レイヤードもらくちん!重ね着しやすいニット

ニット_重ね_着

ニットは比較的ボリューム感のあるアイテムなので重ね着するのが難しく思われがちです。インナーをきれいに見せたかったり上からアウターを羽織りたいときは、重ね着しやすいものを選ばなければなりません。アイテム選びさえ間違わなければレイヤードスタイルを楽しみたいときでも違和感なく活用できます。ここで、重ね着に適したニットにはどういったものがあるのか紹介していきます。

ニット_重ね_着

-ショート丈ニット

ショート丈ニットは、一般的なものよりも丈が短く、自然なレイヤードスタイルを楽しむことができます。また、ショート丈の裾の部分をウエストのラインに合わせることもできるので、足を長く見せたいという人にはぴったりのアイテムといえます。

インナーに合わせるアイテムはさまざまありますが、シャツを合わせるのが特におすすめです。襟がついているため首元でもレイヤードを楽しむことができるうえ、Yシャツなどを選べばネクタイで遊ぶこともできます。もちろんそのほかのアイテムもニットより丈の長いものであれば問題ありません。手軽におしゃれなレイヤードスタイルを実現させることができます。

-Vネックニット

Vネックニットの最大の特徴は、襟元が広い点にあるといえます。ざっくり開いた襟元からのぞくインナーの面積が広く、ほかのアイテムよりもメリハリのきいたレイヤードスタイルを楽しむことができます。

ニット_重ね_着

-サマーニット

サマーニットは綿や麻など薄手の生地で作られているものが多く、風通しを良くするために粗めに編まれているのが特徴です。一般的なニットは重ね着するとボリュームが出やすいですが、サマーニットは重ね着しても厚着にならないのでごわつくこともありません。レイヤードに適したアイテムなので、夏は一枚で、冬はレイヤード専用にといった使い分けをすればかなり重宝します。少し肌寒いと思ったときは上にストールやスヌードなどを羽織るだけでこなれたコーデを実現できます。

秋冬コーデで使うときはアウターにジャケットを組み合わせるのも効果的です。セーターだとキツくなってしまいますが、サマーニットであればストレスを感じることもありません。

-タートルネックニット

タートルネックニットはほかのものよりインナーをのぞかせる幅が狭いためレイヤードスタイルには適さないと考える人がいるかもしれません。しかし、いざ使ってみると幅が狭いが故に袖や丈からインナーをチラ見せできてさりげなさを演出できます。また、首元まで覆ってくれるので寒いのが苦手な人にはぴったりのアイテムです。インナーにはデニムシャツのような存在感のあるアイテムを合わせるのがおすすめ。襟がついているので袖や丈だけではなく首回りでもレイヤードを楽しむことができます。

たった1枚で印象が変化!合わせやすいインナーとは?

ニット_重ね_着

ニット選びが大事なのはもちろんですが、インナーにも合わせやすいものとそうでないものがあるのできちんと押さえておかなければなりません。まずは定番のものから押さえていき、慣れてきたらいろいろなアイテムを試してみることをおすすめします。どのようなアイテムが合わせやすいのかここで詳しく紹介していきます。

-白いシャツはどんなコーデにも合うマストアイテム

白いシャツはレイヤードスタイルのマストアイテムでニットスタイルにもしっかりハマります。襟回りや丈、袖から白いシャツがのぞくだけで、ニットの魅力を一層引き立てることができます。

また、ニットベストを用いればきっちり感も出てシャツ1枚のときとは違った雰囲気を演出できるので、マンネリを打破したいときには試してみるといいかもしれません。白はどの色とも相性が良いので配色のバリーエーションも豊富です。黒と合わせればモノトーンに、ブラウンやネイビー、グレーなどと合わせれば柔らかさを演出することができます。さらに、同じ白でも生地の質感や色味が違うものを合わせると印象も変わってくるので一味違ったレイヤードを楽しみたいときはぜひ実践してみてください。

