痩せて見えるには3首が重要ポイント!

痩せて見える服

ぽっちゃりしていると、どうしても露出を抑える方向で服装を決めがちですが、首、手首、足首の「3首」は、露出することでむしろ実際より痩せた印象を与えることができます。とはいえ、冬場などは全ての部分を露出するのは難しいため、全体のバランスやTPOを考えるのも重要です。3首を露出しつつも、アウターではしっかり防寒するように心がけると、どのようなシュチエーションにおいても細く見せることができます。

華奢パーツをアピールするアイテムを選ぼう!3首見せコーデ

痩せて見える服

首、手首、足首は、ほかの箇所と違って脂肪がつきにくく、比較的細くなっています。華奢見えするためには、これら3首をいかにアピールするかが重要になってきます。ここでは、3首の見せコーデのポイントをそれぞれの箇所に分けて詳しく紹介していきます。

-小顔効果も!首見せ華奢コーデポイント

トップスを選ぶ際は、襟元が空いたものを選ぶことで上手に首を見せることができます。Vネックのトップスを選べば、顔周りをシャープに見せる効果が期待できます。丸顔が気になるという人は、鎖骨が見える位の広めのUネックを着てみるのも非常に効果的なので試してみてください。

-可憐で女性らしい儚さ!手首見せ女子力コーデポイント

手首を上手に見せるには、シャツやニットを腕まくりするのが効果的です。腕がスッキリとシャープに見えるうえ、さりげなく手首を露出させることができます。特に、トレンドのオーバーサイズアイテムやゆるっとした素材のアイテムは、まくり上げることでこなれ感も出てオシャレに着痩せすることができるので非常におすすめです。また、存在感のあるブレスレットや男性用腕時計なども、痩せて見えるアイテムとなっているので、積極的にコーディネートに取り入れてみるとおすすめです。

-脚長効果でスマートに!足首見せスタイルアップコーデポイント

痩せて見える服

足首は、パンツの裾をロールアップすることで自然に露出することができます。ほんの少しでも足首が見えるようにするだけで大きな効果が得られるので、過度にまくり上げないようにすることを意識しましょう。テーパードパンツなど、裾に向かって細くなっているようなシルエットのものを選ぶと、キレイに足首が見えるので特におすすめです。下半身の着痩せを意識して、ロングスカートやスカンツなどを取り入れる際にも、足首が見えるくらいの丈のものを選ぶと、より大きな着痩せ効果が期待できます。

-脚長効果でスマートに!足首見せスタイルアップコーデポイント

足首は、パンツの裾をロールアップすることで自然に露出することができます。ほんの少しでも足首が見えるようにするだけで大きな効果が得られるので、過度にまくり上げないようにすることを意識しましょう。テーパードパンツなど、裾に向かって細くなっているようなシルエットのものを選ぶと、キレイに足首が見えるので特におすすめです。下半身の着痩せを意識して、ロングスカートやスカンツなどを取り入れる際にも、足首が見えるくらいの丈のものを選ぶと、より大きな着痩せ効果が期待できます。

痩せ見えカラーを理解しよう!収縮色と膨張色

痩せて見える服

着痩せしたいのであれば、服のカラーにも気を配らなければなりません。色には、膨らんで見える「膨張色」と、縮まって見える「収縮色」があるので、同じ大きさの服でも色が違うだけで受ける印象が大きく異なってきます。

赤やオレンジなどの暖色系と白や色味の薄いものは膨張色にあたり、その名の通り膨張して見えてしまうので着痩せを目指すのであれば避けたほうがおすすめです。逆に、青などの寒色系や、黒や色味の濃い暗い色は収縮色にあたります。代表的な例を挙げると黒、ネイビー、ブラウンなどがありますが、これらの色は着痩せして見えるので、ぽっちゃり体型に悩む人は積極的に取り入れましょう。

また、それぞれの収縮色は同系色のカラーと合わせることで統一感が出やすいです。小物を使うときなどは、同系色のものを選ぶことで全体のバランスを取ることができます。ただし、全身黒にしてしまうと、痩せている人は痩せた体型に、太っている人は太っている体型に見えてしまうので気をつけなければなりません。

収縮色で痩せ見え!スマートカラーコーデのポイント

レディース コーデ 着痩せ

着痩せ効果を得るには収縮色が有効であることがわかりました。しかし、どのようにして自身のファッションに収縮色を取り入れていけばいいのかわからないという人もいると思います。収縮色を利用したコーディネートのポイントについて紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

-カジュアル可愛くタイトに!ボーダーカラーコーデのポイント

ボーダーはトレンドの影響を受けず、常に人気の高いアイテムとなっていますが、横のラインが強調されるためこれまで避けてきたという人も多いのではないでしょうか。ボーダーを取り入れたいときには、収縮色のものを選ぶことでスタイリッシュに見せることができるのでぜひ試してみてください。

