秋はもっともおしゃれを楽しめるシーズン

秋 トレンド コーデ

秋はもっともおしゃれを楽しめる季節です。1年を通じておしゃれを楽しめますが、夏は体調を崩すほど暑くなる日が多く、冬は凍えるほど寒くなる日もあるので、暑さや防寒を意識したコーデが求められます。気候によっては、ファッション性よりも機能性や快適性を優先させることがあるほどです。

その点、秋は暑さも寒さも極端ではないため、おしゃれを優先した服装選びがしやすいのです。春も過ごしやすい気候ですが、秋のほうがおしゃれのバリエーションが豊富にあります。それは、秋は春よりもファッションに取り入れられるアイテム数が多いからです。

春や秋は昼と夜の寒暖差が大きいので、羽織ものなどで重ね着をすることが多いですよね。カーディガンやストール、帽子といった重ね着に使用するアイテムも秋に適したものがたくさん販売されています。秋は、帽子やストール、羽織ものを組み合わせた重ね着ファッションが合う季節なので、コーデの幅が広いのです。パンプスやスニーカーに加えてブーツも履けるので、足元のおしゃれも選択肢が広がります。
また、ファッションアイテムの素材についても、秋はオールシーズン使える素材だけでなく、ツイードなど秋冬素材も取り入れることができるので、いろいろなパターンのスタイルを作りやすいのです。

いつから秋服にシフトすると良い?

秋 トレンド コーデ

秋は寒暖差が大きい季節なので、秋服へのシフトは徐々に行っていくのがおすすめです。カレンダー上では9月から11月が秋にあたりますが、9月に入ってすぐに秋服にシフトするのは難しいですよね。9月から10月にかけてはまだ残暑が厳しいので、夏服のほうが快適に過ごせる日が多いのです。
10月になっても平均気温は約20℃前後あるので、まだ厚手のニットを着るには早いでしょう。10月後半から11月にかけて、急激に肌寒くなってくるのでアウターが欠かせなくなります。せっかく秋服に衣替えをしても、ものによっては着るタイミングが合わないのです。

気温の変化が予測しにくいので、秋服へのシフトは9月の半ば頃を目安に徐々に行うやり方がおすすめです。一時的に気温が下がっても再び暑くなる日が出てくるので、カーディガンなどを上手く取り入れて気温の変化に対応できるようにしましょう。
また、秋と春は気候が似ているので、兼用できるアイテムを取り入れるのもいいでしょう。ただし、アイテムを兼用するときは、カラー選びに注意が必要です。春はパステルやピンクなど明るめカラーが主役ですが、秋冬は落ち着いた色が主役になります。

季節感のない人だと思われないように、春にも秋にも適したカラーを選ぶと失敗しにくいでしょう。

秋服に取り入れると良いカラーは?

季節ごとに適したカラーをファッションに取り入れられると、おしゃれな着こなしが作れます。秋服をよりスタイリッシュに見せてくれるカラーについて、押さえておきましょう。

-パープル

秋 トレンドコーデ

パープルは秋にピッタリのカラーです。2019年のトレンドカラーとして注目されているので、店頭やネットでもパープルの洋服や小物を見かける機会が多く出てくるでしょう。

パープルは秋らしい深みのある色合いで、パープルのアイテムを取り入れるだけで季節感あるコーデが作れます。また、洗練された大人っぽいファッションに仕上げたいときにも活躍してくれるでしょう。濃い目のパープルは個性的な印象、薄いパープルは女性らしい印象といったように、濃淡によって雰囲気がガラリと変わるのもパープルの魅力です。

パープルと一口にいってもカラーバリエーションが豊富にあるので、その人の持つ雰囲気や肌の色などで似合うパープルのタイプが変わってきます。自分に合ったカラーを身に着けるとよりファッションが映えるようになるので、パーソナルカラー診断などで似合う色を見つけてみましょう。

-ベージュ

秋 トレンドコーデ

秋の定番カラーであるベージュも2019年トレンドカラーのひとつです。身に着ける人を選ばず、秋らしいカラーの代名詞であるこっくりカラー(ボルドー、マスタードイエロー、カーキ、ブラウン)と合わせやすいのがポイントです。ベージュは柔らかい印象を与えるので、重たくなりがちなトップスやコートに取り入れると明るい仕上りになります。