-インナーにも使えるタートルネックニット

タートルネックニットをインナーに持ってくるという方法もあります。ニット×ニットは意外と相性が良く、タートルネックなので季節感を演出することもできます。首回りをさらに強調したいときはトップスをVネックニットにしてみてもいいかもしれません。

また、ニット自体に存在感があるのでパーカーやワンピースといった別素材のアイテムを重ねてみても問題なく決まります。シャツをさっと羽織るのもそれぞれの魅力を引き立てることができるのでおすすめ。同じタートルネックでもそれぞれのアイテムを変えることでたくさんのコーデを楽しむことができるので一枚持っておくとかなり使い回せます。

-ワンピースでいつもと違う雰囲気に

ワンピースもインナーに適したアイテムで一枚持っておくと重宝します。いつも着ているシャツワンピも、ニットを重ねるだけでいつもと違う表情を見せ秋らしい雰囲気になるのでぜひ試してみることをおすすめします。また、ニットのワンピースを着るとき1枚だと物足りなさを感じることがあります。そのほかにも、中に着ている下着が透けるのではないかと不安になる人がいるかもしれません。そういうときは上にシャツを重ね着するのがおすすめです。おしゃれに決められるうえに下着が透ける心配もありません。

ニットベストを上に着るという方法もあります。袖がない分ボリュームが抑えられるので厚みのあるワンピースでも問題なく合わせられます。

発想の転換?ニット×ニットのレイヤードとは

ニット_重ね_着

「ニットオンニット」は、レイヤードスタイルにバリエーションを持たせてくれるだけでなく、保温性も高いので冬の防寒対策にも有効です。前述したインナーにタートルネックニットを用いるのはもちろん、ニットカーディガンやニットコートなど、アウターのニットを組み合わせても問題なく決まります。

とはいえ、ニットオンニットはボリュームが大きくなりがちなので難しく感じる人がいるかもしれません。どうしてもうまく決まらない場合は片方のニットをタイトなものにしたり、編み方の異なるニットを用いたりしてボリュームをコントロールすることが大切になってきます。

おしゃれ上手を目指そう!重ね着のポイント

ニット_重ね_着

重ね着はおしゃれを演出するためには欠かせないテクニックの一つです。しかし、何でも重ねればいいというわけではありません。一歩間違えるとかえって野暮ったくなるので重要なポイントだけは押さえてく必要があります。どのようなことに気をつければいいのか、ここで詳しく紹介していきます。

-統一感を出す

レイヤードスタイルの基本は統一感を出すことです。いろいろなアイテムを組み合わせることになるので、何も考えずに組み合わせるとごちゃごちゃして統一感を出せません。統一感を出すためにはまず色使いを意識しておく必要があります。モノトーンをベースに、色の追加を1色に抑えるなどすると、統一感が生まれバランスのとれたコーデを実現しやすくなります。

-サイズ感に注意する

重ね着するとどうしてもボリュームが出てしまいます。特に、同じサイズの服を重ね着しているとごわつきが出たりスマートさが失われたりします。それを防ぐには上に合わせるものをオーバーサイズにしなければなりません。ゆとりを持たせることでごわつきを抑えながらも程よいカジュアル感を演出できます。とはいえ、オーバーサイズにしすぎるときれいなレイヤードを作れないので気をつけなければなりません。慣れないうちはワンピースやロング丈のシャツなど比較的簡単に重ね着できるものを使うことがポイントです。

ニット_重ね_着

-デザイン性の高いシャツを取り入れる

デザイン性のあるシャツをあえてインナーに取り入れるのも一つの手です。おしゃれなデザインを裾や丈の下からちらっと見えるようにすることでワンランク上のコーデを作ることができます。また、1枚だと派手すぎて扱いに困るようなアイテムも少なくありませんが、そういうものこそインナーに適しています。さりげなく見せることで程よいアクセントになり、抵抗なく着ることができるはずです。

