服をおしゃれに収納するメリット

収納 服

服をおしゃれに収納することには、さまざまなメリットがあります。具体的な収納のアイデアを紹介する前に、まずはおしゃれに収納することのメリットや必要性について知っておきましょう。まず、ワードローブが見やすくなり、手持ちの洋服にどのようなものがあるかを把握しやすくなります。着用したときのイメージが湧きやすくなりますので、毎朝洋服を選ぶことが楽しくなるでしょう。また、服選びで悩むことも減ります。

きれいに整頓されて収納されれば、洋服にしわができにくく、良好な状態を保つことが可能です。そのため、お気に入りの洋服を着たいと思ったときにすぐに取り出して着ることができ、ストレスがたまりません。服を長持ちさせることにもつながるでしょう。

不意の来客で焦らずにすむことも、洋服をおしゃれに収納することで得られるメリットのひとつでしょう。部屋の片隅などにたたんだ洋服を積んだままにしていて、急な友人の来訪に困ったといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。おしゃれに収納していれば、誰かが来ても自信をもって部屋に招待できます。

収納場所別の服をおしゃれに収納するアイデア

服 収納

洋服を収納する場所としては、クローゼットや押し入れが一般的でしょう。また、部屋に置いて敢えて見せるという収納方法もあります。ここでは、クローゼットと押し入れにおしゃれに洋服を収納するアイデアを紹介していきます。

-クローゼットの収納アイデア

服 収納

クローゼットには、狭いスペースを有効に活用した壁面クローゼットや中を歩き回れるウォークインクローゼット、隣の部屋とつながっているウォークスルークローゼットなど、いくつかのタイプがあります。どのタイプでも、通常はクローゼットを単に洋服やバッグなどを収納する場所としてしか認識していないケースがほとんどではないでしょうか。使うなら、クローゼットをお気に入りの空間にするのがおすすめです。ここでは、クローゼットをおしゃれに使う方法を紹介していきます。

テイストをまとめる

クローゼットも部屋と同じように、自分の好きなテイストやカラーでまとめるのがおすすめです。たとえば、吊るした洋服を好みのデザインのカーテンで隠す、ガーランドで飾るなどしてみると、生活感が消えて楽しい空間ができあがります。また、クローゼットの壁にウォールステッカーやポスターなどを貼って、遊び心を演出するのもいいでしょう。部屋はなるべくシンプルにまとめたいという人でも、クローゼットの扉を閉めれば邪魔になりません。単に収納するためにあるスペースというわけではなく、お気に入りの空間になります。洋服を選ぶためにクローゼットの扉を開けるたび、ワクワクしますよ♪

ハンガーにこだわる

おしゃれに収納したいなら、洋服をかけるハンガーにもこだわりましょう。クリーニング店から返ってきたワイヤーハンガーにそのままかけっぱなしにしたりしていませんか?ワイヤーハンガーは薄く、洋服のシルエットを保てるだけの厚みがありません。型崩れする可能性があり、生活感が出てしまいますので、使うのはやめたほうがいいでしょう。

ワイヤータイプではなくても、バラバラな種類のハンガーを使っているのであれば、まずは同じ種類でそろえることが大切です。それだけでも、雑多な印象が減ってすっきりします♪ どんなハンガーにするかも、クローゼット全体の印象を変えますので重要なポイントです。ハンガーには、ワイヤー以外にもアルミ調、木調、カラーハンガーなどさまざまなタイプがあります。自分のお気に入りのテイストに合ったハンガーを選びましょう。たとえば、ナチュラルな雰囲気が好みならアルミ製より木製ハンガーが、、ポップで明るい雰囲気にしたいならカラーハンガーおすすめです。同じ種類のハンガーをそろえたうえで、服を同系色ごとにまとめてのポールにかければ、洋服の色がグラデーションになり見た目にも美しくなります。

-押入れの収納アイデア

収納 服

和室の場合、収納スペースは押し入れであることが一般的です。通常、押し入れにはあまりおしゃれなイメージはないでしょう。しかし、アレンジ次第ですっきりスマートな印象に変えることは可能です。ここでは、押し入れに洋服を収納するときに使えるいくつかのアイデアを紹介していきます。