また、トップスからボトムスまでベージュでワントーンコーデにするのもおすすめです。ワントーンに統一するのはおしゃれ上級者でも難しいことがありますが、ベージュは柔らかさを感じさせるカラーで、ワントーンにしても個性的になりすぎません。むしろ、こなれた印象に仕上がるので、おしゃれなコーデが作れます。

この秋におすすめの柄

秋 トレンドコーデ

この秋、トレンド柄であるアニマル柄を取り入れたコーデに挑戦してみましょう。アニマル柄にもいろいろありますが、レオパード柄が合わせやすいのでおすすめです。レオパード柄を含むアニマル柄全般は派手なイメージがあり、身に着けるのに抵抗を感じる人もいるでしょう。アニマル柄は着こなしが難しいので、合わせ方を誤ると上品さに欠けるので注意が必要です。

レオパード柄初心者でも合わせやすいのが、シューズやバッグなどの小物です。秋らしい色の洋服と合わせると、品があって大人っぽいコーデに仕上がりますよ。深みのある色のスカートや、流行のワイドパンツと組み合わせるとおしゃれです。レオパード柄にもいろいろなタイプがあります。一見するとレオパード柄に見えないような控えめデザインを選ぶと、初心者でも取り入れやすいでしょう。レオパード柄の割合が大きくなりがちなワンピースは、派手な印象になりがちでハードルが高いアイテムです。レオパード柄と相性抜群な茶色のロングカーディガンを羽織れば、落ち着いた印象になります。

この秋におすすめのトレンドアイテムとは

トレンドアイテムを1点取り入れるだけでも、グッと洗練されたコーデが作れます。ここでは、この秋に取り入れたいおすすめアイテムについて紹介していきます。

-トップス編

この秋のコーデに取り入れてみたいアイテムに、ロングTシャツやスェットがあります。それぞれのアイテムを選ぶときのポイントや、秋らしいおしゃれコーデを作るコツについて見ていきましょう。

<ロングTシャツ>

秋 トレンドコーデ

まず、注目したいのがロングTシャツです。9月から10月上旬までは、半袖でもちょうどよいくらい暑い日が多いので、ロングTシャツがあると便利です。ロングTシャツにもいろいろなタイプがありますが、シンプルな無地の長袖Tシャツを持っていると、いろいろなコーデに着回せます。白などのベーシックなカラーならさまざまなアイテムに合わせやすく、何かと重宝するでしょう。
また、ベージュやブラウンといった深みのある色に黒いパンツを合わせると、秋らしさを感じさせてくれるコーデが作れます。大人カジュアルな印象に仕上げたいときにも活躍してくれますし、気温の低い日はインナーとしても使えます。適度なゆとりがあるデザインを選んでおくと、スカートコーデの幅が広がります。

襟ぐりが開いて、体のラインにフィットする長袖Tシャツは、適度な肌見せで女性らしさを演出してくれます。カーディガンやジャケットのインナーに合わせると、シルエットがきれいですよ。

<スウェット>

秋 トレンドコーデ

スウェットを取り入れたコーデは、この秋注目のファッションです。カジュアルな印象になりがちなスウェットですが、合わせるアイテム次第で大人っぽいコーデも作れます。たとえば、ホワイトなど明るい色のタイトスカートに、秋らしい色のブラウン系のスウェットを合わせると清楚な印象に仕上がります。

また、チェック柄のスカートにライトグレーのスウェットを合わせると、トレンド感と秋らしさを演出できるでしょう。ネイビーのスウェットは、ベージュ系のスカートやパンツと相性抜群で、秋らしいコーデを作りたいときに活躍してくれますよ。

-ボトムス編

トレンドが感じられるおすすめボトムスは、ワイドパンツとフレアスカートです。秋らしく着回すデザイン選びのコツや、なりたい印象ごとにおすすめの組み合わせについて紹介していきます。

<ワイドパンツ>

秋 トレンドコーデ

ワイドパンツはこの数年、注目されているアイテムで、この秋にも取り入れてほしいトレンドボトムスです。ワイドパンツは、柄や素材、色などの違いで印象が大きく異なるため、適切なアイテムを選んで季節感を出すことがおしゃれなコーデを作るポイントです。秋に活躍してくれそうなカラーであるベージュ、グレー、ネイビーといった着回しが簡単なカラーを揃えておくことをおすすめします。