特に、ネイビーとホワイトのボーダーは着痩せ効果が高くなっています。このカラーリングは引き締め効果があるうえ、爽やかな印象を与えることができるので親しみやすさも演出することができます。また、ひと口にボーダーといっても線の幅が広いものと細いものがありますが、幅が広いものは膨らんで見えるため、ボーダーを取り入れるときは線の細いものを選ぶように心掛けましょう。

ボーダーの中には、タートルネックのような首元が締まっているものもありますが、体のラインを強調してしまうので避けなければなりません。スッキリと首元の空いたものを選んで首を見せれば、着痩せ効果を得ながらボーダーを着ることができます。そのほかにも、シャープに見せるならVネック、かわいく見せるならフレンチネックなど、スタイルごとに使い分けると幅広いファッションを楽しむことができるので参考にしてみてください。

-羽織りで小柄に!小技カーディガンコーデのポイント

カーディガンはインナーとアウターでの組み合わせにも応用できる非常に便利なアイテムです。ベージュのインナーにブラウンのニットを肩がけするなどすれば、十分な着痩せ効果が得られるのでおすすめです。カーディガンのような羽織アイテムをコーディネートに取り入れることで、二の腕や肩回りも華奢に見せることができるので、一つ持っておくとかなり役立てられます。

コンプレックスを再確認!ピンポイントで痩せ見えを狙おう

自分の体にコンプレックスを抱いている人はたくさんいますが、それを気にしすぎた結果、余計に強調されるような服を着てしまっている人も少なくありません。着痩せをしたいのであれば、痩せて見える服を選ぶことを意識しましょう。そのためには自分のスタイルを再確認して、どこをフォローしたいのかを明確にすることが大事です。各部位ごとで痩せて見えるコーディネートを取り入れることで、全体のバランスを保つことを意識しましょう。

気になる部分をカバー!ピンポイント痩せコーデ

各部位ごとで痩せて見えるコーディネートを取り入れるには、どのようなことを意識しておく必要があるのでしょうか。気になる部分をピンポイントでカバーするための洋服選びについて詳しく紹介していきます。

-2つの首見せで上半身をスッキリ!華奢見せコーデのポイント

着痩せは上半身にどのようなアイテムを持ってくるかで決まるといっても過言ではありません。体型にコンプレックスがある人はどうしても露出を避ける傾向にありますが、ぽっちゃりしていることに悩んでいるのであれば、Vネックトップスやざっくり開き襟のトップスを選んでスッキリ見せることが重要です。首元を大きく開くことで抜け感も出てオシャレに見え、着痩せ以外の効果も得られるので積極的に取り入れていきましょう。

上半身にコンプレックスがあるという人は、二の腕にコンプレックスを感じているという人も多いとおもいます。そのような人たちは、7分丈や5分丈トップスを選んで、二の腕をフォローしながら手首を見せると華奢なイメージを演出できるのでおすすめです。

「apart by lowrys(アパート バイ ローリーズ)」の「12GVisPoリブアシメLS」はざっくり開いた首元からデコルテがきれいに見える優れたアイテムです。首元が広く空いていることで痩せて見えることはもちろん、洗えるニットとなっているので面倒な手入れも必要ありません。

痩せて見える服

-あえて締めずに下半身カバー!ルーズコーデのポイント

下半身のアイテムで着痩せを図るのはテクニックを要しますが、大事なのはフィット感のアイテムは避け、あえてゆったりしたものをチョイスすることです。パンツスタイルはサイズ感を間違えると足のラインが強調されるので、ゆとりのあるものを選んでラインを目立たせないようにすることを意識しましょう。ワイドパンツを取り入れる際は、脚長効果の高い股上が深めのものを選ぶのがポイントです。

とはいえ、ワイドパンツは太腿やお尻をカバーできても腰回りはカバーできません。そういうときは、長めのトップスで腰回りをカバーすることで全体的にスマートに見せることができるので試してみてください。カラーや柄も収縮効果のあるものを選ぶことが重要ですが、細かいチェック柄は細見え効果も高いのでおすすめです。トレンド感もあり、今っぽさと着やせの両方を兼ね備えることができるので、一つ持っておくとかなり重宝します。

「GLOBALWORK(グローバルワーク)の「美(うつく)シルエット柄ワイドパンツ」は、スッキリしたシルエットでオンにもオフにも使えるので非常におすすめです。ウエストにはゴムを使用しているので、楽に着ることができるので、気になる人はチェックしておきましょう。