ふすまを取り外す

押し入れがあるとふすまの印象が大きく、部屋のイメージを和風テイストに固定しがちです。和モダンな趣を出せれば、おしゃれでいいかもしれません。しかし、どちらかというと庶民的な雰囲気が出てしまうので、部屋を洋風にしたい人にとっても、ミスマッチ間が大きくなります。そこで、思いきってふすまを取り払ってしまうのもひとつの方法です。ふすまをなくしたあとにお気に入りのデザインのカーテンをつければ、部屋のイメージを大きく変えることに成功するでしょう。カーテンはふすまより開けやすいため、機能性も向上します。お気に入りの収納スペースにもなり、まさに一石二鳥♪

カーテンなどはつけず、あえてオープン収納として使う手もあります。中が丸見えになってしまいますので、ラックやカラーボックスなどを有効活用してスマートに整えておきましょう。オープンにすると、ふすまやカーテンで閉めきるよりも部屋が広い印象を与えるというメリットもあります。

衣装ケースを活用する

押し入れは奥行きがあり、収納力が高いという点が利点です。反面、きちんと整理せずに物をつっこんでしまうと出し入れしづらくなるうえ、ごちゃごちゃして乱雑にみえてしまうという欠点があります。そのため、押し入れを洋服の収納スペースとして使う場合は、収納グッズを活用して空間を有効に使うことが大切です。たとえば、引き出し式の衣装ケースを置いてその中に収納するようにすれば、物の出し入れが楽になります。

スタックできる衣装ケースを使えば、押し入れのサイズに合わせていくつも設置でき、収納力が上がって便利です。ただし、ケースが透明もしくは半透明のタイプのときは、前面に紙を入れるなどして目隠しをしたほうがいいでしょう。これは、そのままでは中に入った物が見えてしまい、生活感が出てしまうからです。目隠しをして中が見えないようにすることで統一感が出て、スマートな見た目になります。

クローゼット風にする

押し入れの中につっぱり棒をわたしたりハンガーラックを設置したりして、クローゼット風にして使用するという方法もあります。洋服を吊り下げて使えるようになるため、押し入れの収納力がさらにアップします。つっぱり棒やハンガーラックに洋服をかけるときは、服の長さをそろえるのがコツです。もし、丈の長さが違うことでごちゃごちゃした印象になるときは、吊るした服の手前に収納ケースを置くのもいいでしょう。デッドスペースを活かして収納力が上がるだけではなく、服の裾を隠すことですっきり見えます。つっぱり棒やハンガーラック、収納ケースは、押し入れの壁の色とそろえるのがおすすめです。統一感が生まれおしゃれな雰囲気になります。

服の種類別の収納アイデア

服 収納

収納スペースに収めるのは、多くの場合、ブラウスやシャツなどの衣類だけではありません。バッグや帽子といった小物類や下着なども収納することが一般的でしょう。そこで、ここでは、洋服や物の種類別におしゃれに収納するアイデアを紹介していきます。

-バッグや帽子を吊るして収納

バッグや帽子をクローゼットに収納するときは、上部の棚や床に置いている人が多いでしょう。しかし、これでは少々取り出しにくく、おしゃれともいえません。そこで、クローゼットの扉や部屋の壁にフックをつけて、吊るしてみるのはいかがでしょうか。見せる(魅せる)収納として、部屋の華やかなアクセントになるでしょう。

特に、帽子を壁面に並べてかけると、まるでショップのような雰囲気を演出できます。場所をとりがちなバッグも、吊るして保管することで効率的に収納できるようになります。なお、吊るすときはあまり重たくなりすぎないように、中身は取り出しておきましょう。

-下着の収納は仕切りを活用

服 収納

1枚1枚が薄く小さいうえ枚数の多い下着は、引き出しに整頓して入れてもすぐにごちゃごちゃになりがちです。はきたいと思って探してもすぐに見つからず、引き出しの中をかきまわしてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。下着類はデリケートな生地のものも多いため、乱雑に扱うと傷む恐れがあります。なるべく傷めないように、収納や保管はきちんとすることが大切です。