大人カジュアルなコーデに仕上げたいときは、ストライプブラウスとワイドチノパンを組み合わせてみましょう。この組み合わせは、トレンド感と大人っぽさを両立できるのが魅力ですが、組み合わせ次第では全体が地味な印象になってしまいます。靴に白や赤など明るめの差し色を選ぶと、華やかさがプラスされます。トレンドトップスの1つのリブカーディガンに、流行のグレンチェック柄のワイドパンツを合わせたコーデは、トレンド感にあふれたスタイルです。秋らしい印象になるように、リブカーディガンは秋色を選ぶのがおすすめです。スタイルアップ効果を狙うなら、ハイウエストパンツにカーディガンをインしてみましょう。

<フレアスカート>

秋 トレンドコーデ

裾の部分がふんわりと広がったフレアスカートは、ほっこりとした秋の雰囲気に合うアイテムです。フレアスカートに華やかさがあるので、シンプルな白いTシャツともよく合います。トレンド感を強調したいときは、流行のチェック柄のフレアスカートを合わせてみると素敵なカジュアルスタイルが作れます。大人っぽい仕上りにしたいときは、とろみ素材を合わせてみましょう。

ベージュのような深みのある色を選ぶと、秋っぽさが強調されますよ。ふんわりとした甘いテイストのアイテムに、ネイビーや黒のレザージャケットなどハードなアイテムを合わせると、コーデ全体がキリリと引き締まります。
スカートを強調したいときは、カラーと長さがポイントです。マスタードイエローやボルドーなど秋らしいこっくりカラーのロングフレアスカートは女性らしく存在感も抜群で、コーデの主役になってくれますね。

-アウター編

朝晩は冷え込む秋には、アウターが欠かせません。最後に、この秋に取り入れておきたいおすすめのアウターについて、いくつか紹介していきます。

<トレンチコート>

秋 トレンドコーデ

春や秋に着るアウターの中でも、トレンチコートは定番アイテムの一つです。きちんと感を演出できるアイテムで、オフィススタイルなどに合わせることが多いですが、この秋はカジュアルコーデに活用してみましょう。カジュアルスタイルに合わせにくいイメージがありますが、意外にもコーデのアクセントになってくれます。たとえば、流行のミモレ丈ワンピースに、同じくらいの丈のロングトレンチを羽織ると大人っぽい雰囲気を醸し出せます。

程よいフィット感のある膝丈ニットワンピースにロングトレンチを羽織ると、メリハリのあるコーデが作れます。また、Tシャツとデニムワイドパンツという定番カジュアルスタイルも、トレンチコートをプラスするだけでこなれた雰囲気に仕上げられます。

<CPOジャケット>

秋 トレンドコーデ

春から引き続き流行しているアイテム、CPOジャケットは、この秋にもぜひ身につけたいアイテムの一つです。別名シャツジャケットやシャケットと呼ばれるように、シャツを着るような感覚で合わせられるので、着回し力が抜群です。ジャストサイズよりも大きいサイズのものを選ぶと、今っぽい抜け感スタイルを作れます。タックパンツやワイドパンツと組み合わせるとバランスがよく、メンズっぽいコーデに仕上げられます。

2019SSでも人気の高かったCPOシャツにも、メルトンやコーデュロイといった秋冬素材が登場しているので、季節感を出したいコーデに活用できます。流行りのワントーンコーデに使えるように、ホワイトやベージュを選んでおくと何かと重宝するでしょう。

程よくトレンドアイテムを取り入れてお洒落を楽しもう◎

秋 トレンド コーデ

この秋にトレンドや秋らしさを取り入れたファッションを楽しむためには、公式WEBストア「.st(ドットエスティ)の活用が便利です。.stでは、トレンドアイテムを先行的に紹介・予約しているので、いち早く流行を取り入れられます。また、複数のブランドを扱っているため、扱っているアイテム数も豊富です。同じアイテムを比較するときも選択肢が増えるので、自分に似合うカラーやデザインを見つけやすくるでしょう。