痩せて見える服

-プルプル二の腕オシャレに細見え!見せる着痩せコーデのポイント

二の腕にコンプレックスがある人は、5分丈や7分丈で二の腕を覆ってしまうのが効果的ではありますが、夏場やパーティーシーンなどには不向きといわざるを得ません。暑い季節には、フレンチスリーブや袖をロールアップしたトップスを着るとオシャレかつ着痩せ効果も得られるのでおすすめです。特に、袖部分がフレアになっているものは二の腕をかなり華奢に見せてくれるので、女性らしい印象にしてくれます。

「BAYFLOW(ベイフロー)」の「フレンチスリーブプルオーバー」は、二の腕コンプレックスをカバーするのにもってこいのアイテムといえます。伸縮性があるので、窮屈さを感じることもありません。リラックスして着られるのはもちろんのこと、オン・オフの切り替えもできるので幅広いシーンで活躍させることができます。

痩せて見える服

-太ももの存在感ゼロに!もったりパンツコーデのポイント

太ももが気になる人は、ワイドパンツやフレアスカートで太さを隠すとおすすめです。もったりとした余白が太ももをカバーするのに最適です。布を多く使って、ドレープの多い物を選べば、より効果的に太ももをしっかりカバーすることができます。また、お尻から太ももにかけてのラインをカバーするなら、股上が長めのテーパードパンツもおすすめとなっているのでコーディネートの際は意識しておきましょう。

「Andemiu(アンデミュウ)」の「フロントAラインタックスカート」は、スッキリとした美ラインのシルエットが魅力のアイテムです。フロントラインで縦の目線をつく効果があるので着痩せ効果が得られるうえ、タックがついているので楽に着ることができます。

痩せて見える服

あなたはストレート?ウェーブ?骨格診断で自分を知ろう

自分の体になんとなくコンプレックスを抱いていても、細部にわたって自分の体を把握している人は少ないでしょう。自分の体の特徴を知るためには骨格診断が有効です。骨格診断とは、骨格を「ストレート」と「ウェーブ」に分類することで似合うファッションを判断する方法で、骨格に合った服を着ると着痩せしてスタイルが良く見えるので、一度診断しておくことをおすすめします。

ストレートの特徴としては、「重心が上半身」「首が短め」「身体に対して手足が小さめ」「太る時は上半身から」などが挙げられます。一方、ウェーブの特徴は「下半身に重心がある」「首が長め」「鎖骨が出ている」「お腹周りから太る」「体脂肪率が高め」となっています。自分の特徴を照らし合わせ、どれに該当しているのか確かめておきましょう。

体に合った服選び!骨格華奢見えコーデのポイント

骨格診断ができたところで、ここからは、骨格別のコーディネートの例にはどのようなものがあるのか学んでいきましょう。骨格に合わせたコーディネートのポイントを詳しく紹介していきます。

-洗練されたデザインが似合う!ストレートタイプのコーデポイント

ストレートタイプの人は、革などのハード素材やテーラードジャケット、トレンチコートなどが似合います。トラッドな印象が強いアイテムですが、女性っぽく着こなしたいならカシュクールワンピースなどを選べばかわいらしさを演出することができます。はっきりした収縮色のトップスを選ぶことで上半身を華奢に見せることもできるので、カラーにもしっかり気を配っておきましょう。

「Heather(ヘザー)」の「オパールキリカエプルオーバー」は、華やかで上品なトップスとなっています。袖にボリュームのあるシルエットで着やせして見えるため、ストレートタイプの人にはぴったりのアイテムといえます。

痩せて見える服

-ふんわり女性らしさ抜群!ウェーブタイプのコーデポイント

ウェーブタイプの人は、ふんわりと優しい雰囲気のソフトな素材を選びましょう。ミニスカート、ショートパンツなども似合うので積極的に取り入れることをおすすめします。パンツを選ぶなら、サブリナパンツやカプリタイプのパンツがおすすめです。全体的にぽっちゃりに見えやすいウェーブタイプは靴、帽子、バッグなどの小物使いで視線を散らすことを意識することで上手に着痩せすることができます。

「Heather(ヘザー)」の「ニットフレアミニスカート」は、フリルデザインでかわいく着こなせるアイテムとなっています。ウェーブタイプの人にはぴったりなうえ、幅広いコーデに対応できる優れたアイテムなので一枚持っておくとおすすめです。

痩せて見える服

痩せて見える服でもっとコーデを楽しもう

ぽっちゃり体型は服装でうまくカバーすることができます。首、手首、足首を上手に見せることを意識することで上手に着痩せを図ることができるのでしっかり意識しておきましょう。デザインやサイズなど、そのほかのポイントも押さえつつトータルバランスで見るのが大事です。着痩せを気にしつつも、好きなファッションやトレンドも取り入れて、楽しくおしゃれをしていきましょう。