にもおすすめできます。もちろん、わざと短い丈のものを選んで、足回りをすっきりと見せるという使い方も良いかもしれません。このように、自分のイメージに合わせていろいろと選べるのが楽しいアイテムです。

スキニー_似合わない

-スリットの入ったデニムで足回りをきれいに

PAGEBOY(ページボーイ)のセンタースリットスキニーデニムは、センターフロントに入ったスリットが個性を主張するアイテムです。ただ、スキニーそのものはベーシックなつくりになっているので、履きやすさは変わりません。また、履くだけで足回りをチラ見せできるので、すっきりとした印象を与えられることもメリットです。具体的なコーデとしては、ショートブーツを合わせると相性良くまとまります。いつものスキニーに少しだけ個性やトレンド要素を取り入れたい人も、挑戦してみると良いかもしれません。

スキニー_似合わない

似合わないと嘆くのは卒業!体型に合わせてスキニーを履こう

スキニー_似合わない

体型にコンプレックスがあるときは、スキニーパンツを履くことをあきらめてしまうかもしれません。でも、ポイントさえ押さえておけばきれいにスキニーを履くことができるのです。また、体型とは別に、脚をきれいに見せるためのコツを理解することも大切になります。今回紹介した内容を参考にして自分だけのスキニースタイルを見つけ出し、おしゃれに履きこなしてみませんか。

"スキニーパンツ"コーデはこちらでチェック!