細かなものが多い下着は、仕切りを有効活用しましょう。たとえば、細かく仕切られた布製の収納ボックスを使うと手軽に整理できます。また、仕切り板を使うのもいいでしょう。仕切り板とは、任意の場所で折ってクロスさせて組み合わせることで仕切りを作れるというものです。収納する物の厚みに合わせてスペースを作れます。小さめのかごやプラスチックケースを引き出しに敷きつめて区切るのもいいでしょう。いずれも、100均で手に入れることができます。

なお、下着はブラとショーツの上下をそろえて同じスペースに収納したり、色ごとに分けて収納したりすると、使いたいものが見つかりやすく、利便性・見栄えともに良くなります。

-ブラウスやシャツはたたまず収納

服 収納

ブラウスやシャツはシワになりやすいため、たたまないで収納するほうがいいでしょう。ハンガーにかけた状態で吊るして収納するのが向いています。また、洗濯後に干す用のハンガーをステンレス製やアルミ製のおしゃれなものにするのもおすすめです。こうすれば、洗濯物が乾いて取りこんだあとにそのままクローゼットに持っていて収納でき、実用的で便利だからです。なお、シャツやブラウスを収納するときは色や種類ごとにそろえて吊るすようにすると、整って美しい印象を与えます。

公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」で叶うおすすめの収納アイデア

公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」には、収納に役立つスタイリッシュで機能的なアイテムがそろっています。ここでは、アダストリアのアイテムを取り入れておしゃれに収納する方法を紹介していきます。

-ハンガーポールを使って見せる収納

服 収納

ハンガーポールは、自分で棚などを作る自信がない人やとにかく手軽なものがいいという人におすすめです。無駄のないシンプルなデザインのポールにすれば、部屋のテイストの邪魔をしません。お気に入りの商品だけをかければ、まるでセレクトショップの洋服棚のような雰囲気になるでしょう。立てかけ式のポールなら、賃貸部屋でも使用でき、コンパクトですので狭いスペースでも設置可能です。

-ワイヤーバスケットやコンテナバスケットを使って見せる収納

服 収納

バスケットなどを使って見せる収納をするのもおすすめです。たとえば、木製のバスケットにポンポンと入れるだけで、ナチュラルで暖かみのあるテイストが演出できます。また、ワイヤーバスケットも、おすすめの収納アイテムです。スタイルに無駄がなく、機能美にあふれたワイヤーバスケットは、中に何を入れてもサマになります。Tシャツなどはきれいにたたんで積み重ねて入れるだけで、スタイリッシュな雰囲気に。ワイヤーバスケットを棚に並べておけば、ホテルライクなクールな印象です。カラフルなコンテナバスケットを使って収納すれば、ポップで明るい部屋によくマッチします。

-収納スツールを使って、毎日使う小物を収納

服 収納

マフラーや手袋などは、寒い季節になると毎日のように出番があるものです。そのため、クローゼットや押し入れよりも、手軽に出し入れできる場所にしまうのがおすすめ。たとえば、収納スペースつきのスツールやデスクに収納するのもひとつの方法です。中に物を入れてフタをすれば、簡易スツールやサイドテーブルのようにも使えます。シンプルなフォルムのものが多いため、インテリアとして部屋になじみやすいでしょう。価格的にも手ごろなものが多いです。

お気に入りの服をおしゃれにスッキリ収納しよう

服 収納

洋服や小物類をおしゃれに収納することは、アイデア次第で決して難しいことではありません。ここで紹介したアイデアをご自宅の収納に取り入れてみてはいかがでしょうか。お気に入りの洋服があればあるほど、美しくスタイリッシュな収納がしたくなりますよね。素敵な収納に役立つアイテムを探すなら、公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が便利です。幅広いブランド展開をしていますので、きっとあなたのお気に入りが見つかるでしょう。

「.st(ドットエスティ)」で収納用品をチェック