色の基礎知識

ワンピ レディース

色の組み合わせ方を知る前に、まずは色の基礎知識を頭に入れておきましょう。色についての基本的な知識を身につけておくと、コーディネートの幅がさらに広がります。

-色相

色相とは簡単にいうと、色合いや色味の違いのことです。一口に色といっても、青や黄色、赤などさまざまな色合いの違いがあります。さらに、青と呼ばれる色にも、スカイブルーやネイビーといった種類があるように、色相が違うと受ける印象も全く異なるのです。白やグレー、黒などの無彩色を除いた全ての有彩色に、色相は存在します。色相は、「色相環」という図によって示すことが可能です。色相環とは有彩色を虹の色と同じ順番に丸く並べたもので、似た色を隣同士に並べます。色相環で反対側に位置する色を補色と呼び、色相差が最も大きいのが特徴です。

たとえば、赤の補色は緑になります。補色同士を組み合わせると、効果的にお互いの色を引き立たせ合い、メリハリが出るのです。

-明度

明度とは、色の明るさのことです。色相は有彩色のみに存在しますが、明度は無彩色を含める全ての色にあります。明度が高い色ほど白っぽく明るい色になり、明度が低い色ほど黒に近い暗い色になるのです。たとえば、明度の高い青はパステル系の水色になり、明度の低い青は紺色になります。

-彩度

彩度とは、色の鮮やかさや穏やかさのことです。色相と同じく、再度も有彩色のみに存在します。明度と同じように、高彩度色や低彩度色など、高い低いで表現するのも特徴です。たとえば、オレンジ色などくすみのないはっきりとした色は彩度が高く、ベージュのようにやわらかく落ち着いた色は彩度が低い色といえます。高彩度色ほど派手なイメージになり、低彩度色ほど地味なイメージになると考えると分かりやすいでしょう。

-イメージ

色から連想するイメージは、人によって多少の違いはあるものの、ある程度は共通しています。色の心理的効果を知ったうえで上手に活用すれば、人からこう見られたいというイメージを演出したり、自分の思いを相手に伝えやすくしたりすることも可能です。たとえば、赤なら情熱的でエネルギッシュ、青ならクールで誠実な印象を与えることができます。

赤と青の中間に位置する紫は、高貴で神秘的なイメージです。緑は、穏やかなでナチュラルな雰囲気を、黄色は希望と喜びに満ちた雰囲気を醸し出してくれるでしょう。オレンジは、あたたかく陽気なキャラクターを演出したいときにぴったりです。ピンクは可愛らしさや愛情深い雰囲気を感じさせてくれます。白は無垢で清楚、黒は高級感がありモダンな印象を受ける色です。

服の色の組み合わせ方【基本編】

セーター レディース

色の基礎知識を理解したら、実際に服の色の組み合わせを考えてみましょう。ここからは服の色を組み合わせるための基本的な方法を3つほど紹介します。

-配色ルールを取り入れる

レディース マンパ

まずは色相や明度、彩度を前提にしたうえで、基本的な配色ルールを取り入れてみましょう。

<配分量>
基本となる配色ルールの1つ目は、色の配分量です。ベースカラーが7、アソートカラーが2、アクセントカラーが1という配分にすると、バランスの良いカラーコーディネートが完成します。あまりにも多くの色を組み合わせようとするとまとまりがなくなってしまうので、同時に使う色は3色程度に留めたほうが良いでしょう。7:2:1の配分にするとバランスがとりやすくなり、視覚的にも心地良い配色に仕上がります。どの程度の分量かイメージしづらいときは、男性のスーツ姿を想像すると分かりやすいでしょう。スーツの色がベースカラー、シャツの色がアソートカラー、ネクタイの色がアクセントカラーと考えます。

<色選び>
配分量だけではなく、どのような色を組み合わせるかも重要なポイントです。まず、ベースカラーとアソートカラーは、共通した要素を持つ色を選ぶと良いでしょう。共通した要素とは、色相や明度、再度のいずれかに統一感を持たせるということです。たとえば、色相環で見たときに隣り合う色は、似た色同士なので組み合わせやすいです。明度が高いパステル系の色など淡い色同士も相性が良く、黒や紺など明度が低く暗い色同士を合わせるという方法もあります。

鮮やかで強い印象の色でも、同程度の彩度なら統一感を出しやすいです。そこに、1割のアクセントカラーとして、逆の性質を持つ色を持ってきましょう。たとえば、ベージュやブラウンなどの似た色相の色に、補色となる青を入れることで、メリハリのあるカラーコーディネートになります。