ニット_重ね_着

ぜひ取り入れたい!ニットの重ね着コーデ例

ニット_重ね_着

レイヤードスタイルはバリエーションが豊かなのでどうすればいいのかわからないという人もいるかもしれません。そういうときは実際のコーデ例を参考にするのが一番です。上で紹介したポイントを踏まえながら、どのようなコーデがあるのかを紹介していきます。

-ニット×白ロングシャツで簡単にレイヤード

「JEANASiS(ジーナシス)」の「3Gフェアアイルハイネックニット」はカウチンデザインと短い丈が特徴的なアイテムです。白シャツと合わせることで簡単にレイヤードスタイルを実現させることができます。襟がハイネックになっているので、インナーの首回りのデザインを気にする必要もありません。袖や丈の部分のデザインも個性的で、そこから白シャツをのぞかせればニット1枚のときとは違った雰囲気を楽しむことができます。ボトムスには細身なシルエットのパンツを合わせてみるのがおすすめ。ニットにボリュームがあるので全体のシルエットを引き締めることができます。

ニット_重ね_着

-Vネックニット×ワンピースの定番コーデ

「studio CLIP(スタディオクリップ)」の「5ゲージコットンスラブ重ねVネックプルオーバー」は首元に切り込みが入ったシンプルなニットです。秋らしさを感じるチェック柄のワンピースを合わせると季節感たっぷりの定番コーデを完成させることができます。Vネックになっているのでインナーのチェック柄を存分に見せることができるうえ、ワンピースも首元が詰まったデザインなので温もりを感じることができます。また、ニットを上から着ることでワンピースをスカートっぽく使えるというのも魅力の一つです。一枚持っておくだけでそれぞれのアイテムに幅を持たせることができます。

ニットとワンピースはどちらも比較的女性っぽさが強いアイテムなので、足下にはブーツなど少しハードなアイテムを合わせるのがおすすめです。柔らかすぎない印象にまとめることができます。

ニット_重ね_着

-サマーニットにインナー?薄手のタートルネックを利用したコーデ

「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」の「12GスーピマVプルオーバー」は裾のスリットが特徴的なVネックニットです。首元が開いているのでインナーにタートルネックを合わせるとうまく決まります。

また、サマーニットのためさらに薄手のタートルネックを組み合わてもごわつくことがありません。秋でも十分着こなすことができるようになっています。タートルネックやニットの色を変えてお気に入りの組み合わせを見つけていけば、コーデのバリエーションもかなり広がります。生地も伸縮性があって肌触りもいいので、インナーとして身につけていてもストレスを感じることがありません。

ニット_重ね_着

-ニットのシックな色合いにデニムクラッシュが映えるレイヤード

「JEANASiS(ジーナシス)」の「5Gケーブルハイネックショートニット」はケーブル編みが特徴的なショート丈ニットです。大きめのデニムシャツを合わせることでレイヤードのコントラストが効いてそれぞれのアイテムを引き立てることができます。また、ショート丈になっているためウエストラインが高くなり、脚を長く見せたいという人にはぴったりのアイテムです。

さらに、インナーのデニムシャツはクラッシュ加工が施されており、見える面積も広いためインパクトを与えることができます。さらに、ネイビーの色合いがデニムシャツの薄いブルーと相性が良く統一感が生まれるので、コーデが乱れることもありません。

ニット_重ね_着

ニットの重ね着は簡単!自分だけのコーデを探そう

ニット_重ね_着

ニットはボリュームのあるアイテムなのでレイヤードスタイルでは避けている人も少なくありません。しかし、重ね着しやすいニットやインナーを選べば、簡単におしゃれなレイヤードスタイルが実現できます。サイズ選びや色選びもそこまで難しくなく、少し意識するだけで誰でもマスターできます。今回紹介したポイントやコーデ例を参考にすれば、自分だけのレイヤードスタイルを楽しむことができます。

"レイヤード"コーデはこちらでチェック!