-ベーシックカラーを取り入れる

レディース トップス 秋

色の組み合わせ方における重要な要素の2つ目は、ベーシックカラーを取り入れることです。ベーシックカラーとは、服の色を組み合わせる際に基本となる色を意味します。具体的には白や黒、グレーといった無彩色と、ブラウン、ベージュ、ネイビーの6色です。ベーシックカラー同士の組み合わせも相性が良く、ファッションに取り入れやすいだけではなく、それ以外の色とも合わせやすいという特徴があります。ただし、手持ちの服をベーシックカラーのみでそろえてしまうと、かえって気回しにくくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。ここからは6色のベーシックカラーを用いた色の組み合わせ方について詳しく紹介します。

<黒色の服の色の組み合わせ>
黒は、ビジネスシーンやフォーマルファッションに取り入れられることが多い色です。しかし、多用しすぎると重く近寄りがたい印象に仕上がってしまいます。コーディネートに黒を取り入れるときは、着て行くシーンや自分がなりたいイメージに合わせた色を組み合わせましょう。たとえば、赤は黒と組み合わせることでよく映える色です。赤い服はもちろん、赤いバッグやシューズなどの小物でアクセントを加えると、メリハリのあるコーディネートに仕上がります。

また、グリーンも黒と相性の良い色です。特に、深いグリーンカラーは落ち着いた雰囲気を演出できます。鮮やかなイエローを取り入れたいときに、子どもっぽい印象になってしまうのが気になる場合は、黒と組み合わせることでまとまりが出ます。格好良いイメージに仕上げたいなら、青と組み合わせるのも一つの方法です。特に、鮮やかなロイヤルブルーを合わせると、色が映えてクールな印象になります。

<白色の服の色の組み合わせ>
白は、有彩色から無彩色まであらゆる配色と相性が良く、組み合わせる色によってイメージが大きく変化する色です。たとえば、パープルは神秘的でセクシーなイメージですが、白と組み合わせるとカジュアルで清潔感のあるコーディネートに仕上がります。都会的でエレガントな雰囲気を演出したいときにぴったりです。さらに、ナチュラルなイメージでまとめたいときは、白とベージュなど、ベーシックカラー同士で組み合わせてみるのも良いでしょう。

リネンやニットなどの素材を選べば、より自然でリラックスした雰囲気になります。紺色などのデニムカラーと白の組み合わせも定番です。黒と白のモノトーンコーディネートに、有彩色の小物でアクセントをつければ、あか抜けた印象に仕上がります。ピンクならガーリー、カーキならボーイッシュというように、アクセントカラー次第で印象が左右されるので、自分がなりたいイメージに合わせてチョイスしましょう。

<グレーの服の色の組み合わせ>
グレーも黒や白と同じく、シックでスタイリッシュな印象を受ける色の一つです。知的で落ち着いた雰囲気を出したいときは、ブルーとグレーを組み合わせると良いでしょう。さわやかで洗練されたイメージを目指すのであれば、白とグレーのモノトーンコーディネートがぴったりです。さらに、グレー同士を組み合わせたワントーンコーディネートという方法もあります。

グレーは、赤みがかったローズグレーや白っぽいシルバーグレー、深みのあるチャコールグレーなど、さまざまな色味が存在する色です。濃淡が違うグレーを合わせてみるのも良いでしょう。同じグレーでもライトブルーと淡いグレーのコーディネートは涼しげな印象に、ビビッドなピンクとグレーのコーディネートはガーリーな印象に仕上がります。

レディース カーディガン

<ネイビーの服の色の組み合わせ>
ネイビーは、スーツやネクタイなど、フォーマルファッションにも使われることが多い色です。ネイビーとオレンジを組み合わせれば、オレンジの元気な印象が程よく中和され、明るさを残したまま落ち着いた雰囲気に仕上がります。白とネイビーの組み合わせは、さわやかなマリンスタイルの定番です。

また、ファッションにピンクを取り入たいものの、どのように使えば良いのか分からないという場合は、ネイビーとピンクを合わせてみましょう。ネイビーのクールな印象に、可愛らしい雰囲気がプラスされます。彩度をおさえた落ち着いたピンクよりも、鮮やかなピンクと組み合わせたほうがバランスが良いです。黒とネイビーも、色味が似ているため合わせやすいでしょう。大人っぽく落ち着いた配色に仕上がります。

<ベージュの服の色の組み合わせ>
ナチュラルな雰囲気と安心感を与えてくれるベージュは、やさしいイメージを演出したいときやナチュラルなコーディネートに仕上げたいときに活躍する色です。ベージュとカーキを組み合わせればシックな雰囲気に、ベージュと黒を合わせれば女性らしさを残しながらクールな雰囲気になります。オフィスに着て行くファッションに取り入れる場合は、ベージュとネイビーを組み合わせると、きちんとした印象にまとまるでしょう。

また、ベージュは赤とも相性が良い色です。赤になじみながら引き立たせることのできるベージュをベースカラーに取り入れることで、バランスの良いコーディネートが完成します。愛らしく若々しい印象のピンクも、ベージュと合わせることで品が良く落ち着いた印象に仕上がるでしょう。

<ブラウンの服の色の組み合わせ>
ブラウンは、木や地面を連想させることから、自然の温もりやあたたかみを感じることができる色です。落ち着いた印象のブラウンに、可愛らしいピンクの組み合わせは相性が良く、上品な印象になります。イエローのように強い色と組み合わせても、ブラウンが強さを中和してくれるので、全体的に穏やかなイメージに仕上がるでしょう。ブラウンは、黒やネイビーとも相性が良い色ですが、黒よりもネイビーのほうがやわらかく、女性らしい印象を与えます。ブラウンとカーキの組み合わせも、アースカラー同士という共通点があるため、まとまりやすいです。

-トーンを合わせる

レディース カーディガン

色のトーンを合わせるのも、配色を考えるうえで見逃せないポイントです。トーンとは明度や彩度を合わせた色の雰囲気を指す言葉で、色調ともいいます。トーンをうまく使えば、色の印象やなりたいイメージを具体的に伝えやすくなるでしょう。複数の色を取り入れたコーディネートでも、トーンを合わせれば統一感が出て、まとまりのある雰囲気に仕上がります。たとえば、はっきりしたピンクを使う場合、淡いグレーよりも濃いめのグレーのほうが相性が良いです。逆に、淡いピンクには、同じトーンの淡いグレーを合わせるときれいにまとまります。

服の色の組み合わせ方【応用編】

レディース シャツワンピース

基本的な配色のルールをマスターしたら、応用的な色の組み合わせ方にも挑戦してみましょう。ここでは2つの応用的なテクニックを紹介します。

-季節感を取り入れる

1つ目のテクニックは、季節感を意識した色の組み合わせを取り入れる方法です。あたたかい季節と寒い季節では着るアイテムが異なるように、季節によって好まれる色の組み合わせも変わります。基本的な配色のルールをおさえながら、季節を意識した色を組み合わせれば、よりおしゃれな印象になるでしょう。トレンドとなる色は毎年変わりますが、基本的に春夏はパステルカラーのような明るく白っぽい色の組み合わせが好まれます。

一方、秋冬はボルドーやモスグリーンなどの暗い色や、黒に近い色の組み合わせが好まれやすいです。たとえば、ネイビーを取り入れる場合、春夏なら白と合わせてさわやかなイメージに仕上げると良いでしょう。秋冬は、ブラウンと合わせれば、同じネイビーでも落ち着いた雰囲気になります。

-パーソナルカラーを取り入れる

2つ目のテクニックは、パーソナルカラーを取り入れる方法です。パーソナルカラーとは、その人の雰囲気に調和する色のことで、生まれつきの肌や髪、瞳の色や、頬や唇の血色などによって決まります。色の合わせ方をある程度マスターした後は、自分に似合う色をチョイスしたうえで組み合わせを考えれば、より印象アップにつながるでしょう。パーソナルカラーは、Webサイトやアプリなどで自己診断することもできますが、カラーリストの対面診断を受けたり、簡易診断を行っている美容院に行ったりする方法もあります。

パーソナルカラーの種類は大きく分けて春と夏、秋、冬の4種類です。タイプごとに似合うベーシックカラーが異なるため、似合う色が分かったら、その色のアイテムを多くそろえるなどの対策を行うと良いでしょう。

新しい色の組み合わせに挑戦!新しい自分の魅力を見つけよう

レディース マンパ

ルールさえ知っていれば、なりたい雰囲気やイメージに合わせて服の色の組み合わせるのは難しいことではありません。ここで紹介した情報を参考に、新しいカラーコーディネートに挑戦して、自分の新たな魅力を探してみましょう。

ニット レッド

公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」ならバリエーション豊かなブランド展開で、多様な人にマッチできます。さまざまな色のアイテムが見つかるため、新しい色のアイテムを取り入れてみたいときにもぴったりです。